Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学における英語学習の壁

今週で5週間目に突入。
つまり、イギリスに来て1ヶ月が経過したわけだ。

ちなみに毎週恒例のクラス構成は以下。


先週から引き続き
日本1人、韓国2人、スイス2人、チェコ1人、イタリア1人、ドイツ1人
新人
チェコ1人、フランス1人、韓国1人、ドイツ1人



午後はこんな感じ。


先週から引き続き
日本1人、韓国2人、スイス2人、チェコ1人、ドイツ1人
新人
チェコ1人、フランス1人、韓国1人



うーむ、多すぎる。。。
夏休みのこの時期仕方ないと言えば、仕方ないが、もうちっとなんとかならんかねと思う今日この頃。

毎週月曜になると、あぁ早いなぁと思うのだが、長期滞在している人に言わせると、これからはもっと早く感じるらしい。
恐らくこちらでの生活に慣れ、緊張感がだんだんなくなってくると、毎日がルーチンワーク化してきて、どんどん時間が経つのが早くなってくるのだろう。

私の場合、以下のように3ヶ月毎に環境が変えているので、そういう意味では、自分にとってプラスに働くと思う。


6-9月:General English(in Devon)
10-12月:General English(in London)
1-3月:General English + Business English(in London)
4-6月22日:Work Experience
6月22-24日:Glastonbury Festival



と、ここまで書いて、ふと気付いた。

Work Experienceの日程とGlastonbury Festivalの日程がかぶってる・・・

確か、留学前にWebで調べた限りでは、その次の週の週末だったはず。
なので、その1週間前でWork Experienceを終わりにしたのだ。
日程が変わったのかどうか知らないが、これでは初日行けないではないか。(まだチケット取れるかどうか分からないけど)

うーむ、困った。
Work Experienceの期間を1週間短縮するか。。(いいのかそんなことで)

どうでもいい話(いやかなり重要な問題なのだが本題から外れるので)なので、話を戻す。
で、先日韓国人の友達が来ていたので、ディナー後に3人で雑談していたら、いつの間にか話題が英語の話に。
日本人と韓国人はやはり同じアジア圏から来ているということもあって、悩みも似ているため、滞在期間の長い二人の話は色々と参考になった。
ちなみに、同じステイ先の韓国人は5ヶ月、その友達はロンドンで7ヵ月半こちらで勉強している。

その韓国人や他の長期滞在している韓国人、日本人に話を聞いていると、だいたい5ヶ月経過した辺りで、一つの壁にぶち当たるようだ。
彼(彼女)らは皆、口々に最近伸び悩んでいると言う。

理由は色々あるだろうし、人にもよるのかもしれないが、統計的には、その5ヶ月という節目が一つの目安になる。

で、その韓国人の友達は、セルフスタディ、つまり学校以外での勉強をちゃんとやった方がいいと言う。
確かに周りの友達と遊びに行ったりして、会話をすることも重要なのだが、長期滞在している場合、それだけでは成長が途中で止まってしまうらしい。

なぜか?

それは、会話の中で、毎回同じ単語しか使わないからである。
最初のうちは、スピーキングの練習として、友達と会話するのはかなり有効な手段になるが、ある程度リスニング、スピーキングができてくると、それだけでは不十分なのだ。

また、アジア系はだいたい長期滞在するが、ヨーロッパ系の人達は短期滞在の人が入れ替わり立ち代り入ってくるため、それほどボキャブラリはない人達を相手に話す機会が多くなってくる。
よって、新しいボキャブラリや言い回しを覚えるということもあまりない。

当然、ネイティブの人(例えばホストファミリー)としゃべる機会が多ければ、良いに越したことはないが、なかなかそうもいかない。
そのため、自己学習の時間が重要になってくる。

このことは、文章で書いてみると、当たり前のように感じるのだが、実行に移すとなると、結構難しかったりする。
特にロンドン等の大都市の場合、誘惑が多すぎる。

そういう意味では、今住んでいるような田舎の方が勉強するには良い環境なのではないだろうか。(これも当たり前と言えば当たり前だが)
今のホストファミリーはすごく良くしてくれるし、発音もすごくきれいだし、ホストファザーはプライベートレッスンをやっている先生だし、かなり恵まれた環境だと言える。
可能なら、もう少し滞在を伸ばしたいくらいだ。

この話を聞いた後、この恵まれた境遇の中で、少しでも英語力を伸ばすべく、日々精進するべしと再認識した次第である。

いつものように、まとまりのない文章になってしまったが、少しでも同じ境遇の人の参考になればと思う。

今日の夕食


・ラムのカレー
・チャツニ(chutney)→フルーツの酢漬け?
・かきもちみたいなやつ


今日の運動


・ジョギング(30分)
・腕立て伏せ(10回)
・腹筋(10回)
・側筋(左右10回ずつ)
・背筋(20回)


今日の体重(stones:pounds(lb))


10 : 2 (元に戻る)


今日の英単語(文法編) by Macmillan


present perfect
- in English, a verb tense that expresses an action that was completed at some time in the past, or that started in the past and continues.
 The tense is formed by combining the present tense of "have" and the past participle of a verb, as in the sentence "She has paid the bill".


past perfect
- a verb tense formed with "had" and a past participle.
 It is used to express an action that was completed before a particular time in the past, for example "had finished" in the sentence "She offered to help but I had already finished".


future perfect
- the verb tense used for showing that an action will be finished at a particular time in the future.
 The future perfect in English is formed using "will have", as in "He will have finished the work by Friday", or "shall have", as in "I shall have gone to work by the time you get up".

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/98-6d7cbd14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。