Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAPAN DAY(当日)

今日は以前から話題に上がってるJAPAN DAY(「JAPAN DAY」、「久々のビールと国際学生証、そして金太郎」参照)の開催日。

前日、夜遅くまで飲んでいたのだが、朝8時に他の日本人とバス停で待ち合わせをしていたので、遅れるわけにはいかない。
シャワーも浴びたいので、朝7時前に起床。

眠い目をこすりつつ、シャワー、朝食、準備の後、ダッシュでバス停へ。
既に日本人二人は待っている。
すんません。

今回、開催される場所は、トットネス(totnes)という近くにある街。
バスでおよそ20分。往復で2.90ポンド。
特にこれといって有名なものはない小さな街だが、なぜか結構日本人が住んでいて、ここに住んでいる日本人の方々が中心になって、今回のイベントを開催している。

会場に着くと、既に何人かが準備を始めている。
何を手伝えば良いのか分からないので、適当に言われたことをこなす。
一応、10時からカフェに入るように言われていたので、カフェの近くをうろうろしていると、「それじゃあ、盆踊り始めるよ~」との声。

どうやら客寄せのために、盆踊りを外でやるらしい。
へぇ、盆踊りもやるのかぁ、とのんきに構えていると、「はい、じゃあこれ着て」とハッピみたいなのを着せられる。

え、自分もやるんすか・・

自分の記憶が確かなら、今までまともに盆踊りというものをやったことがないような気がする。(多分)
同じく手伝いに来ていた他の学校の学生も「え?」という戸惑いの表情。
試しに「やったことないんですけど・・」と言ってみると、「大丈夫、今教えるから」とのありがたいお言葉。
もはや、無駄な抵抗はすまい。

お決まりの音楽がラジカセから聞こえてきて、とりあえず簡単な振り付けを習う。
誰も知りたくないと思うが、念のため書いておくと、以下の動作をステップを踏みつつやるらしい。

1. 右上方に両手を挙げる
2. 同じく左上方に両手を挙げる
3. 右下方に両手を下げる
4. 同じく左下方に両手を下げる
5. ステップを止め、両手を左右に広げる
6. ちょちょんがちょんと手をたたく(わかんねぇだろうなぁ)
7. 1~6の繰り返し



マジでやるんかいなと躊躇していたが、問答無用で進行開始。
総勢10余名の日本人が、大音量のラジカセと共に、盆踊りで街を練り歩く。
恐らく日本では恥ずかしくてできない、というか絶対にやりたくない部類に入るだろう。

周りの人は、物珍しそうに立ち止まって、こちらを見る。(まぁ当然だが)
うぅ、イギリスで何やってんだ~と冷や汗をかきつつ、なんとか任務を全うする。
終わると周りからは拍手。初っ端からぐったりである。

それが終わると、カフェに戻り、準備開始。
巻き寿司、焼き鳥、皿うどん、豆腐ステーキ等がならび、デザートも抹茶ケーキ、ようかん、みたらし団子、どら焼き等、日本ならではのものが準備されている。

これらは全て、こっちで生活している日本人の方々が手作りで準備したらしく、前日ほとんど寝てないという人がほとんど。
本当にご苦労様である。

2階では、日本らしいものを持ち寄り、販売したり、子供用におもちゃや折り紙を用意している。
また、外ではカキ氷にヨーヨーも販売。
JAPANDAY1JAPANDAY2

午前中は、カフェの手伝いであっという間に時間が過ぎ去り、お昼タイムにおにぎりを頂く。
久々に食べる日本米のおにぎりはやはりおいしい。
シャケおにぎりなんて普通こっちで食べれないもんな。。

ランチタイムが終わると、しばし、外へ出て観光。
近くにお城があると言うので言ってみることにする。
入り口に係りの人がいる小さな小屋があり、もしかしてお金取られるのか?と思いつつ、なんだかしょぼそうなので、試しに知らないふりして、そのまま入り口へ入ってみる。

案の定呼び止められる。

「ちっ!」と思いつつ、値段を聞く。
学生割引(学生証が活躍)で1.90ポンド。コンテンツからすると、割高である。(入ってびっくり)
お金を払い、早速入ると、中には芝生の広場があり、その端に大きな城らしきものがある。
トットネス城3

進むべき道は一つしかないので、そのまま階段を登り、一番上まで行くと・・・
中身空っぽのお城というか、城壁がポツンと。
何も見るべきものがないので、仕方なくトットネスの街並みをしばし眺める。
トットネス城2トットネス城1

さくっとトットネス城見物が終了。
その後、しばらく街を歩いていると、前日からあまり寝てないのと、疲れから、猛烈に眠くなる。
そこで近くの教会へ入り、しばしお昼寝。
使い方が間違ってる気もするが、教会の中は静かだし、ひんやりしてて気持ちいいので、休憩場所としてもってこいだと最近思っている。(こっちは教会が多いので)
トットネス教会2トットネス教会1

しばしの休憩後、子供用の部屋に。
折り紙の折り方が書いてある本があったので、折鶴の折り方をチェック。
以前、インドに行った時に、間違った折り方で鶴を折ってしまい、そのままインドのかわいらしい女の子にあげてしまったという苦い思い出があるため、念のため練習。
周りの日本人から、「え~鶴も知らないの~?」とヒンシュクを買いながら・・・

そうこうしてるうちに、ついにパントパイムの時間に。
そう以前から話題になっている金太郎である。

自分は侍役を仰せ付かっているので、服の上から浴衣を着て、帯に手作りの刀を差す。
この時初めて気付いたが、侍役の自分と、熊役の現地のおじさん以外、全員子供である。

え?マジ!?他の学生もやるんじゃないの??

しかし、後には引けない。
話はどんどん進み、ついに出番。
ラストの方で、金太郎が活躍しているところを侍が影から見ているという設定で、その侍が、金太郎に対して、京都に来て修行して、侍にならないか?と誘うシーンである。

パントマイムなので、別にしゃべる必要はない。
別に何もせず、突っ立ってても誰も文句は言わないと思うが、折角なので、少し動きを入れることにした。
もちろん練習等していないので、ぶっつけ本番である。

セリフに合わせて、外国の方々向けに、少し洋風のアクションを取る。
写真がないのが残念だが(あっても絶対見せたくないけど)、まぁ勝手に想像して頂きたい。

パントマイムの方は、冷や汗をかきつつ、無難に役をこなし、終了。
自分のナイスな演技により、ラストで劇がピリッとしまり、いいパントマイムに仕上がったのではないだろうか。(うそ)

その後、カフェを手伝い、5時過ぎに終了。
片付けの後、みんなで乾杯(オレンジジュースで)し、日本食をつまみつつ、他の学校の学生としばし談笑。
バスの時間があるので、皆より一足先に、同じ学校の生徒と共に帰る。

総勢20名以上の日本人が集まっていて、久しぶりに日本の世界を味わったが、他の学校の日本人とも色々話して、たまにはこういうのもいいかなと思った。

やはり、英語でしゃべるのと、日本語でしゃべるのでは、相手に伝える情報量、こっちが得られる情報量が全く違う。
また、普段言いたくても口にできないストレスがたまっているのか、いつもより多めにしゃべったような気がする。

おかげで、色々と情報を仕入れることができたし、ストレスも解消(?)されたような気がする。
ずっと日本人の輪に入るのは良くないと思うが、たまにはこういう輪に入るのもいいのではないだろうか。

どうでもいいが、この日、日本人に、「日本の方ですか?」と聞かれた。
どうやら東南アジアの人だと思われたらしい。
ブラットピットの次は東南アジアかい。

今日の夕食


・タンドリーチキン
・ポテトサラダ
・サラダ


今日の運動


・ジョギング(30分)


今日の体重(stones:pounds(lb))


10 : 2 (巻き寿司食べ過ぎたか・・)


今日の英単語(文法編) by Macmillan


今回は時制について。いつもより多いが、まとめた方が覚えやすいと思うので。
tense
- a form of a verb used for showing when something happens.
 For example "I go" is the present tense and "I went" is the past tense of the verb "to go".


present tense
- the form a verb that expresses what exists now, what is happening now, or what happens regularly.


past tense
- the form a verb used to express what existed or happened in the past, for example "lived" in the sentence "We lived in Flance until I was 7".


future tense
- the verb tense used for talking about future time.


perfect tense
- the form of a verb used for talking about an action that has been completed before the present time.
 In the sentence "Sharon has gone home", "has gone" is the perfect tense of "go".

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/96-76355ee1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。