Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス永住権獲得のお知らせ

タイトルだけ見ると、つい最近のことのようだが、実は2ヶ月前のことである*笑

で、結論から言うと、無事イギリス永住権を取得することができた。

今回は全て費用会社持ち(これ家族合わせて4人分なのでかなりでかい!)で、申請手続きも全て専門家を通してやったので、かなり楽だった。

と言っても、書類は全部自分で書かないといけないし、準備する書類もかなり多かったので、それなりに手間はかかったが。

特に自分の場合、扶養家族がいるので、たとえば、相方と一緒に住んでることを証明するために、何年分かの証拠(同じ住所宛に送られてきた銀行明細や電気代などの請求書など)を提出する必要があり、これが一番面倒だった。

あとは、子供の出生届だったり、最新3ヶ月の銀行明細だったり、5年間のイギリス入出国の記録(全て)をExcelで提出したりと、子供が生まれた時のビザ申請時よりも書類が必要だった。

ただ、これらは自分達がオリジナルを準備して、あとは専門家の人が、いろいろ加工してくれたり、サマリを作ってくれたりとやってくれたおかげで、特に面倒なことにはならなかったので、かなり助かった。

申請日当日は、Croydonのホームオフィスへ行ったのだが、人によっては予約が取れず、Sheffieldくんだりまで行くハメになった人もいる。。
当日は、専門家の人も同行してくれ、基本的にはその人が仕切ってくれるので、自分達はほいほいついていって、確認事項があるときだけ呼ばれて、答えるという感じ。
(それでも、結局ほぼ一日かかったので、子供の面倒見るのが大変だったのには変わりないが・・)

特に今回は、バイオメトリックIDを全員取得する必要があり、大人は10本指全部の指紋取られたし、写真も撮られたし、わしゃ犯罪者かという気分。(ちなみに子供は写真のみでOKだった。写真自体大変だったが・・)

ちょっと前までは、永住権というと、パスポートに通常の学生ビザとかと同じようなシールが貼られていたのだが、今はそのバイオメトリック・カード(見た目もサイズもUKの免許証みたいな感じ)が一人一枚発行され、それが永住権ビザ(正確に言うと、「Indefinite leave to remain」)の証明となるので、海外に出る際は、パスポートとそのカードをセットで所持しておく必要がある。

ただ面倒だなぁと思ったのは、永住権のくせに、このバイオメトリック・カードは、有効期限が10年(子供は5年)なので、期限がきたら、更新する必要がある。お金がかかるのかどうか知らないが、手続きは(初回よりは大分マシだと思うが)面倒である。(何より忘れそうで怖い*笑)

ちなみに、このバイオメトリック・カード、出生地の情報も記載されている。
で、上のGabyは、Chelseaで、下のRayがKingston upon Thamesなのだが、最初送られてきたカードにはどちらもChelseaと書いてあった。
どうせ入力した人が、ちゃんと確認せず、適当に一人目と同じ情報を入れたのだと思うが、この辺、時間かかる割りに、チェックが適当で、腹が立つ。

出生地なんて、別に間違ってても特に支障はないと思うのだが、さすがに永住権となると、きっちりしておいた方がいいだろうということで、速攻送り返し、修正してもらった。(これも全部専門家経由でやったので、極めてスムーズだった。これ個人レベルでやってたら、大変だっただろうなぁとしみじみ思った)


で、この永住権、取得後、1年間無事に過ごせば、イギリス市民権(British citizenship)の申請が可能になる。(2012年現在ので、ということだけど)
イギリス市民権を取るということは、平たく言えばイギリス人になるということである。
日本は二重国籍を認めていないので、もしイギリス市民権を取れば、日本国籍を捨てることになる。

まぁ、黙っていれば、あまりばれないのかもしれないが、そこまでリスクは犯したくないし、なんと言っても自分のアイデンティティはやはり日本人だし、さすがにそこは躊躇する。
ただ、イギリス市民権を取れば、EU内はどこでも移動できるし、住めるし、働けるというのはかなり魅力的であるのも確かである。


ちなみに、自分のアイデンティティがどこにあるかは、その国(たとえば日本)のことを悪く言われて、ムカっとくるかどうかで判断できると思う。
やはり、日本のことを悪く言われると、ムカっとくる。
(日本に住んでいると、あまりこういうことを意識することはないと思うが)

しかし、こちらには純血日本人であるにも関わらず、中途半端に日本で過ごし、その後海外生活が長いため、自分のアイデンティティがどこにあるか分からないという人もいる。そういう人に聞くと、日本のことで何を言われようが、何とも思わないし、かといって、たとえば自分が長く住んでいるイギリスのことを悪く言われても、それはそれで特に何も感じないらしい。

ある意味、かわいそうな気もする。
自分の子供がどうなるかというと、このままイギリスに留まれば、日本では生活したことがないので、恐らくイギリス人としてのアイデンティティが確立されることになるだろう。(法的にはイギリス人ではないが)

Gabyと仲良しのオーストラリア人と日本人のハーフの子が、オリンピックでオーストラリアでも日本でもなく、イギリスを応援していたらしいが、恐らくこの時点で既にイギリス人としてのアイデンティティが芽生えているのだと思う。(今年はダイアモンド・ジュビリーもあったし、ナーサリーでかなり吹き込まれている可能性も十分にある)


まぁ、5年後、10年後、自分達がどこで何をしているか、皆目見当もつかないが、このブログの今後のことも含め、そろそろ真面目に人生設計について考えていこうかと思う。
(そんなんで大丈夫か、おい*笑)

Listening to "The Fat of the Land" by Prodigy
B000006TNS

関連記事

Comment

吉原 says... ""
こんにちは。

ブログ拝見させてもらいました。
質問があるのですが、5年間のイギリス入出国の記録はmust何でしょうか?

僕も取れるかどうかは別にして、来年申請予定なのですが、全く覚えてません(汗)
2012.11.06 00:24 | URL | #OARS9n6I [edit]
Fumirock says... ""
吉原さん
こんにちは、はじめまして。
ご質問の件ですが、Mustだと思います。(必要書類についてはWebサイトをチェックされることをオススメします)
一番確実なのはパスポートに押されているスタンプを全て洗っていくことかと思います。
ご武運を。。。
2012.11.08 01:03 | URL | #- [edit]
ニコ says... ""
こんにちは。はじめまして。

私も永住権申請を試み真っ只中の者です。
プレミアムで申請されたと言う事で「バイオメトリックID」は全員取られるものなのでしょうか?
国籍により判断なのか?書類を見た担当が判断するんでしょうか?
郵送で申請する方はバイオメトリックIDは取らないと言う事になるんですよね?

不思議なシステムです。

婚姻証明も日本で結婚しているので書類が無いし、とにかく書類集めが大変です。
Fumirockさんは婚姻証明はどのようにされましたか?

2013.02.25 09:45 | URL | #- [edit]
fumirock says... ""
ニコさん

はじめまして。

ご質問の件ですが、これから永住権を取得する場合、
バイオメトリックIDは全員必須になってくると思います。

なので、必ず、どこかのホームオフィスに出向いて、
10本指全部の指紋と写真を撮ってこないとダメなはずです。

私が勤めている会社もビザ専門会社を通じて永住権の取得をしていますが、
以前は書類さえ揃えれば、あとは代理人が全部申請処理をやってくれるため、
本人はホームオフィス出向く必要がなかったのですが、
今はこのバイオメトリックがあるために、本人および対象の家族全員が
ホームオフィスに行く必要があるとのことでした。

あと、婚姻証明についてですが、どちらかというと一緒に住んでいる証明が必要となり、
私と妻それぞれの名義のドキュメント(公共料金のBillとか銀行明細など)を準備しました。
(2年分くらい?)

この辺の情報は、またまとめて、近々に、今構築中の新しいサイトにアップしたいと思います。
またアップ出来次第、こちらのブログでもお知らせします。
2013.03.03 21:58 | URL | #- [edit]
chitta says... ""
はじめまして。
通りすがりのchittaです。
札幌で学生やってます。

イギリスで生活している、さらに永住権まで持っているなんて
尊敬に値します!
今年の2月にイギリスを訪れたのですが、すっかり魅了されてしまって
英語力は皆無なのにも関わらず、将来イギリスで生活したいと思ってる感じです(笑)


お金も職もない状態で突撃することも考えていますが現実的ではないので…。


と、中身の無いコメント失礼しました。
僕も後を追えるよう頑張りますっ
2013.06.09 14:07 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/820-89839334
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。