Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Madama Butterfly

Twitterにも書いたが(というか、最近ほぼTwitterで日々の出来事をアップデートしているので、ブログはどうしても後追いになってしまう。まぁ仕方ない)、Madama Butterflyなるオペラを先日鑑賞してきた。いわゆる蝶々夫人というやつである。

オペラなんて、ほんと1人目のGabyがまだおなかにいる頃に、これで当分見納めだということで、ウィーンに1週間くらい滞在して、いくつかまとめて観た時以来である(過去記事「ウィーン旅行記 - オペラ編 -」参照)。

ただ、この蝶々夫人、実際これを観にいくと決まるまでは、名前くらいしか知らず、ストーリーなんて、その直前にWikipediaで予習したくらいである。(まぁ、そんなもんだよね・・)

簡単に言ってしまうと、蝶々さんという日本人の少女が、ピンカートンというアメリカ人と結婚したんだけど、ポイ捨てされて、最後は・・・という悲しいお話。

で、今回、その蝶々さん役の人が、なんとGabyのピアノの先生(つか、相方のママ友)の友達(ロンドンの音大時代のご学友)だということで、急遽その先生も一緒に観にいくことに。

その先生曰く、ちょっとぽっちゃりしてるから、イメージと違うかも?ということで、あまり期待はしていなかったのだが、実際出てきたのは、予想よりほんの少し大きめのインド系の女性、かつ顔がぽっちゃりで(たいていクラスに1人はいそうな)憎めない感じのタイプで、蝶々さんというにはあまりにも不幸感ゼロなため、感情移入しにくいったら、ありゃしない。
(自分がここの劇場の音楽監督だったら、絶対口出しして却下してると思う)

歌はうまいのだが、やっぱりオペラって、見た目重要だよね、ということで、総合点では、どうしてもマイナス。おしい。残念。

残念ついでに、もう一つ残念だったのが、衣装。
なんというか、和モノを西洋でやるとこうなってしまうのか的な、やっちまった感ありで、特に蝶々夫人の衣装が、どうもけばけばして、中国とかインドの衣装っぽい感じで、それがまた余計に、感情移入を妨げる要因の一つでもあった。

あと、途中、お殿様みたいな格好の役の人(ヤマドリ公?)が出てくるのだが、それがどうにもこうにも、バカ殿にしか見えず(顔まっしろで、ばかでかいちょんまげがぐいっと頭から伸びている)、もうギャグですか、という代物。うーん、残念。。。

一応、フォローしておくと、その他に関しては、きれいで、歌もよく(席が舞台から近かったせいもあるかもしれないが)、特に文句なしの舞台だった。

べニューも、English National Operaという、割とこじんまりとして、こぎれいなところ。
ロンドンでオペラというと、Royal Opera Houseを連想しがちだが、こんなところもあったのね、という感じ。

ちなみに、English Nationalというだけあって、ここでやるのは英語のオペラ。英語の字幕も出るので助かる。
(オペラは、ドイツ語とかイタリア語の方がやっぱり本場な感じで雰囲気出るけど)


あと、今回行って思ったけど、人間としての幅を広げるために、やっぱりこういう芸術に触れる機会は、今後も色々と作っていきたいなと。

まぁ、当分は子供を誰かに預けなくちゃだけど、ゆくゆくは、子供と一緒に行けたらいいなと思ったり。
いつになることやらだけど。。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/808-2afbd61f
-
管理人の承認後に表示されます
2012.06.08 08:09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。