Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(いまさら)2011年振り返り-その2

なんか、もう日曜が終わって、日付変わってるんだけど、とりあえず更新しとかないと。。

前回の「振り返り-その1」、相方からも「ただの子育て日記じゃん」という突っ込みが入り、「だから、最後に言い訳してるやん」という返しをしておいたのだが、まぁ、確かにそうなので、もう少し全般的な振り返りを。

振り返るにあたって、やはり去年の年初に書いたことを読むのが一番ということで、去年の記事を読んでみたが、「Gabyの魔の2歳児を乗り切る」というのと、「楽観的な現実主義者を目指す」というようなことを書いているようだ。(かなり人事)

前者は、まぁ大変だった。
というか、今も変わらず大変なのだが、二人目のRayの存在が、さらに追い討ちをかけて、相方の消耗度がハンパない。一人と二人とではかなりの違い。
なので、今年はほとんど飲みにもギグにも行かず、結果的に、朝前倒しで早朝出勤し、だいたい夕方6時、遅くとも7時には退社するというサイクルになったのだが、これはある意味健康的、かつ平日、子供との時間も持てるということで悪くないと思っている。

ただ、反省点もある。

これは今年後半になってようやく気付いたことだが、自分の子供に対する姿勢が、中途半端で、ある意味、自分一番、子供その次、という風になってしまっており、その姿勢が、ダイレクトに子供に伝わってしまい、あまり良いリアクションが返ってこなくなってしまった。

この時点で、これはまずい。
2歳児の今の時点でこの立ち位置では、思春期になったら、かなり酷いことになるに決まっている。
というわけで、今年なんとかしないと・・・


次に、仕事であるが、こちらは、年初からかなり(過去最高くらい)大変な時期が続いて、正直かなりしんどかったのだが、なんとか、まがりにも形になってきたかなぁと。
まだまだ反省点は山ほどあるのだが、少しずつではあるが、前進はしていると思う。

「楽観的な現実主義者」については、正直あまり意識していなかったのだが、日々の意思決定のポイントとして、「形式」にこだわらず、「結果」を重要視したこともあって、割と「現実的な」回答を出せたのではないかと思う。(と思っているのは本人だけかもしれないが)

まぁ、こういう本質的な部分を変えるのは、すごく難しく、時間がかかることなので、日々意識しつつ、それが無意識にできるようになるように、日々鍛錬していく必要がある。


で、今年、一年を振り返ってみて、思うのは、どちらもすごい大変だったので、どちらも中途半端にやってしまった感がある。

分かりやすくいうと、自分の中で常にどちらか一方を言い訳に、その時直面している問題に対して、ある意味(精神的に)逃げていた、ということである。
つまり、本当に腹をくくって、一心不乱に、子育てに仕事に没頭したということはなく、ちょっと一歩引き気味にポジショニングしてしまったということである。

もちろん、ずっとそうだったというわけではなく、瞬間、瞬間では、きちんと責任を果たせていたこともあると思うが、全体としてみると、結果としてダメだったかなと。
なんというか、守りに入ってしまったというか、半分自分でも分かりつつ、そうなってしまった感がある。

なので、余計ストレスがたまって、去年9月に書いたような精神状態になってしまったのかもしれない。


と、こう書きながら、これが今年の一番の目標、考えていくべきポイントだなと、改めて再認識してみたり。

で、こういう気付きを自分に与えてくれるというのが、このブログを書いていて得られる一番のメリットかもしれないなと思った。
去年も、もっと頻繁にこのブログを書くことで、現状を整理し、分析していれば、もっと早く問題点に気付けたかもしれないなと。

オチも何もないが、そろそろ寝ないと、明日またしんどいので、今日はこの辺で。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Rome" by Danger Mouse & Daniele Luppi
B004E0Z4XK

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/794-9c8280f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。