Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reading Festival 2010 回顧録

Reading Festival 2010 - 2

とりあえず、忘れないうちに。

先週の土曜日、Reading Festival 2010に行ってきた。そう、あのThe Libertines復活の舞台である。

Readingと言えば、忘れもしない初参戦の2007年、レッチリで死にそうになった事件が記憶に新しい(過去記事「8/25 Reading Restival 2007 - Day 2(怒涛のレッチリ編)」参照)。
あれから、今年で3回目。なぜかグラストに行く年は、Readingにも行っている。しかも毎回1日だけ。
2007年はレッチリ、2008はレイジ、そして今年はリバである。

今年は子連れということもあり、車で行くことに。
Wimbledonから1時間半くらいで割りと近い。

この週は前半かなり雨だったので若干天気が心配だったのだが、この日はかなりの晴天。
ただ、まだ地面は泥がいたるところに残っており、長靴&グラストのために購入した中古バギーが大活躍。元は十分取ったな。

で、1年ぶりに行って再認識したのだが、やはりReadingは若い。若すぎる。。
そこら中で中高生みたいなのが酔っ払って、暴れまくっているので、かなり危険。

おまけにフェスとしても子連れを歓迎するような施設、スペースは皆無で、はっきり言って、あまり楽しめなかったというのが正直な感想。
グラストは別格として、Vでも、もうちょっとゆったりできそうなスペースはあったと思うのだが、恐らくもう二度と子連れでは行くまいと誓うほど、Readingは子連れには向かないフェスである。

それを象徴するかのように、今回自分が見かけたベビーカーは2台。Gabyより小さい子供を連れているファミリーは1組、小さい子供を連れているファミリーも何組か見かけたくらい。そらそうだわな。。

というわけで、まったりできそうなスペースを探し、結局NME/BBC Radio 1ステージ外のスクリーン前に陣取り、ほとんど、そこで時間を過ごした。
Reading Festival 2010 - 1Reading Festival 2010 - 3

ちなみに、今回、観た(つうか、聴いた)バンドはこんな感じ。
<NME/BBC Radio 1>
BAND OF SKULLS
3OH!3
HADOUKEN!
KIDS IN GLASS HOUSES
FRANK TURNER
SERJ TANKIAN

<Main>
The Libertines

本当は、リバの後、PendulumBad Religionを観たかったのだけど(Arcade Fireは3年前も観てるので今回はスルー)、Pendulum前のENTER SHIKARIがなかなか終わらず、辺りは真っ暗でバギーにガンガンぶつかられるので、なんかもうどうでもよくなって、さっさと引き上げてきた。

序盤のNME/BBC Radio 1は、ほとんど流して聴いていたのだが、今流行と言うか、NMEが流行らせてる音楽が続いていて、正直退屈。
なぜか、3OH!3というバンドの時、すごい人が集まってきて、えらい人気だった。(全く理解不能)

誤算は、リバ前の最後にNME/BBC Radio 1ステージで観たSerj Tankian
名前見ても誰か分からなかったのだが、声を聴いて、なんか聴いたことのある声だなと、ふとスクリーンを見ると、なんと、System of a Downのヴォーカルではないか!
どうやら、クラシック隊を引き連れて、ソロで出演していた模様。

System of a Downは好きなので、これはうれしい誤算。
全く予期してなかったが、こんな間近で見れるとは。。(この日、唯一前で観たアーティスト)
全然客入ってなかったが、個人的にはこの日観た中では一番かも。


で、肝心のThe Libertinesだが、予想外に真面目にピートがやっており、ちょっと意外。
騒ぐ観客をなだめるような発言をしたり、気持ちよく演奏しているところに、いきなり音声が途切れて、一時中断したにも関わらず(どうやらその前のLeadsで、あまりにも客が興奮して騒ぎすぎて、開始20分ほどで一時中断せざるを得なくなったらしいが、Readingでも同じく中断。ただし、こちらの方が少し時間は遅かった。Readingの方が沸点は高かった?*笑)、何事もなかったかのように演奏を再開したりと、かなりの大人ぶりを見せてくれた。

自分は、Gabyももう寝てたので、後ろの方でまったり観ていたのだが、前の方はやはりかなり盛り上がっていた模様。(後でTV中継を観た限り)
前行ってたらレッチリの再現、つかもっと酷かったかもな*笑

Reading Festival 2010 - 4

演奏が終わると、最後はメンバ全員集まって肩組んで、観客にお辞儀。
ピートもカールも他のメンバも何か吹っ切れたかのように抱擁を交わし、皆すがすがしい顔だったのが印象的。
号泣とはいかなかったが、何か感慨深いものがあった。

一応、Reading/Leads限りということになっている再結成だが、この様子だと本格的に復活しそうな雰囲気を感じた。
まぁ、ピートのせいで来日は難しいかもしれないけど*笑


唯一心残りと言えば、やっと生で観れると思っていたPendulumが結局観れず終いだったこと。
通ってるジムでやたらPropane Nightmaresがかかるので、すっかり洗脳されてしまったのだが、後でBBCの中継(1週間くらいで観れなくなるらしいので、観たい方はお早めに)観て、やっぱりがんばって観ときゃよかったーと思った次第。

12月のWembley Arena、行こうかな。。(誰か真冬に踊り狂いたい人いない?*笑)

というわけで、不完全燃焼で幕を閉じたReading。
もう二度と子連れで行くことはないでしょう*笑


ちなみに、最初の画像は、1リットルのVolvicをラッパ飲みするGaby。
そして誰よりもフェスを満喫していた。。あんた、逞しいにも程があるよ*笑


(追記)
違う日(日曜)だけど、BBC Introducing ステージでやっていた、Gallops、個人的に好きかも。
http://www.bbc.co.uk/music/festivals/readingandleeds/2010/artists/gallops/

あと、Mainで同じ日曜にやってた、BAND OF HORSES もなかなか。
http://www.bbc.co.uk/music/festivals/readingandleeds/2010/artists/bandofhorses/

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Elect the Dead Symphony by Serj Tankian
Elect the Dead Symphony (W/Dvd) (Dlx)

おすすめ平均
stars素晴らしい
starsド迫力。
stars素晴らしい!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事

Comment

さっちゃん says... "おお~っ!"
早速の更新、大感謝!
忙しい中、無理言いましたっ。

一日とはいえ充実してますね~。
ピートが真面目ちっくとは(笑)
う~ん。
日本には絶対入国無理だから
やはりロンドン行かなあきまへんな。

Gabyちゃん・・・たくましすぎ(^^)
お元気そうで良かったです!

2010.09.02 03:57 | URL | #- [edit]
fumirock says... ""
いや、元々書こうと思ってたので、早めに書けてよかったです。
そのうち是非ロンドン遊びにきてください。お待ちしております!
2010.09.05 00:02 | URL | #- [edit]
みどりん says... "コンニチハ!"
Readingのレポ楽しんで読ませていただきました!
雰囲気も伝わって来て、すごくためになりました!

ところで…来年私もReadingに初参戦したいと考えているのですが(アメリカのフェスは経験あり)、2011のチケットは公式HPのリンク先だと日本には送ってもらえないんですよね…
日本でチケットを取る方法ってあるのでしょうか?ご存知ですか?(今のところチケット代行業者に頼むかなと思っています)

あと、女子が参加する場合の注意点などありましたら教えていただきたいです!

質問ばかりですみません(´Д`)
よろしくお願いします!!
2010.09.12 10:40 | URL | #- [edit]
fumirock says... ""
みどりんさん
コメントありがとうございます。
Readingのチケ、日本から買ったことがないので、よく分かりませんが、私はだいたいSeeticket.comで購入しています。
そこのFAQにはこん感じの記述がありました。
I live outside the UK. Will you mail my tickets to me?
It is not always possible to post tickets overseas. You will need to collect them at the venue, if:
- the tickets would normally be despatched by secure mail (£4.80 transaction fee), or
- the event is less than 20 days away.

In these circumstances, or if you have requested to collect your tickets from the venue, they are available for collection one hour prior to the start of the performance. Please take the card you booked with, and quote your reference number when you collect your tickets.

確認してみるといいかもしれません。
最悪、現地では受け取れると思います。

女子が参加する場合の注意点・・・
とりあえず、トイレットペーパーだけはお忘れなく。あと知らないやつについていかないように・・
(すみません、あまり参考にならなくて・・)
2010.09.19 22:00 | URL | #- [edit]
みどりん says... "ありがとうございました!"
コメント返しありがとうございました!感激!
チケットがチケットマスターで取れることを確認しました♪
(受け取りは現地ですが)
トイレットペーパーですね....〆(・ω・。)了解です!
「知らない人にはついていかない」は大丈夫です(笑)

来年楽しみです!
今から筋トレして挑みま~す(・∀・*)ノ
2010.09.20 02:06 | URL | #- [edit]
fumirock says... ""
みどりんさん
チケットマスターも大手でたまに利用しますし、大丈夫かと。
そういえば、Twitterにも書きましたが、レディングのチケ、既に発売されています。ちと気が早いですが。。
http://bit.ly/9T1RAX
2010.09.22 22:07 | URL | #- [edit]
みどりん says... "おやすみが"
確実に取れそうだったらソッコー手配します!
ホテルも航空券もおさえなきゃ(・∀・`)ノ
2010.09.25 00:31 | URL | #- [edit]
fumirock says... ""
ホテル、もしロンドンで取るなら、パディントン駅周辺がお勧めです。レディング行きの電車の発着所なので。Good Luck!!
2010.09.28 20:18 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/526-8454c9a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。