Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車でフランスを旅する - ドーヴァー海峡フェリー編

フランス旅行から帰ってきてから、少し時間が経ってしまったが、熱が冷めないうちに。
(コッツウォルズ旅行記は熱が冷めてしまったため断念・・・)

まずは、国境であるドーヴァー海峡をフェリーで渡るところから。

この日はあいにくの雨で、ドーヴァーに向かう途中の高速なんか、雨がひどすぎて、前が何も見えなくなるくらいだった。
そのせいで、海も荒れに荒れ、フェリーも遅れに遅れ、結局2時間以上も待ちぼうけ。
ドーヴァー海峡をフェリーで渡る1

ヒマなので、Gabyに運転させてみる。(うそ。ハンドルにぎらせてるだけ)
ドーヴァー海峡をフェリーで渡る2

こういう感じで、皆お行儀良く待機。
天気はすっかり晴天になってきているというのに。。
ドーヴァー海峡をフェリーで渡る3


やっとのことでフェリーに乗り込む。
すごく眠そうだったGabyは、待機地点からフェリーに乗り込むまでの時間にしてわずか1分の間に眠りに落ちる。はやっ!

仕方がないので、そのまま起こさないように抱っこしてフェリー内へ移動。
四国出身の相方は、かなりフェリーに乗りなれているらしく、「しまった、五本指ソックスを普通の靴下に履き替えるの忘れた!」と直前になってかなり焦っていたが、「いや、そもそも、自慢の靴下を披露するような座敷なんかないし」と冷静に突っ込んでおいた。

そして、これがフェリーの内部。当然ながら、畳に雑魚寝などという光景は拝めない。
ドーヴァー海峡をフェリーで渡る4ドーヴァー海峡をフェリーで渡る7

さすがイギリスというか、パブがある。
皆さん車ですよね?と突っ込みたかったが、そんなのおかまいなしに、早速パブへ群がるイギリスの方々。雰囲気もほぼパブそのまま。。

ちなみに、こういうわりときれいなレストランもあったりする。
おいしそうではないが。(つか、ありきたりなフィッシュ&チップスとかそんなんばっかり)
ドーヴァー海峡をフェリーで渡る8

船が動き出すと、おまえら子供かというくらいに、皆一番前にへばりつき、外を眺める。(自分もその一人)
大航海時代に思いをはせながらビールを一杯という感じなのだろうか。
ドーヴァー海峡をフェリーで渡る5

ちなみに、船から見た、ドーヴァーの白い崖はこんな感じ。
ドーヴァー海峡をフェリーで渡る6

んなわけで、しばらくの間、イギリスさようなら、フランスこんにちは。

続く。(ほんとか?*笑)


fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "The Platinum Collection" by Enigma
B002S9DRA6

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/490-2b70dbe0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。