Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスで出産した時の子供のビザの取り方(ホームオフィス編)

イギリスで出産した時の子供のビザの取り方(前哨戦)」の続き。

なんとかホームオフィスの予約を取り付け、いざ当日。

本当は、相方に行ってもらう予定だったのだが、せっかく取れた予約をふいにしたくなかったので、念のため父親(申請フォームには父親の名前を記入)じゃなくて、母親だけでいいかを確認したところ、本人(父親)に質問事項があるので来るように、とのこと。

まぁ、仕方ない、ということで会社を休んで、急遽参戦することに。
ジーパンTシャツで行くより、きれいな格好していった方がいいだろうということで、細身のパンツにシャツとジャケット。スーツはさすがに堅苦しいのでやめておいた。

当日は雨も降っていたこともあり、車で行くことに決定。
11時の予約だったが、30分前には来るようにと言われたので、少し余裕を持って1時間前には到着するように家を出る。

幸い、ウィンブルドンから、ホームオフィスがあるクロイドンCroydon)までは車で30分ほどで、道も混んでいなかったので、スムーズに到着。

近くにショッピングセンターがあったので、そこの駐車場に停めたのだが、実はホームオフィスから道をはさんだ反対側にもショッピングセンターがありそこにも駐車場があった。がっくし。

やや早めの10時15分くらいにホームオフィスへ到着すると、遊園地の待ち行列的な仕切りがあり、奥には「予約してない人用」のこれまた並ぶスペースがあった。そこには10人以上の人たちが寒風吹きすさぶ中(この日は雨と嵐?と思うような強風でかなり寒かった)並んでいた。

とりあえず予約していたので、同じく予約しているだろう人たちと何人かで、すすっとその人たちを横目に入ろうとすると、並んでいる人たちが、「おいおい、並べよー!」と。

チッ、チッ、チ。(人差し指を左右に3回ほど振る(嘘))
(自慢げに)「いや、予約してっから!」と言って、悔しがらせながら、中へ。
入り口のところでまた人だかりができていたが、ベビーカーを押してずんずん入っていったら、「寒いから早く中に入りなさい」と優先的に入れてくれた。
ナイス、Gaby!(つか、まぁ、あなたのために来たのだけれども)

中へ入るとまず、空港と同じように手荷物検査&ボディチェック。
まぁ、これはこちらの日本大使館でもやられるし、とりあえずささっと済ます。

さらに奥へ進むと、「申請フォームは準備できてる?」と聞かれ、自信ありげにさっとフォームの表紙を見せると、「じゃ、こっちの列に並んで」と指示される。

待つこと20分ほど?順番が来て、指示のあった番号(よく銀行とかテスコとかである番号読み上げシステム。どうでもいいけど、アレどこに言っても声同じですな。)の窓口へ進む。

まず、申請フォームを提出し、パラパラとめくってチェック。
その後、子供のパスポート、さらに両親のパスポート、出生証明書、んで銀行明細を軽くチェック。
特に問題がない事が分かると、「じゃあ、2階(つまり1stフロア)行ってお金の支払いして、その後3階(つまり2ndフロア)に行ってインタビュー受けて」と指示され、チケット番号を受け取る。

ここで申請が完了するのかと思いきや、ここはただの事前チェックのみのようだ。
まぁ恐らく、書類不備で来る人がかなりいるのだろう。

んで、指示通り上に行って、さらに20分ほど待って、デビットカードで支払い。
ちなみに支払いは申請フォームを見れば分かるが、デビットカードクレジットカード小切手Cheque)、郵便為替Postal Order)、取引銀行手形Banker's Draft)のいずれか。現金は受け付けていない模様。(なぜ?偽札対策か?)

無事支払いを終えると、さらに上の階に行き、順番を待つ。
どうやら電光掲示板に、自分のチケット番号が表示される仕組み。
ほどなくして、自分の番号がアナウンスされたので、指定された窓口へ行くと、「場所が変わったから、下の階に行ってください」とのこと。

出たよ。。

文句言っても仕方ないので、黙って下の階へ行き、順番を待つ。
上の階と同じく、かなり広いスペースに椅子がだーっと並び、電光掲示板(若干動作不安定。というかエラーメッセージが表示されっぱなし)に番号が表示されている。

とりあえず椅子に座り、順番を待つ。
この時点で予約した11時はとっくに過ぎている。予約の意味全くナシ。

待つこと30分。時計は既に11時40分ほどを指している。
自分の番号がアナウンスされたので、指定された窓口へ行くと、今度こそ手続きが始まる。

何を聞かれるんだろう?と若干不安だったが、結局、最初の事前チェックと同じく、たんたんと必要書類を提出し、何も聞かれないまま「じゃ、システムにデータを入力するから、終わったらまた番号呼びますんで、座って待っててください」とのこと。

結局そこからまた30分ほど待ち、その間、その担当者の動向を観察していると、書類やパスポートの情報を基に、端末に情報を入力していき、書類のコピーを取ったりして、準備が整ったところで、目がぱっとあい、こちらに来るようにと目で合図。

んで、今度こそインタビューか?と思いきや、「じゃあ、ビザを発行するのに、あと1時間かかるから、そこで待機しててください。」と一言。

あと、1時間??ここで待つの??

はい。

というわけで、さらに1時間待たされることに。。
(ちなみに、提出書類は全部戻ってきた)

しかし、その後、すぐに窓口のカーテンを閉めたのに気付いた。
おまえ、もしやお昼休憩に行きたいがために、1時間待てとか言ったんじゃないだろうなぁ。非常に怪しい。

とりあえず自分らもお腹減ったので腹越しらえでもするかと、建物の中にある売店にお昼をゲットすべく階に行くと、何とクローズ。
聞いてみると、あと30分くらいしたらまたオープンするとのこと。

お昼時真っ最中に店閉めますか普通。
絶対、売店の人がお昼食べに行ったに違いあるめぇ。人が一番食べ物を欲している時に。。
どいつもこいつも。。

結局ほぼ1時間後に、別の窓口へまたアナウンスで呼び出された。
どうやら、担当者がランチに行きたかったので1時間待たされたのではなく(イギリスの場合、ほんとにあり得るから怖い)、本当にビザを発行するのに1時間かかったらしい*笑


と、たいしたオチもなく、無難にビザをゲット。
もともとこの手のタイプのビザはほとんど問題が起こらないと言われていたので、まぁこんなもんかという感じだったのだが、一度も何も聞かれることなく終了したのには、いささか拍子抜け。
きれいな格好がきいたのか、単に必要書類が揃ってたから何も聞くことがなかったのかは分からないが、何はともあれ、無事ビザを取ることができてほっと一安心。

これで心置きなく海外にいける。

と、その前に、実は明日(9月25日)、自分の誕生日なので、会社を休んで2泊3日で、軽くコッツウォルズへ行ってくる。
コッツウォルズへは一度足を運んだことがあるので、あまり観光せずに、ゆったりまったり過ごしてくる予定。(まぁ、だいたい、いつも、そんな感じなのだけれども)

また後でレポートするので(多分)お楽しみに。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "The Best of Simon & Garfunkel" by Simon & Garfunkel
B00002MZ41

関連記事

Comment

つだ says... "VISA, Passport取得おめでとう!"
これでSwedenにも遊びに来れるね~。

LondonからCopenhagenまでの短時間フライトの後は、国境をまたぐ橋を使って電車20分でうちの最寄り駅です。
おそらく、あと1年間で帰っちゃうので、検討されるならそれまでに!
2009.09.27 08:32 | URL | #- [edit]
聰子 says... ""
なにはともあれおめでとう。
2009.09.28 14:36 | URL | #- [edit]
fumirock says... "かなりタイムラグがありますが・・・"
>つださん
そうですよねぇ、本当は今年行きたかったんですが。来年帰る前に絶対遊びに行きます!

>聡子さん
なにはともあれありがとうございます。
これで日本にも帰れます。
2009.11.29 22:41 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/488-50535077
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。