Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もはやiTunes不要?最強音楽ソフト「Spotify」

久々に音楽ネタ。

ちょっと前(というか大分前)に、iPodが壊れた。
(ちなみに、このiPod、後ろに「Do or do not. There is no `Try`.」というマスター・ヨーダの名セリフが彫ってある世界で唯一のiPodである。)

家で音楽を聴く時は、ドックに突っ込んだiPodとBoseスピーカーを接続して使っていたのだが、ホイールがいかれてしまったため、その後はわざわざPCでiTunesを立ち上げ、それをBoseスピーカーに出力していた。

しかし、これが面倒極まりない。

しかも、音楽データは全て外付けUSBハードディスクに入れているため、他の外付けハードディスクなどでUSBスロットが埋まっている場合、それを一旦外して、それを差し込むというかなり面倒な作業が強いられる。

で、なんか面倒だなぁと思っていたのだが、先日朝のBBCニュースで、音楽がネット経由で聴ける(しかもフリーで。かつ違法でない。)ソフトの紹介をやっていたのを思い出した。
(看板アナウンサーのBill Turnbullが、最新テクノロジーの話についていけず、説明の後、ぽかーんとしていたのがウケた*笑)

その名もSpotify

そういえば、少し前に、家でたこ焼きパーティをした際に、音楽仲間であるM氏とそのイギリス人のボーイフレンドのS氏カップルが「Spotifyって知ってる!??これめっちゃすごいねん・・・(以下省略)」と興奮気味にそのよさを色々と熱弁してくれたのだが、その時はふーん、そういうのもあるのかぁと聞いていたのを思い出した。

というわけで、ちょっくら試してみっか!ということで、今日アカウントを登録して、ソフトをダウンロードして、軽くいじってみたところ・・・


これ、冗談抜きにすごい。。。

まず、アプリを起動すると、以下のような画面が表示される。
Spotify 1Spotify 2

で、適当に聴きたい音楽をクリックすると、瞬時に音楽がスタート。

何が凄いかというと、このタイムラグのなさ。そして、このソフトの軽快さ。
別にローカルに音楽があるわけでもなく、リアルタイムにダウンロードしているはずなのに、iTunesでローカルの音楽ファイルを再生しているようなスピード感覚

回線スピードMaxで8MB(しかもまずそんなスピードはでない)が主流という、日本の田舎にある実家でも光ファイバーのネット接続が可能なネット先進国日本に比べると、恐ろしく後進国イギリスにおいて、この反応速度は驚愕に値する。
がんがんクリックしまくっても、すぐにクリックされた曲が開始される。
音飛びもしないし、止まりもしないし、音質もよい。(我がBoseスピーカーの力によるところも大きいがそれでも十分な音質である)

当然ながら、色々と検索でき、そのアーティストをクリックすると、そのアーティストが出しているアルバムがリストアップされたり、アルバムの解説が表示されたりと至れり尽くせり。
(検索方法は、こちらを参照。)
その他にも、ラジオのように、年代やジャンルを選択して、ランダムに聴いていったりもできる。
Spotify 3Spotify 4

自分なりのプレイリストも作れるし、ユーザ同士でそのリストをシェアすることもできるようだ。

ようするに、iTunesの機能を網羅しつつ、オンライン特有のユーザ同士のコミュニケーションも備えているという、今の時勢を反映したようなソフトである。

そして、これがすごいのが「タダ」ということである。
有料版もあるようだが、無償版の場合、やはり広告が表示されたり、曲の間にラジオのように音声の広告が入ったりするのだが、まぁ、それほど気にならない。

Spotify自体は、いくつかのメジャーレコードレーベルと契約を結んでいるらしく、それらのレーベルが持つ楽曲はこのSpotifyを通じて聴く事ができる模様。

海賊版音楽ファイルが流通するこのご時世において、発想の転換というか、レーベルとのエンドレスないたちごっこが続く海賊版問題に対する全く新しい解決策、というかコンセプトであり、ユーザとレーベル、そしてSpotify自身を含む全員がWin-Winになれるような仕組みになっている。
このアイディアが将来的に成功するかどうかはまだ分からないが、音楽業界の将来像を描く一つのモデルと言っていいと思う。

さらに、技術的にも自社サーバと今流行のP2Pのハイブリッド型モデルによるローカルファイル再生なみのレスポンス速度を実現しており、利便性、操作性など全ての点において優れている。
大容量のディスクもいらないし、ソフトもさくさく動くし。

なんつーか、「うまい」。


と、かなりべた褒めしてしまったが、どうもまだUK始め、一部のヨーロッパの国しか使えない模様。(イギリス万歳)
日本在住の方にとっては、ここまで煽っといて「おいっ!」という感じになってしまうのだが、いずれ開放されると思うので、開放され次第、是非試して頂きたい。
(ただ懸念点として、閉鎖的な日本のレコード会社がこのコンセプトに拒否反応を示し、導入が遅れてしまう可能性もなくはない。)


唯一の懸念点としては、世界的に公開され、ユーザ数が爆発的に増えた時に、今のようなスピード感を保てるかどうかである。
このサクサク感が損なわれると、魅力半減なので、是非ここはがんばって頂きたい。


あとは、これが車で使えるようになると最高なのだが、それはもう少し先か。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "High Times: Singles 1992-2006" by Jamiroquai
B000INAXGU

関連記事

Comment

M says... ""
すごいでしょー。これを使うようになってから、ますますCD買わなくなってしまった。有料版を使ってる人は、月々Spotifyを使えない国でも使えるInvitationをいくつかもらえるんだって。それを友達に送るらしい。うまいよねー!
2009.09.09 07:52 | URL | #- [edit]
chihirock_uk says... ""
こういうのが欲しかった!手持ちの曲にも飽きてlastfmを時々使ってたんだけど、うちのネット回線のせいなのか古マックのせいなのか、途中で途切れたりとかストレス溜まりまくりだったのですよ。
で、さっそく登録してきました。が、invitation待ちって。しかも待ち時間長いかもよ?有料版にしとく?って誘ってるし(笑。急ぐ話ではないので待ちますけどね。いやあ、楽しみです。
2009.09.12 09:46 | URL | #UFnshtgM [edit]
fumirock says... ""
>M
いやぁ、すごいね。なぜあんなに興奮してたのかがよく分かったよ*笑
有料版で何ができるのかよく分からんけど、Invitation送れたりもするのね。なるほど。

>chihirock_uk
あれでも、Invitation待ちになっちゃった?
自分がやったときは、速攻使えるようになったんだけど、なぜに??ユーザ増えて、制限入ったのかな。もしやこの記事の影響か?*笑

とりあえず、これだとストレスなしで聴けると思うよー。(多分)
お楽しみに。
2009.09.13 09:51 | URL | #- [edit]
says... "承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2009.11.14 13:28 | | # [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。