Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロドガブ最高っす!!!12/9 Rodrigo y Gabriela @Hammersmith Apollo

最近、日を追う毎に仕事が忙しくなってきた。
先週仮リリースをしたシステムの件でお客さんにこっぴどく怒られ、年末1日くらい休もうかと思っていたが、それどころではなくなってきた。
恐らくこの状況が1月、2月と続く、というか永遠に続くような・・・(いや、それは避けるけど)

と、そんな楽しくない話は置いといて。

昨日、念願のRodrigo y Gabrielaの単独ライブに行ってきた。
場所は先日のHivesと同じHammersmith Apollo
気合入れてドア・オープンの1時間前に現地入りすると、1組だけ並んでいる人がいた。
つまり2番目。うし。

しかし、寒い。
ここ最近はすごく暖かかったのに、狙い撃ちしかたのような寒さ。おまけに風が強い。。
実はこの日の午前中、相方は日本に帰国してしまったのだが、相方の滞在期間中だけ、なぜか暖かく(その代わり天気は悪かったけど)、相方が帰ったら、突然寒くなってしまった。
これは自分の心境を現しているのかと言ってみたり。

時間と共にどんどん人が並ぶ。
Hivesの時は全然だったのに、今回はかなりの人が開場前から並んでいた。
見たところ、ラテン系の人が多い。さすがメキシカンのロドガブだけある。

で、ドアオープンから15分後に入場開始。
しかし、今度は中のドアでまた待機。どうやらリハが押しているらしい。

30分ほど遅れて会場入り。
そして、、、最前ど真ん中ゲット!!!

Rodrigo Y Gabriela at Hammersmith 2007 1

後ろにドンと構える二つの赤いイスがロドガブ用である。
その前に前座のDavid Fordというバンド(男女デュオ)用にセッティングしてあるため、機材がごちゃごちゃとあるが、紛れもなくあれは二人のセットだ。
あの悠然とシンプルなセットを見てさらにテンションは上がる。

前座のDavid Fordもなかなか良かった。
色んな楽器を駆使し、その場で機械に音を覚えさせ、リピートさせ、音を重ねていくという手法により、二人とは思えない音の幅に加え、結構重めの歌詞を熱く歌う。
女の子の方はヴァイオリンとかトロンボーンなどのクラシックな楽器を使うし、男性の方の一人オーケストラ(じゃないけど)なライブも楽しいし、声も割りといい、個人的には結構好き。
気になった方は是非上のマイスペで聴いてみるべし。

前座のライブは短く、30分程。
ちなみに、ロドガブのライブはアンコール含めみっちり2時間。
うれしい限りだ。

そして、いよいよ主役の登場。
ごちゃごちゃしたセットは取り除かれ、本当にシンプルなステージになる。
Rodrigo Y Gabriela at Hammersmith 2007 2

ステージが若干後ろ気味だったのが残念。(もっと前にぐっと出てきてくれればよかったのに)
待ち時間、流れている曲がなぜかエジプトな感じの音楽で、ステージ両脇にある4台の照明をうっかりスフィンクスと間違えてしまうという個人的ハプニングもあったが(どうでもいい)、9時を回った頃、ついにRodrigo y Gabrielaの登場。

もうこっからは説明不要っすね。
マジでかっこいい。もう最高。
Rodrigo Y Gabriela at Hammersmith 2007 3

今回はグラストで観た時と違い、途中でロドリゴが立ってギターを弾き始め、ステージの一番前まで来てくれた。
Rodrigo Y Gabriela at Hammersmith 2007 4

よく見ると、若干、平井堅に似てる気もしなくもないが、とりあえず、すさまじい指捌きを間近で堪能。
これまではガブリエラの変態的な神の手さばきにばかり目が行っていたが、よく見るとロドリゴもハンパない。マジで1インチもハンパない。

特に最近ギターを始めたということもあって、指の動きに結構目がいっていたのだが、それだからこそ、余計にこの二人の凄さを改めて思い知らされた。無理。あんなのできねぇっすよ、先生。。

途中、先日のアメリカツアーのことを色々話していたが、どうやら空港でロドリゴがテロリストに間違えられ、尋問を受けたらしく、話し振りから結構根に持っているようだ*笑
そして、UKに戻ってライブできることを本当にうれしく思うと言っていたが、これは建前ではなく本音のように感じた。

特にライブの最後はかなり盛り上がり、二人とも立って演奏。
スタンディング・ロドガブは個人的には初(単独では結構やってんのかな?)。
すげーっす!!!

Rodrigo Y Gabriela at Hammersmith 2007 5Rodrigo Y Gabriela at Hammersmith 2007 6

グラストでは歌えなかったPink Floydのカバー曲、Wish You Were Here(ライブで必ず大合唱になる曲)の歌詞もばっちり(じゃないけど)、覚えていったので、アンコールで演ってくれた時は最前で一緒に熱唱。

最高のライブだった。。

ライブ後、ロドリゴがピックを手渡ししてくれたので、手を伸ばしたら、他のやつに持っていかれた。悔しい!!!めっちゃ欲しかったのに。。あれで練習したら、ロドリゴに・・・(無理)

そして、ガブリエラが近寄ってきたので、ハイタッチしようと手を伸ばしたら、向こうもがんばって手を伸ばしてくれたのだが、ステージとフェンスとの距離がかなり開いている(特にど真ん中)Hammersmith Apolloのあの憎たらしい溝のせいで、手が届かず、終いにガブたんが諦めて、代わりに投げキッスしてくれた。
いや、それはそれでうれしかったのだけど、やはりハイタッチしたかったなぁ。
あの溝の野郎め、一生恨んでやる!!

次はいつになるか分からないけど、今度またロンドンに来たら、絶対に行こうと思う。
ちなみに、今回の戦利品はコレ。(相方に怒られるのを覚悟で大発表)
Rodrigo Y Gabriela at Hammersmith 2007 7

中指立てているように見えるが、実はギターの弦を押さえているの図。
肩にはシンプルに「rodgab」の文字。
Rodrigo y Gabriela」は長いから、勝手に「ロドガブ」と略していたのだが、やっぱり略すとそうなるのねと納得。
Sサイズのくせに、日本で言うLサイズに近いことは置いといて、とりあえずこのTシャツを手にほくほくで家に帰った。

好きなバンドは?と聞かれたら、今なら間髪入れず、「Rodrigo y Gabriela」と答えるだろう。
それがこのライブに対する答えだ。

あと、最後に一言。
このRodrigo y Gabrielaの存在を教えてくれた、M氏に感謝!!
また一緒にライブに行ける日を心待ちにしております。

(このライブの模様はそのうちまたYoutubeにアップする予定なのでお楽しみに)

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Rodrigo y Gabriela" by Rodrigo y Gabriela
B000HKDEE2

関連記事

Comment

千絵 says... "No Subject"
お、いいなあ
2007.12.11 02:16 | URL | #- [edit]
Mai says... "No Subject"
前座の人もいいね。
夜中にひっそり聴きたいなぁ。
2007.12.11 20:06 | URL | #- [edit]
フェリママ says... "No Subject"
はじめまして!イギリスブログから遊びに来ました。
ふふふ、また一人ロドリゴ&ガブリエラファンが誕生しましたね!
我が家にもファンがおりまして、春に念願かなってライブに行ってさらに感動して帰ってきていました。
なんでも五臓六腑を鷲づかみされるようなすごい迫力なのだとか。
今後も注目のアーティストのひとつですね。
2007.12.11 23:18 | URL | #- [edit]
246 says... "No Subject"
どうも。
たまたま同じライブを見に行ってました。
仕事でロンドンに滞在していたのですが、取引先のイギリス人に誘われて。。。
ロドガブの事は全く知らなかったのですが、
『メタルが好きなら面白いよ』と言われついて行く事になったわけです。
ロンドンには年に数回行くのですが、
音楽からは随分と離れてしまっていたので、
ライブを見に行く事すらなかったのですが。。。

とにかく良かった♪
2007.12.16 18:07 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/389-8fe8a3e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。