Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Youtubeに載せた上原ひろみの動画が削除された

実は(というほどでもないけど)、以前から自分がライブで撮った動画をYoutubeにアップしていたりする。
http://uk.youtube.com/fumirockin


で、先日、Youtubeから以下のようなメールが届いた。
(実際のメールはもっとごちゃごちゃ書いてあったけど)

あなたがアップした「Hiromi's Sonicbloom at Glastonbury 2007」というタイトルの動画は第3者機関からの要求により削除されました。」



Hiromi's Sonicbloomというのは、上原ひろみが最近活動しているバンド形態の名義で、この第3者機関というのは、上原ひろみが所属する?某大手音楽会社で、著作権保護のためということである。

削除された動画は、今年のGlastonburyのジャズ・ステージで彼女がHiromi's Sonicbloomとして演奏した模様の一部を撮影したもの。

この件に関して、別に腹を立てているわけでもなく、むしろ、このメールをもらった時は、「あらら」という感じだったのだが、なんとなくもったいないなぁと思った。

というのも、自分としては、上原ひろみが海外で、しかもGlastonburyというホームとは言い難いフィールドで孤軍奮闘している姿を目の当たりにし、一ファンとして海外の人に対する認知度を少しでも挙げようと思い(ロックフェスということで、さすがに客は少なかった)、UKのYoutubeに、「Japanese Jazz Queen」という説明付きで*笑、ほんの少しではあるが、その模様をアップし、実際に海外の人からいくつか好意的なコメントをもらっていたし、アクセス数も自分がアップしている動画の中では比較的多い方だった。
恐らく、海外での活躍ぶりを見たい日本人も多数この中に含まれていたのだと思う。
(参考記事)
グラストンベリー・フェスティバル2007 2日目前半(6/23)
上原ひろみ in London

別にその映像自体は、ひろみ嬢の失態が映っているわけでもなく、いつも通りのエネルギッシュな彼女の演奏だったのだが、まぁ単純に「著作権侵害」ということなのだろう。

ただ、このご時世、Youtubeに掲載されている映像を問答無用に消し去るのは、得策ではないと個人的に思う。
これだけのユーザがいる以上、メディアとしての機能は計り知れない。
当然、掲載されてはまずい映像もたくさんあると思うが、良いライブはむしろ本人にとってプラスなんじゃないかと思う。特に海を越えて売り出そうとしているならば尚更。

と、まぁ、素人意見を述べてみたが、業界的には、色々あるだろうし、これ以上深く追求しない。
著作権を侵害していると言われればその通りだし、余計なおせっかいだと言われればそれまでである。
まして、これが上原ひろみ本人からの要請ということであれば(ないと思うけど)、もうそれは土下座して謝る他ない。


でも、これは音楽に限ったことではないが、海外にいると、日本のいいものを海外の人に教えてあげたい。もっと知って欲しいという気持ちが不思議と沸いてくる。
そして、日本人としてのNationalityを痛烈に感じてしまう。

これは海に囲まれ、異国の人とのふれあいが身近にない日本人であるからこそ余計かもしれないが、これほどまでに自分がNationalityを持っていたのかと驚くほどである。
学校の授業とかで日本のことを悪く言われたりすると、カチンときたりするし。

だからと言って、別に日本最高、日本が世界一というつもりはさらさらないが、やはり日本人としてのIdentityは大切にしたいと思う。異国に住んでいるだけに余計である。

以前、日本へ帰国する友人に、海外によくいる外国かぶれした日本人にだけはならないように、という忠告を受けたが、要はバランス感覚なんだと思う。
日本人としての心を持ちつつ、「郷に入れば郷に従え」という言葉もあるように、変に突っ張らず、適度に現地に馴染みつつ、という国際的バランス感覚。

イギリスだからこれが当たり前でしょと言うのはいいが、じゃあ、あなたの日本人としての心はどうなのよ?ということがないようにしていきたい。

これを実践できれば、自分の目指す「海外で活躍するかっこいい日本人」の出来上がりだ。
ただ、これは言うのは簡単だが、実は結構難しいことだと思う。
特に自分では意識していなくとも、周りから見ると、それどうよ?ということが往々にしてある。

というわけで、このブログの内容がそんな感じになってきたら、遠慮なく突っ込みをいれて頂けますようお願い致します。その時はこの記事のリンク付きで*笑

また既にそういう気配を感じている方がいらっしゃいましたら、こっそり教えてください。
(こういうことを書いた以上、示しが付かないというか、かっこ悪いので*笑)


と、いつものように書いてるうちに本題とは関係ない(こともないが)内容になってしまったが、これがこのブログのカラー(そうなのか?)である以上、ご容赦を。


ロンドンもめっきり寒くなり、どんよりとした空、日が暮れるのが早いという鬱な3拍子が今年も迫ってきたが、それにめげないように楽しんでいきたい。
まずは、金曜日のHives。暴れてくるとしよう。

皆様、お風邪など召されませぬように。(菊地風に)

応援の程、よろしくお願い致します。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Time Control" by Hiromi's Sonicbloom
B000LZ557W
関連記事

Comment

tomo says... "No Subject"
やはりそれは日本的音楽業界の考えから、じゃないでしょうか?
実際、こちらのとか、アメリカのレコード会社なんかは、著作権侵害しているから訴える、という手をとる前に、そこを違う方向に生かす(広告などからお金を得る)、という考えの転換をうまく利用しているレコード会社なんかが多いですよ。だから、日本の場合、まだYouTubeという存在の認知度と、そのopportunityに気づいていないんだと思いますよ。そこら辺が、日本のアーティストが海外でまだまだ認知度がそれほど高くならない、っていう理由のひとつなのかもしれませんね。
2007.11.21 01:49 | URL | #- [edit]
YAS says... "No Subject"
そういえば、Youtubeで見てて気付いのだけど、
日本のK-1ファイター達は
世界中で凄いリスペクトされてるんですね。
外人が勝手に日本人選手の「ベストビデオ」みたいのを
せっせと編集したりしてるんです。音楽とかつけて。
おもしろいもんですね。
2007.11.21 14:24 | URL | #- [edit]
リタ says... "初めまして"
こんにちわー。おもしろかったのでダラダラ読ませてもらいました^^
著作権問題についてはこれからドンドン厳しくなるとか、ならないとかいわれてますねぇ。youtubeやニコ動がこれだけ普及し使用されてる今、細かな処置だけでは追いつかないでしょうしあちらも大変なのでしょう。私もブログでは著作権侵害を気にしつつ、でもやっちゃったりしつつ・・・;
ロンドンに住んでらっしゃるんですねー。
ロンドンのあのクールな寒さが好きです。
また行ってみたいナァ。

おもしろいブログなのでリンクしてもいいですか?
失礼しました。
2007.11.22 06:07 | URL | #- [edit]
名無し says... ""
いや~私も削除されました。上原ひろみの動画は、徹底して!削除って感じなのですね(笑)YouTubeに、ひろみさんのファンが動画を再生リストに纏めていますが、ボロボロです。おそらく消されているのは、個人で作成されたものとか、撮影されたものです。私の場合、1週間で見つかってしまいました。普段、ジャズを聴かない人向けに動画を作ったのに!。でも限定公開にすると削除されないのですよね~しかもIDコンテンツで発見されません。手動!?で頑張って削除しているとしか思えませんね。実は、別のジャズ作曲家の動画をアップしていたら、イギリスのレコード会社の社長からメールがあり(笑)もっと広める為にガンガン面白い動画をアップしろ!素材ならくれてやる!ただし音質は落とせ!売れなくなるからって具合な良く分っている人もいます。IDコンテンツ凄いですね。即日で分かるようです。まあでもさすがにその社長さんも20年以上前の音源のみ!ってことですけれどね。ロシアの作曲家さんも音源くれますしねえ。実際、どうなのでしょ?YouTubeのおかげで売れないのですかねえ。CDが売れてないってデータがあるけれど、データ音源の売上げを足すと、実際には変わってないのですけれどね。まあ・・・実際のところ・・・私も全然CD買ってませんけれどね(笑)
2013.12.30 07:05 | URL | #- [edit]
fumirock says... "Re: タイトルなし"
返信遅れてしましました(汗)
Youtubeのせいにするのは全くのナンセンスだと思います。そういう対応を見ていると日本の業界がイケてないというのがよく分かります。外から見てると余計にそれが目についてしまいますね。。
時代の流れに逆らっても、最後は押し流されるだけだと思うんですけどね。
逆らうのではなく、もっとうまく波に乗る方法を考えて欲しいものです。

最後になりましたが、ブログ、引っ越ししましたので、また機会があればこちらにも遊びに来てください。
http://fumirock.com/
2014.04.30 23:05 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/386-7cd4dce4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。