Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっとギターが弾けたらいいのに

週末はまったり。
音楽を聴き、ギターを練習し、ジムに行き、料理を作り、風呂に入り、心身ともにリフレッシュ。

しかし、現実はそう甘くない。
今日またあっさり奈落の底へ引き戻される。

今もめてるのは、不動産ではなく、元住人。
問題は、インベントリーチェック&クリーニング代、そして先日の水漏れ事件の修理費の負担について。

んで、今日仕事から帰ってきて、メールを見たら、烈火のごとく怒ったメールが入っていた。

こちらとしては問題を解決しようと、色々考え、こちらの言い分は控えめに、解決策を提案しているつもりなのだが、もはや感情論になり、議論にならず。

終いには、自分の人格まで否定されてしまう始末・・・

はっきり言って、なぜそこまで言われなければならないのか理解できない。
別にその人についてとやかく言うつもりはないが、このフラット問題に関しては、かなり前から、かなりの時間と労力を費やし、なんとか問題を解決させようとかなり神経をすり減らしてがんばっているのにも関わらず、無責任だの、人間としての良心を疑うだの言われるのは心外である。

正直な話、もうほとほと困っている。


ただ、ストレスを爆発させて、こっちも感情論に走っても何もならない。
ここで自分の気持ちをコントロールできないようでは、ダメだ。
ダークサイドに落ちてはいけない。恩に切るぜ、ヨーダ!

そして、これは常日頃、相方からよく言われていることでもあり、クールでジェントルマンなかっこいい大人を目指す30歳を過ぎた自分への課題でもある。
そう言えば、「大人の階段登る~」って歌(誰の歌だっけな?)が、今ふと頭の中を通り過ぎていったが、あれはちょっと違うか。まぁいい。


というわけで、なんとか気分を鎮めようと、メーラーを閉じ、ギターを手に取り、(夜なので)静かに練習。

最近、ロド&ガブはテンポが速すぎて、やはり最初にやるには厳しすぎると分かり(遅すぎ)、曲目を変更。
(タブ譜書いてくれたのに、ごめんよ、YAS。もっとスキルがあがったら、絶対に再トライするので)

で、気になる曲目は・・・
・「Smoke On The Water」 (Deep Puple)
・「禁じられた遊び」(スペイン民謡)
・「午後の放課後」(ゴンチチ)

これは、先日、ギター初心者にもってこいの良いサイトを見つけ、その中にあった曲から自分の好きな音楽をチョイス。

特に「禁じられた遊び」はなぜか昔から好きで、小学生の時の工作で、オルゴールを作った際に選んだのが同曲だった程である。

ちなみに、スペイン自体も今も昔も行きたい国No.1。
(にも関わらず、まだ行けてない。なぜだ!?)

なんでこんなに好きなのか自分でもはっきりとは分からないが、恐らく小学生の時に見た、ドラクエのドキュメンタリー番組で、ドラクエの世界観のかなりの部分で参考にされているというスペインの中世の街並みやお城、雰囲気が映し出され、その映像の中で、流しのミュージシャンが道端で禁じられた遊びを弾いていて、その映像とメロディが強烈に自分の中にインプットされたからだと思う。
(ちなみに、上記のオルゴールにはロトの紋章が彫られてあり、かなりの力作である)


さらにどうでもいいが、ロード・オブ・ザ・リングの原作である「指輪物語」もかなり参考にされており、小学生の頃、分厚い単行本10巻を必死に読んだ覚えがある。
(なぜか映画は1回も見たことがないけど)


と、そんなことはどうでもいいが、とにかく無心にギターを練習していたら、すごく心が落ち着いた。
特に禁じられた遊びや午後の放課後の美しく切ないメロディが、敵意とも取れるメールに打ちひしがれた心を癒し、自分の中に湧き出てきた負の感情を浄化してくれたかのようだ。


ただ、一つ残念なのは、自分の思うように弾けず、それに対するストレスがたまること*笑
Smoke On The Waterなんぞ、すごく単純なのに、コードがうまくおさえられない。
つか、すぐ左の手首が痛くなるんすけど・・・

こういうむしゃくしゃした時に、一心不乱にギターをかき鳴らせれば、どんなに気持ちいだろうと思った。
まぁ、こればかりは地道に練習していくしかない。


ちなみに、日本から送ったウクレレも先日届き、こちらはナウシカとラピュタを絶賛練習中*笑
(いや、最初に買ったタブ譜集が、「ウクレレジブリ」だったので・・・)
そんなに手を広げてどうするという声もあるが、それはまぁ気分で。
人間、やりたいことやるのが一番だと思う。


と、たわいもないことを書いてしまったが、こんなに穏便にブログを書けるのも、ギターのおかげであって、やはり音楽は素晴らしいなということを伝えたかったので、あえて書いてみた。
(ギターくれたYASに大感謝!)


フラット問題は当分もめそうだが、現実から逃げても何も解決しないので、へこみつつも、なんとか一歩一歩ステップを踏み続けていく所存である。
三歩進んで二歩下がるとはよく言ったものだ。今まさにそんな感じ。
若干二歩以上下がってる感もあるけど。

今、ふと、このブログの→に書いてある「羊男の言葉」を改めて読んでみたら、少しだけ力が沸いてきた。

村上春樹よ、ありがとう。

p.s.
ご心配頂いている方々、ありがとうございます。
皆様の言葉、気持ちはばっちり届いております。
Thank you so much!!!


みんな、おいらに少しずつ力を分けてくれ!(By 悟空)
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "無音"

関連記事

Comment

yossi says... "No Subject"
コードがちゃんと押さえられなくてもいいから、ストラップを肩にかけて、立って、頭をぶんぶん振り回して、頭の中でノリノリの曲を流して、めちゃくちゃにギターを掻き毟ります(弦が切れてもOK)。
「スカーーーーーーーーッ!!」とします。
一度お試しあれ。
2007.11.14 03:32 | URL | #- [edit]
YAS says... "No Subject"
僕も最初に弾いたフレーズは
Smoke on the waterでした。
ロドガブはやっぱ難しいっすよね。
一番大事なのは楽しいかって事で、
二番目は気合でしょう。

The thiker 指の皮が厚くなれば
The thiker 心の皮も厚くなるでしょう。
痛みが回復したら皮が厚くなってる事に気付きます。
2007.11.17 04:16 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/384-84a4fe90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。