Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう勘弁してくれ・・・

今日は社会人復帰初日。

というわけで、それについて書こうと思っていたのだが、その後に今のフラットの契約更新のために行った不動産で、かなり大きな問題が発生したので、もう書く気力を失った。

何が問題かというと、7月、および8月に、お風呂のパイプが壊れて、水浸しになり、その水が下のフロアまで行き、下の住人から苦情が出てたらしいのだが、その時に風呂場の壁やら天井やらがダメになったと、今になって修理費を請求されたらしいのだ。

一回目はパイプの故障だったけど、2回目はシャワーカーテンを閉めずにシャワーを浴びたから、もしくはシャワーヘッドがお風呂の中ではなく、淵に置いてあったから、そこから水が漏れて、それが下に漏れていたから、こちらに非があると言われた。

しかも契約更新のサインをした直後に。

とりあえずは、今週末に、その担当者と我々とで問題となった下の部屋を見に行くことにし、その後でどうするかを話し合おうということになった。


ただ、帰って請求書をよくよく見ると、この不動産屋が違う不動産屋(下の住人はそこから部屋を借りてると思われる)に請求されている模様。
邪推すると、彼らはそのお金を払いたくないからと言って、我々に非があると言いがかりをつけて、我々にかなりの部分を払わせようとしているのではないかと思う。

その請求書をよく見ると、下の住人は、異なる2社からバスルームの修理の見積もりを取っており、その値段が・・・
・A社 £895
・B社 £1420

最初ぱっと見た時は、上記金額を足した費用を払う必要があると勘違いして、かなり顔が青ざめた。(だって50万円以上だからね)
しかし、たとえ、どちらか一方(まぁ、選ぶならそれはA社に違いないけど)ということになるが、それでも決して安くない。
というか、んなもん払うお金なんぞない。

さらには、2回目は空振りだったということで、下の金額は必ず払ってもらうと言われた。
・配管工呼び代 55ポンド


冷静になって考えてみると、まず下のことが考えられる。

・まず、1回目は完璧にこちらのミスではなく、風呂場のパイプの故障なので、こちらには非がない。管理側の問題である。

・2回目にシャワーカーテン使わずにシャワーを浴びたという指摘はおかしく、そんなもので下のフロアまで水が染み出ることはない。もしあったとしたら、それは1回目のダメージの影響が大きく、よって1回目の問題の後遺症だと言える。

・2回目にシャワーヘッドがお風呂の淵に置いてあったから、そこから水が漏れたという指摘は微妙。もし本当に水が止まってなくて、淵に置いてあったとしたら、あり得なくもない。

・2回目は空振りだったという報告は、こちらがその場にいなかった以上、真偽を確かめる方法がない。




理想的には、全額、不動産に払わせたいのだが、向こうもそんな簡単にこちらの言い分を素直に聞くとは思えないし、このやり取りを(日本語でもややこしそうな問題なのに)全て英語で行わなければならないというのはこちらにかなり不利である。

契約更新のサインをしてしまった以上、じゃあ、もう部屋移りますとも言えない。(これは明らかに向こうの戦略だろう)

とにかく何か作戦を考えないと。

つか、もうほんと勘弁して欲しい。。。

しらねぇよ、そんなもんとサジを投げてしまいたい。


ちなみに新しい会社のデビュー戦は、いきなりプロジェクトに突っ込まれ、金融用語に囲まれつつ、業務知識とシステム仕様のお勉強。
初日は適当にPCセットアップと手続き関連で終わりかなぁと思っていたのに、人手が足りなくてそれどころではないらしい。
さすがに新入社員とは違い、即戦力として期待されている分、まぁそれくらいはやらんとなという感じで、こちらはとにかくやれるだけがんばろうと思う。

という前向きで希望に満ち溢れたことを書くつもりだったのに、いきなり出鼻をくじかれた感じだ。


早くもストレス。しかも仕事以外で。。。

こんなところで余計なパワー使いたくないんだけど。

海外生活、やっぱりいいことばかりじゃない。
(今日は飲んでも飲んでも、全然酔えないっすわ)

がんばれの応援クリックをお願いします!
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
関連記事

Comment

chihirock_uk says... "No Subject"
おかえりなさいませ。
しかし家関係のトラブルは辛いですね。ウチは日系不動産やに日本人オーナーですが、どちらもクソで酷い目に会ってます。入居当時からすぐにでも引っ越したいと思いつつ、経済的問題で引っ越すこともできず、更新時に家賃値上げもされるがままっすよ。ランドレディーの義理の母いわく、英国の法律は入居者優位だそうですが、どうなのかな?新しい仕事と家問題と気持ち的にも大変でしょうが負けずにがんばってください!
2007.10.01 22:04 | URL | #- [edit]
Mai says... "No Subject"
とりあえず不動産屋には、友達にソリシターがいるけど今ホリデー中で、戻ってきたら相談するからちょっと待てとか言ってみたら?

Citizens Advice Bureauxならタダで法律相談できるよ。

http://www.citizensadvice.org.uk/index/getadvice.htm

2007.10.02 06:47 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/370-c251f599
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。