Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然の再会。持つべき友はスッチー!

ばっちり眠ったので、頭すっきり。
というわけで、第2弾渡英レポート。(久々に長文)

今回の出発は相方が仕事で抜けれないということもあり、一人だった。
朝一で成田へ向かい、Virgin Atlanticのカウンターへ向かう。
一度復路のフライト日を変更しているため、まず50ポンド払う。痛恨。

次にスーツケースを預ける。
実は家に体重計がなく、このスーツケースがどのくらいの重さか不明だった。
かなりの荷物を減らし、別途ダンボールで送ることにしたのだが、まだ重いような気もする。
カウンターで恐る恐る乗せてみると、23キロ強でやはり20キロ・オーバーだったのだが、「Heavy」シールを張られただけで、特に追加料金は取られず、一安心。

手続きを終え、トイレに行き、とりあえず中に入ってしまおうと、手荷物検査の場所へ向かっていると、おなじみの赤いユニフォームに身をまとったVirginのスッチーな方々が颯爽とこちらへ歩いてくるのが見えた。

もしかしたら、元フラットメイトのYちゃんがいないかなぁと思って、ぱっと顔を見たら、なんと・・・

いるじゃん!!!

すかさず声をかけると、向こうも驚いた様子。
それもそのはず、彼女は既に自分が住んでいるフラットを引っ越してしまったのと、15日にロンドンに戻ると伝えたきり、情報をアップデートしていなかったため、今日は本当に偶然、同じ機に乗り合わせたのだ。

彼女も仕事があるので、歩きながら軽く話し、「じゃあ、また機内でー」とか言いながら、一旦その場は別れた。
しかし、彼女はアッパークラス(まぁ、ファーストクラスですな)担当の上級(?)スッチーなので、エコノミーな自分は会う機会ないかもなぁとか思いつつも手荷物検査を受ける。

ロンドンに比べると、成田の検査は緩い。
手荷物二つ持ってたけど、何も言われなかった。ロンドンだと一つにまとめろなんてうるさいことを言われるのだけど。
人もそんなに混んでなかったので、さくっと通過。

お次は、出国審査。日本人だし、ここもさくっと通過。
今回も、例によって、「なんで、そこに押すかな」的なところに出国のハンコを頂戴した。

出発まで少し時間があったので、朝飯食べてきたというのに、途中のマクドで日本最後の食事を味わう。
オーダーはもちろんソーセージ・エッグマフィン・セット
日本最後の食事がマクドなのもいかがなものかと思うのだが、いやぁうまい。エッグマフィン大好き。というか卵大好き。コレステロールの取りすぎに気をつけよう。

程なく、アナウンスがあり、機内に乗り込む。
席は後方の通路側。
日本行きは結構混んでいたのだが、今回は大分すかすかだった。
自分の隣もいなかったので、2つの席を確保。(席4つ確保して、寝てたやつもいた)

無事離陸し、しばらくして、楽しみにしていた映画の時間だーと思ったところにトラブル発生。
なんと、機内のエンターテイメント・システムに不具合が出て、何も映らないのである。
ぬぉーなんてこった!!
映画観まくる予定で、本もあまり持ち込まなかったのに、予定が狂った。。

なんとか復旧させようと、再起動を繰り返したり(システムトラブルの原因が分からない場合の常套手段)していたが、結局最後まで復活せず。。。
観たい映画、何本かあったのに。。

ただ、苦肉の策で、映画を2本ずつ上映するという策が取られ、選べはしないけど、なんとか映画は観る事ができた。(観てる途中に定期的に他のチャンネルに切り替わるといういやがらせに近いトラブルはあったけど)
まぁ、ないよりましだし、英語字幕だったのでよしとしよう。(行きは日本語吹き替えがほとんどだったので)

そして、最初に上映されたのが、、、
・スパイダーマン3
・シュレック3

いらねぇ!つか、日本帰る時観たし。。
シュレックもなんだか観る気になれなかったので、仕方なく、スパイダーマン3を観直す。前は字幕なしだったので、理解が進む。(良かったんじゃん)

ちなみに機内食はカツどんをチョイス。
カツどん以外は???な感じだったので、隣のおっさんが食べていた和弁当みたいなやつ(味噌汁もついてた)の方にすればよかったと後悔。
というか、さっきマクドを食べたばかりだったので、おなか減ってない。後悔すべきはそっちか。。

二本目の、クラスにあまり馴染んでいない少年と転校生の少女が裏の森で遊んでいたら、幻覚とも取れる不思議な体験(最後まで観てないので詳細は不明)をするという、よく分からない設定の映画を観ていたら、横に人影がちらり。

ぱっと見ると、なんと出発前に会った元フラットメイトのYちゃんがいるではないか!

どうやら、休憩時間のようで、わざわざ会いに来てくれたのだ。
席で話すのもアレなので、一番後ろに移動し、シャンパンやビールなどを頂きながら、30分くらい?立ち話。

会うのは一ヶ月ぶりくらいだったのだが、その前も引っ越しの準備やフライトなどでなかなか話せてなかったので、お互いの近況を報告しあう。
いやぁ、久々に話せて楽しかったなぁ。
何より、偶然とは言え(というか偶然だったから?)、同じ飛行機に乗れたのがうれしかった。

別れ際、おにぎりと、さらには「Fast Track Ticket」なる、なんだかとっても得しそうなネーミングのカードをもらった。
Fast Track Ticketとは何か?

説明しよう!(これ何かのセリフであったな。何かは忘れたけど。)

このカードを持っていると、あのくそ長い行列をスキップして、入国審査を受けれるという、ものすごく素晴らしい魔法のカードなのである。
通常はアッパークラス(ファーストクラス)の人しか手に出来ない、VIPなカードだ。
こういう特別待遇大好き*笑


ほくほくで席に戻り、映画続行。(寝ろよ!)
先ほど観ていたわけの分からない映画(でもちょっと見入っていた)は終わり、またスパイダーマン3が上映されていた。
さすがに2回も観る気にはなれなかったので、もう一つの大奥という日本の豪華キャストの映画を観ることに。
日本語映画を英語字幕で観るというのも、ほぅ、こういう言い回しは英語でこう言うのかと逆に新鮮で、楽しめた。

ただ、敬語がない英語だと、あの日本語にある独特の(特に昔の)言い回しがうまいこと表現できず、かなりあっさりとした英語で翻訳されており、うーん、なんか伝わらないなぁと思ってしまうこともしばしば。
内容的には割りとおもしろかったかな。

主演の仲間由紀恵もいい演技をしていたと思う。
あと、こういう話って、外国の人が観ても、理解できんだろうなぁと思ったのだが、それだからこそ、そういう人に観て欲しいなとも思った。感想を聞きたい。


お次も、日本の映画で「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」。
経済破綻目前の日本を救うために、バブルの時代にタイムマシーンで戻って、バブル崩壊の引き金となった不動産なんとか法の施行を食い止めるというお話。
主演が広末涼子と阿部寛。この映画を観て、不覚にも広末かわいいと思ってしまった。なんか綺麗になった??

映画の方はかなり笑える。
バブルの時代の東京を描いているので、本当に今ではあり得ないことが当たり前のように行われており、どこまで忠実に描かれているか分からないのだが、特に金の使い方がはんぱでなく(ただのパーティのビンゴ大会の1等が200万円とか・・)、実際にもそうだったんだろうなぁと興味津々。

現代とバブル時代の対比がおもしろく、服装や化粧、携帯等の目に見えるものから、銀行が潰れるわけないとか、この経済はずっと続くとか、いう思想の違いまで、それをおもしろおかしく描いており、なかなかうまくできていると思う。

バックでプリンセス・プリンセスとかリンドバーグが流れており、物凄く懐かしかった。。
17年前というと、中学生か。若かったな。。

と、段々映画論評というか、青春を振り返ってる感じになってきたので、この辺でやめておく。


飛行機は、バブルの映画のもうほとんど終わりってところで、ばちっとエンターテイメントシステムが終わり、着陸態勢へ。(全部観たかったんですけど。。)

機内アナウンスがあり、今回、エンターテイメントシステムの故障で迷惑をかけたことに対する埋め合わせとして、以下のサービスが受けれる模様。
・次の旅行で25ポンドオフ
・次の機内の免税品が25ポンドオフ
・5000マイル

というわけで、5000マイル、タダでゲット。ラッキー!
最初映画が観れないとなった時はかなりなにぃーーーってな感じだったのだが、ただ「ごめんなさい」と誤るだけではなく、きっちり埋め合わせをしてくれるという姿勢に逆に好感を持った。
こういう対応はさすがだと思うし、その埋め合わせ方法が、ただ、景品とか上げるんではなく、次もVirginを使うことを促す内容になっているというのもさすがだと思う。

この1件と、Yちゃんの素晴らしい対応のおかげで、Virginが大好きになった。(単純)
皆さん、イギリス行きの飛行機はVirgin使いましょう!(そして感化されやすい)


着陸まで暇だったので、写真を撮ってみた。羽にはちゃんとイギリス国旗がついている。
Virgin Atlantic

暇なので寝ていたら、程なく着陸。
降りる時にもう一度Yちゃんに会えるかなぁと思って、出口まで行くと、いるにはいたのだが、お客さん対応に追われていて、忙しそうだったので、邪魔しちゃ悪いということで、そのまま飛行機を降りた。
直接お礼言いたかったのに、残念。

とりあえず、もらったFast Track Ticketを手に、入国審査へ向かう。
ピンクかオレンジか忘れたけど、すごく鮮やかな色のカードだったので、遠めからも分かるらしく、こっちだよと係りの人に手招きされる。
イギリス行ったことのある人なら分かると思うが、イミグレーションに入った左手側に手前から外国人、イギリス人とみんなわっと並んでいるのだが、一番右側の壁際の細い通路があり、そこで係りにそのカードを渡すと、そのレーンにばっちり入れた。

そのレーンは一番奥へと続いており、ずんずん進むと、横で並んでいるエコノミーな方々(いや、自分もそうなんだけど)を尻目に、その列の最後尾に到達。
並んでいる人、3組くらい*笑
うぉぉーー最高!Fast Track万歳!!

Fast Trackで来た分、審査も緩いはず!
今回ワーク・パーミット・ホルダーとして入国するため、学生ビザより信用があるし、まぁそれだけでも楽勝だなぁと思っていたが、これにFast Trackが加われば、もう無敵だ*笑

と言いつつ、若干ドキドキしながら、自分の番が来て、パスポートと入国カードを渡すと、「どのくらい滞在するの?あぁ、ワーク・パーミットね。原本持ってる?」と言われ、ほいっと渡すと、ハンコを何箇所かにガン、ガンと押され、パスポートとワーク・パーミットの原本を返してもらい、終了。

はやっ!!

その後、スーツケースを取りに行くと、既に自分の便の荷物はベルトコンベアを回っており、ちょうど行った時に、自分のスーツケースが出てきた。

もう、怖いぐらいスムーズ*笑

恐らく、飛行機を降りてから、空港の出口を出るまでに要した時間が10分くらい。
国内線ならともかく国際線でこの早さは最高記録だ。超感動。
この前、徳島空港で空港出るまでにかかった時間より早かったような気がする*笑

持つべき友はスッチーなり!
ありがとう、Yちゃん。次もまたVirgin乗ります。

で、久々に戻った感想はと言うと、、、
1ヶ月ぶりとは言え、特に感動もない。ただ日本に比べると寒い。相変わらず雨降ってるし。
到着前に機内アナウンスでロンドンの今の気温13度とか言われ、軽くへこんだ。
こちらは既に秋真っ只中、というか冬に突入しつつある。
そう、暗く寒い暗黒の時期が訪れようとしているのだ。

そして、月曜からは早速仕事が始まる。
久々の社会人生活、1年ちょいのブランクを埋めるべく、がんばらねば!


空港脱出最速記録を記念して*笑、クリックをお願いします!
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

関連記事

Comment

なぎさ says... "No Subject"
おかえり、again。
んじゃ、私もバージンにしよう☆っていっても何の故障なく、マイレージももらえない、みたいな・・?
2007.09.29 22:37 | URL | #- [edit]
タカ says... "No Subject"
やっぱり社会人ということで、ライブに行く回数も減るんかなぁ~?

共通のロック狂姐さんは除く・・・

とりあえず戻ってきてるんでしょ?飲みましょうよ!!
2007.09.30 01:55 | URL | #- [edit]
takashi says... "No Subject"
お久しぶりです。 お元気そうでなによりです。今回の記事でヒースロー空港で税関で止められて追い返させられそうになったことを思い出しました。
 これからは先は長いですが、がんばってください。
2007.09.30 10:27 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/368-15d17b6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。