Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度目のイギリス

現在、夜中の2時。

出発まで既に12時間を切っているが、今ようやく荷造りが一段落した。
いやぁ、荷物が多い多い。
既にダンボール何箱分か荷物を送っているのだが、スーツケースに入りきらず(正確に言うと入るには入るが、確実に重量オーバーになってしまうため)、仕方なく、別途ダンボールで送るハメに。。

予定では、後9時間後には、飛行機に乗っているはずだ。

紆余曲折はあったが、とりあえずは当初の予定通り、イギリスで働けることになった。

去年の6月、同じくイギリスへ飛び立つ直前の心境とは、すこし違う。
当たり前と言えば、そうなのだが、今回はどちらかというと、イギリスに「戻る」という感じ。
しかし、単純にただそれだけではなく、これから向こう5年間、イギリスで働くことになるし、そういう意味では新たなるスタートであり、やや複雑な気持ちだ。

といっても、それほどエキサイトしているわけではなく、精神的には平常に近く、さきほどスーツケースの角にぶつけた右足の小指が若干まだ痛むくらいだ。

今回の日本での滞在は約1ヶ月となったわけだが、結果的には、心身ともに良い休暇になったように思う。
ジムには通ったし、おいしいものもたくさん食べたし、色んな人に会えたし。
残念ながら今回時間の都合でやり残したことや、食べれなかったものもあったし、会えなかった人もいたのだが、それはまた次、日本に帰ってきた時の楽しみに取っておくとしよう。


日本からイギリスまでは遠い。
ただ、自分がイギリスに留学する前に比べると、大分近くなったような気がする。
それはもちろん物理的な距離ではなく、精神的な話。
しかし、我々人間にとっては、この精神的な部分が大きく作用してくる。

このことは、自分だけではなく、自分や相方の両親、兄弟、親戚、そして友人にとっても同じなんじゃないかと思う。
自分や相方、そしてこのブログを通して、間接的にとは言えイギリスを見て、感じることによって、それまでに比べると(もちろん、それ以前にそこに住んでたり、留学していた人にとっては別)、恐らくかなり身近な存在になったのではないだろうか。

それが何なのだと問われると、何の答えも用意できないのだが、率直に今自分の頭の中に湧き出てくることをそのまま書いているだけであって、たいした意味はない。
これは一応自分のブログなので、たまにはこうしたどうでもいいことを何の脈略もなしにつらつらと書く権利はもちろん自分にあるはずだ。
なので気にしない。

本当は何か言いたいことがあったような気もするが、忘れた。。
まぁ、区切りとして、今のこの状況を記録しておこうと思っただけなので、これで十分な気もする。

とにかく・・・

日本の皆様、行ってきます。是非遊びに来てね。
そして、イギリスの皆様、またよろしくお願いします。また飲もうね。

(近日中にブログリニューアルする予定。本当は日本滞在中にやるはずだったのだが、時間が取れず、ほったらかしになってしまったので・・・。もう「留学」じゃないしね。)


無事ヒースローに飛行機が降り立つことを願ってクリックをお願いします!
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

関連記事

Comment

yossi says... "No Subject"
いってらっしゃーい!

また遊びに行きマース。
2007.09.27 22:47 | URL | #- [edit]
YAS says... "No Subject"
おかえんなさーい!

待ってマース。
2007.09.27 23:41 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/366-d1dc2d73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。