Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/25 The Hives @The Hoxton Bar And Grill

Album Chart Showから2日後、なぜかThe Hivesのライブに行っていた。

The Hives自体はサマソニで観たことあるし、彼らの音楽も好きな部類に入るのだが、ライブに行こうとは全く思っていなかった。というか、金欠のためライブへ行こうという考えがそもそもなかった。

実は、その2日前のAlbum Chart Showの時に一緒に行ったM氏が「明日、100ClubHivesがあって、チケ即完で持ってないんだけど、ダメもとで行ってみようかなぁ」という話をしていた。
その時は、ふーん、そうなんやぁと思っただけだったのだが・・・

次の日、会社で朝メール・チェックをすると、以下のようなタイトルでLive Nationからのメールが届いていた。

The Hives announce 2nd intimate London show today + many more great bands on tour



普段なら、その場で見たりしないのだが、その時ばかりはタイムリーだったので、早速リンクをチェックし、チケが残ってるかチェック。
すると、まだ買えるみたいだったので、すぐにM氏にメールし、さらに携帯でテキストを送り、次の日もライブやるみたいだよーって教えてあげた。

しかし、さすがはM氏。既にチケ購入済み。ほんと情報早いなぁ。。

ここで、ふと一つの考えが頭をよぎる。

待てよ、せっかくだから、自分も行こうかな。。
15ポンドだし、そんなに高くないし。。
本格的に働き出したら、あまりライブ行けなくなるかもしれないし。。

と一通り考え終わる頃には、チケ購入のボタンを押していた。ポチッと。

後で聞いた話によると、20分やそこらでチケは完売したそうで、こんなにもたついたわりによくチケをゲットできたなぁと自分で驚いた。メールを見たタイミングが相当良かったのだろう。

その日は、ドア・オープンが19時半だったので、1時間前の18時半に現地入り。
到着すると、なんとパブの外でヴォーカルのペレが携帯で普通に電話していた。今回は黒のスーツのようだ。

今回ライブに行ったメンバーは結局月曜日のAlbum Chart Showに行った4人。うち一人のA氏は、大のHivesファンのようで、テンションあがりまくり。

会場は、ライブ百戦錬磨のM氏も初めてだと言う、The Hoxton Bar And Grill(今はHoxton Square Bar & Kitchenという名前になってるみたいだけど)というお洒落なパブに隣接された小さなベニュー。本当に小さい。恐らくキャパ350人くらい(らしい)。

パブの中はこんな感じ。
The Hoxton Bar And Grill 1The Hoxton Bar And Grill 2

ビール1杯飲んで予定通り19時半に会場入り。
最前取るべく意気込んで行ったら意外にも客入りはスロー。
入った時はこんな感じだった。。
The Hives 2

A氏がギターのニコラウスのファンらしく、彼の立ち位置の目の前に陣取る。
ステージはかなり狭い。つか、ステージ近すぎ。。
The Hives 1

どうやら今回は前座なし。
客入りがスローなのも関係してか、結局1時間くらい待ったような気がする。
そのうち、セットリストが張り出される。
The Hives 3

そして、程なくThe Hivesが登場。ふと後ろを見ると、満員状態。背後には既に酔っ払っているおっさんや大声で叫んでる暴れそうな輩もいる。ちょっと不安。。
ちなみにこれがその登場シーン。
Opening - The Hives @The Hoxton Bar And Grill, London 2007


彼らは9月にニューアルバムを出すらしく、そのアルバムの曲からも結構演ったので、知らない曲も結構あった。
ちなみに、この日カメラが何台もいて、話によるとそのアルバム・リリースにあわせて、DVDも出るらしく、今日その撮影をしているとのこと。
最前でカメラ目の前に、なぜか日本人集団がいるんですけど・・・ロンドン公演なのに。。

いやぁ、しかし近い近い。近すぎて笑ってしまう。
どのくらい近いかというとこのくらい近い。
The Hives 4The Hives 5The Hives 6

A氏がファンだというギターのニコラウスだが、ライブの合間合間で、意味不明なしぐさをしていた(写真左)。
汗で手が濡れていたので口で乾かしていたのかと思いきや、「俺の手は熱くてバーニングだぜ!」というアピールだったらしい。(M氏談)
The Hives 7The Hives 8

そんなバーニングは以下の動画の最後で見れるので是非。
A Little More For Little You - The Hives in London 2007


いやぁ、しかし激しいライブ。
ヴォーカルのペレとギターにニコラウスがとにかく動き回る。
それとは対照的にもう一人のギターとベースは、たまにコーラスに加わりつつ、地味に弾いていた。つか、最初からすげー汗で暑そうだった。。
Walk Idiot Walk - The Hives in London 2007


ちなみに、一番早くスーツをギブアップしたのはドラムのクリス。
逆に最後までスーツを脱がなかったのはニコラウス。
つか、ニコラウスの顔、というか目が怖かった。
すごい顔でこっち睨むし。。(下の動画参照)
Diabolic Scheme - The Hives in London 2007


上の動画を見れば分かるが、曲の途中で人形みたいに静止するシーンがあった。どうやら毎回ライブでやってるようだが、その静止時間が異様に長く、動画撮りながら、これ動画で撮って意味あるのか等と考えつつも、引くにも引けず動き出すまでがんばって撮り続けた。
気になったので静止時間がどのくらいあったのか計ってみたが、ほぼきっちり1分間だった。何かで計ってたんだろうか?それが体内時計だったとしたら相当すごい。でも多分誰かが合図出してるんだろうな。。

アンコールは2曲で、ライブは大盛り上がりのうちに幕を閉じた。
ちなみにライブ後、床を見たら、ビンが割れまくり。。
き、危険・・・
The Hives 9

ライブ後、外に出ると、パブの裏でメンバーが普通に飲みながら談笑していたので、A氏はちゃっかり5人全員のサインと2ショット写真をゲット。
こういうのができるのもイギリスならでは。ラフでいい感じ。
(ちなみにドラムのクリスは上半身裸、ズボン半脱ぎでパンツが半分ぐらい見えていた・・)

そんなこんなで久しぶりにライブらしいライブを堪能できた。
ゆっくりライブもいいけど、やっぱりこういうのの方が楽しいね。
いい汗かいて気分もよし。

もっとライブ行きたい!

と思った、そんな一夜だった。

Listening to "Veni Vidi Vicious" by The Hives
B000066F6H

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
関連記事

Comment

タカ says... "No Subject"
へぇ~、M嬢、初ホクストンかぁ~。俺は結構家が近いので、良く行きます。結構、ロックだけではなく、オシャレな音もやってるしね!週末はそこでよく飲むし

ってか、うらやましすぎ・・・・。HIVES、うらやましすぎ。ACSのメンツも結構いいし。うらやましいな。
2007.07.31 19:02 | URL | #- [edit]
fumirock says... "No Subject"
>タカ
あ、そこ家近いの?あの店感じよいね。行きつけにしたい。(普通のビールがなかったけど・・)

うらやましいって、あんたスイスでMuseとかBjorkとかArctic Monkeys観てきたんでしょーに。しかもタダで。
どう考えても、そっちの方がうらやましいぞ!
2007.08.01 23:41 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/339-79466ee8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。