Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに進路決定!イギリス残留?日本帰国?

報告が随分と遅れてしまったが、ついにこの先の進路が決定した。

実はグラストンベリーに行く前にある程度決まっていたのだが、色々と不確定要素があり、この場で報告できるほど、ちゃんと決まっていなかったというのと、これまで散々書いてきたように、グラストンベリーに行く前は準備でバタバタ、そして、行って帰ってきた後は、その報告にかなり時間がかかってしまい、今に至ってしまった。

と、前置き、というか報告が遅れた言い訳はこれくらいにしておいて・・・

気になる今後の進路は、、、

イギリス残留決定

である。

各両親と直接会う機会のあった人には話したのだが、実は6月上旬には内定をもらっていた。
ただ、そこから正式なオファーレターが手元に届くまでに、手違い等があって時間がかかり、最終的に届いたのが、グラストンベリーから帰ってきた日(というか行ってる間に届いた)。
つまり、最終的にオファー・レターにサインし、送り返したのが、グラストンベリーの翌週。


今後働く会社は、日系の会社なのだが、こちらの現地企業に比べると、給料は低い。
というか、現地企業の給料の相場が異様に高いというのもあるのだが、ロンドンの異常とも言える物価高を考えると、そういうものなのかもしれない。

日本に帰国し、就職活動をするという手もあった。
IT業界、そして自分が以前やっていた職種は、日本に帰れば引く手数多である(これは日本に限らないが)。そして恐らくそちらの方が楽だし、条件はずっといいだろう。
では、なぜイギリスに留まることを選んだか。

以前の日記「人生の岐路」で色々悩んでいることを書いたことがあったが、実はあの時点で、自分の中ではほぼイギリス残留に傾いていた。
しかし、その理由が自分自身明確でなかった。

結論を出すまでの間、色々と考えてきた。

そしてある一つの結論に辿り着いた。

今までの自分の人生を振り返ると、どノーマルなレールの上をずっと生きてきた。
そして今そのレールからは脱線している最中である。人生史上初だ。
恐らく今日本に帰国し、普通に就職すれば、また元のレールに復帰できるだろう。

しかし。

せっかく一歩踏み出して、新しいドアを開けたのに、次の分岐点で、元のルートに戻るドアを再びくぐった場合、その先に何が待っているだろう。
恐らく何事もなかったかのように、以前の日常に戻り、そして馴染んでしまうように思えてならない。

それが悪いとは思っていないし、それはそれで一つの選択肢である。

でも、今度また今のドアを開けたいと思っても、そう簡単には開けないだろう。
それには相当のパワーがいるはずだ。去年開けた時よりもずっと。
そして、恐らくそう思うような気がしている。

それならば、もうしばらく今のルートを進んでみるのもいいかもしれない。
外国に住むということはそれなりのパワーを要するし、決して楽ではない。
しかし、それに見合うだけの刺激はあるし、おもしろい。
そしてこれが将来の自分自身への肥やしになるだろうと思う。


さらに、4月からワーク・エクスペリエンスとして実際に現地企業で、現地の人と共に働き、色んなお客さんに出会い、様々な業種の職場を見てきた。これはある意味イギリスの日常と言ってもいい。

さらには日常とは別の側面、つまりイギリスの非日常の縮図と言っても過言ではないグラストンベリーを経験し、色んな人を見て、そしてその世界を体感することができた。

そして、この繁栄と衰退を経験したイギリス(およびヨーロッパ)人のライフ・スタイルにこそ、人として人らしく、人生を楽しく幸せに生きる本質があるのではないかという気がしている。
というか、自分達が求めているものではないかと感じている。

しかし、これはもっと長いこと住んでみない事には分からないし、もしかしたらただの勘違いかもしれない。
というのも今はただのお客さんとしてここに住んでいるだけだし、真にこちらの生活に入り込んではいないからだ。


ただ、普通に考えれば、60歳から65歳くらいまで働くことになる。もしかしたら70歳まで働くことになるかもしれない。
ということは今30歳だから、これから今まで生きてきた年数と同じかそれ以上の年月働くことになる。先は長い。

将来の選択肢はできるだけ広げておきたい。
そのために、もっと違った世界を見ておきたい。
そして、今の自分はそれができる状況にある。
じゃあ、その道を選択しない手はない。


と思った。

長々と書いたが、このことは以前の日記「グラストンベリー・フェスティバル2007 2日目後半(6/23)」で紹介した相方の言葉に集約されていると思う。
(上記日記の後半にあるので、読んでない方は是非。)

もう一つ。
結局日系企業を選んだのは、予想以上にワーク・パーミットの壁が大きかったことと、自分の英語力の足りなさである。
ただ、どちらか一つが問題ないとすると、現地企業への就職はさほど難しくないと思う。(IT業界で、ある程度スキルと経験があるという前提で)
仮に両者に問題があっても、可能性はゼロではないということは言及しておきたい。
(今の会社に決めた後も、何社からか電話がかかってきて、現地企業でワーク・パーミットの申請も可能という会社もあったし)

ただ、今の会社を選んだのは、そういう後ろ向きな理由ではなく、最後に社長と色々話しして、思いのほか話がはずんだことと、その社長、そして自分の上司になるであろう人にかなり評価してもらったことが大きい。
やはり、自分が評価され、必要としてもらえるということはうれしいものである。


というわけで、遠い将来のことは分からないが、しばらくはロンドンに住むことになった。

ただし、相方の方は休職できているため、来週日本に帰国し、元の職場に復帰する。
恐らく、少なくとも今年中は日本で働き、来年のどこかのタイミングでこちらに戻ってくることになるだろう。(どういう形で戻ってくるかは未定)
それまでは離れて暮らすことになるが、それは家族会議で議論(と言うほどでもないけど)し、お互い納得した上での結論である。(当たり前だけど)


今後の自分の直近の予定だが、ワーク・パーミットを取るために、日本へ一時帰国することになる。
ただ、その時期が未だに分からない。

まず、ワーク・パーミットを取得するためには、今のビザが学生ビザの場合、まずこちらでイギリスのホーム・オフィスへ申請し、それが降りたら、その時に発行される書類を持って日本へ帰り、日本のイギリス大使館へ行ってワークパーミットを発行してもらうという手続きを取ることになる。
(ワーキング・ホリデー・ビザの場合、日本へ帰国する必要はないらしい。)

日本での申請は学生ビザの時と同様、1日で済むということらしいが、こちらの申請が降りる期間はその時によってまちまち。
なにせイギリスである。
早い時は2週間くらいで取れる時もあれば、遅い時は1ヶ月以上・・・

予定では7月上旬には帰国し、7月末から働き始めるつもりだったのだが、オファー・レターが手元に届くまでに予想以上に遅くなったことと、先日の大雨で、ホーム・オフィスの地区が洪水になったらしく、恐らくその影響もあり、未だ許可が下りず、待ち状態。。


とにかく、許可が下り次第、日本へ一時帰国するので、その時は日本の皆さん、是非飲みましょう。
日本に戻ったらやること・食べるもの・買うものリストを作らないと。。

そして、イギリス在住の皆さん、これからもよろしくお願いします。

Listening to "Into the Blue Again" by The Album Leaf
B000H7JA98

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

関連記事

Comment

akky says... "おめでとうございます!"
はじめまして。アメリカ留学中なんですがUKロック大好きな者です。

まずは、イギリスに残れることになって本当におめでとうございます。外国にいる日本人と言う同じ立場の人間としてとっても嬉しいです。ビザ関係は自分の実力だけでなく運もあるしそのときのタイミングなどもあってすごく大変ですよね。アメリカでは毎年ワーキングビザの発行数が決まっており今年は申請開始日に発行数を超える応募があり抽選になりました。知り合いですごくマジメに働いてきて実力も伴う人が抽選にはずれ泣く泣く帰国ということもありました。

こちらのブログですが1週間ほど前にRodrigo y Gabrielaで検索して飛んできてから過去の記事全て読ませていただきました。語学学校での生活、ホームステイなど私もアメリカにきた最初のことを思い出し楽しく読ませていただきました。
3年半の留学を終え帰国が12月に迫っているのですがそのあとイギリスにワーホリで行こうかと考えています。まだ漠然としているのですが人生の中で1年くらいライブ三昧好きなことして憧れの国で生活もいいかなぁなんて思っています。グラストもそろそろ行っておきたいですし。あっちなみに好きなバンドはMuse, Mew, Travis, Radiohead, Kaiser Chiefs, Mikaですw

一人言のようなコメントでごめんなさい。これからも影ながら応援させていただきますね。
2007.07.15 22:49 | URL | #- [edit]
mie says... "No Subject"
おおおおお残留おめでとうございます(笑
嬉しいわん。
お忙しそうですが、また一緒にLiveか酒に行きませう。
連絡くりぃーーーーー。

グラスト良かったようっすねぇーー。
昨日TVでやってたダイジェスト版のRodrigoで探しちゃったよ(笑
日本の国旗とか持ってってくれりゃ良かったのにぃ。
2007.07.15 23:05 | URL | #8XXmWJPY [edit]
EB says... "No Subject"
残留おめ。
一時帰国の際には盛大にもりあがろう。
2007.07.16 05:54 | URL | #- [edit]
Mai says... "No Subject"
残留おめでとう。
そんなことがあったのねー。
またじっくりお話しましょう。
2007.07.16 07:03 | URL | #- [edit]
Mako says... "No Subject"
おひさしぶり。何はともあれ、就職決まって本当に良かったね!
そしてこの日記、何だかとてもドラマティック!詩的!
2007.07.16 08:57 | URL | #- [edit]
yoっ氏 says... "No Subject"
おめでとー!
帰国の際は遠慮なく、泊まりにきてねー♪
2007.07.16 09:28 | URL | #- [edit]
名無し says... "No Subject"
ホントすごいね~
就職おめでとう~!!!
2007.07.16 09:44 | URL | #- [edit]
otti says... "おめでとう"
やっぱり残留やね。

まあ、長い人生なのでそれがいいのかも。

英国でこれからもいい仕事ができるといいね。

欧州には行ったことがないので、そこまでの魅力がある英国というのに興味がある。
2007.07.16 13:29 | URL | #- [edit]
aiko says... "No Subject"
残留決定おめでとう!!
あなたのブログはいつもとてもためになるし、カテゴライズされてて
読んだあと脳みそがとてもすっきりする。
グラストでの相方さんの言葉も素敵だったね。
これからもイギリスでがんばっていきませう。私の人生の岐路の際にはアドバイスしてねん。
2007.07.16 14:59 | URL | #- [edit]
名無し says... "No Subject"
はじめまして。去年の9月からイギリスの田舎の大学に留学しているものです。私も大のロック好きですが、去年の出発前から、サイトにはいろいろお世話になってました。
就職おめでとうございます★ 後悔のないようやりたいことをやっていく、その姿勢、大切にしてください。いつもサイトみるたびに何か心に深く感じるものがあります!これからも頑張ってくださいね。私もがんばります。
2007.07.18 00:15 | URL | #- [edit]
takashi says... "No Subject"
本当に感動しました!!てか泣きました!!一回ですがお目にかかれた方が同じロンドンに住みこの決断されたのは本当に凄い事だと思います。もしかしたら僕も少しこのブログにより前進したかも。
そういえばスペインのフェスに行ったとき、相方さんの言葉を思い出しました。もし時間があればロンドンで一度ギグに行ったり、飲みたいです。とにかくこの結論が聞けて本当に嬉しいです。
2007.07.18 10:06 | URL | #l7u5XiDo [edit]
fumirock says... "Takashiへ"
>Takashi
今週の金曜日に(ロック好き)何人か集めて飲み会開く予定なんだけど、来る?
もし空いてたら、左にあるメールフォームから連絡ちょうだい。
詳細お知らせします。


後のレスは、また後日!!
2007.07.18 16:52 | URL | #- [edit]
fumirock says... "みんな、ありがとう!!"
>akkyさん
はじめまして&コメントありがとうございます。
というか、過去記事全部ですか???それはすごいというか光栄です。
akkyさんのブログも拝見させて頂きました(全部じゃないけど・・)が、9月にロド&ガブのUSツアー行くんですね!うらやましい。。
来年は是非イギリスにもいらっしゃってください。そして、グラストに一緒に行きましょう!!

>Mieさん
昨日はどうもでした。飲みすぎて気持ち悪かったっす*笑
グラストのダイジェスト版で静止してまて探して頂いて光栄です。来年は何かの旗持参を考えてるので、というか一緒に行きましょうよ。
まぁ、あなたの場合、全ては面子次第だとは思いますが。。
そんなわけでこれからもよろしくお願いしますねー。ちょくちょく飯ご馳走になりに行きますんで*笑

>EB
さんくす!東京で是非飲もうぜ!!つか、フジは?

>Mai
この前はありがとねー!ワイン早速頂いちゃいました。うまかったよー!
そんなわけで、これからもよろしくっす。Wiiやりにいきまっす!

>Mako
おぉ、お久しぶり!んで、ありがとう。
この日記、ドラマティックて・・でもがんばって書いたよ。引っ張った分ね。
つか、あんた、まだこっちいるの??

>yoっ氏
ありがとう!うん、遠慮なく泊まりにいきまーす!*笑

>名無しさん
誰だかわからんけど、ありがとう!*笑

>otti
久しぶり!ありがとう。
まぁ、この結論は急に出した結論じゃなくて、自然に生まれた結果に近いかな。
是非、今度遊びに来て!アジアとは違った魅力があるから。

>aiko
ありがとう!
脳みそすっきりする?そんな効果があったとは・・*笑
まぁ、ロンドン在住者同士、困った時は助け合いましょう。また今度のもうね!

>名無しさん2
はじめまして&ありがとうございます。
このサイトがまたお役に立てたようで何よりです。こういう言葉を頂くたびに、がんばって書いてよかったなぁと思います。
イギリス田舎の大学っていうと、バースとかですか?
これからもお互いロックに生きましょう。

>Takashi
昨日は会えなくて残念。でもT氏と知り合いだったとは知らなんだ。
このブログが何らかの形でtakashiの人生に良い影響を及ぼしてるなら、それはすごい光栄なことだし、素直にうれしいよ。
ほんと、また今度ぜひ飲もうね!色々語りましょう。
2007.07.21 21:23 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/331-4fd35a76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。