Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日引越完了!気になるデポジットの行方は・・・

本日無事引越完了。(中国語っぽいな)

今回の引越の最大の山は、「デポジット返還」であった。
何せ、あの口うるさい大家で、これまで散々もめてきた相手だから、一筋縄ではいかない。
そのため、どうやったら、デポジットを無事返してもらえるかの戦略を色々と練っていた。

経験者からのアドバイスにより、一つの策が見つかった。
それは・・・

デポジットを返してもらうまで、鍵を返さない。

である。

こちらの鍵はだいたい、2つから3つある。
部屋に1つ、玄関に2つ。
そのため、この3つが全て返ってこなかった場合、全て鍵を交換するハメになる。(合鍵作られてたらアレだけど)

特に玄関の鍵は、部屋の鍵と違い、その家の全ての住人に影響を及ぼすため、インパクトは大きい。もちろん出費も大きい。
なので、この策は極めて有効であると言いたい。

実際に、そのうるさい大家も、引越の1週間前に次のようなレターをよこしてきた。

銀行やクレジットカードなどの住所変更は必ずするように。あと、デポジットを返す前に必ず鍵を返すこと。

銀行の住所変更は、以前2週間前に出て行くと告げてもめた時にも出たので、今回で2度目である。
あんたが銀行へレター書いてくれなかったから(これが口座開設に苦労した原因でもある)、何も変えるもんはないよ!」と1週間前に嫌味っぽく言ったにも関わらず、これである。本当にしつこい。
さらに、デポジットを返す「前に」鍵を返せとは。

このレターを見て、相方が切れる。
そもそも相方は、以前からこの大家のことをかなり嫌っており、基本的に自分が大家との窓口となっていたのだが、この時ばかりは我慢できなかったらしい。

切れる要素は積もり積もって山ほどあるのだが、この家を契約の2週間前に出て行くと告げた時に、「じゃあ、今月の家賃は3週間分(実質2週間しかいないのに)頂く」と言ってきたのがかなり大きい。自分の都合で出て行けと行っておいて(「強制退去?5月引越し決定。。」参照)、これである。どんだけ強欲やねん。

怒り心頭の相方は、大家の部屋へ怒鳴り込み、これでもかという言うほどに文句をたれる。
大家も夜遅くに部屋へ来られたので機嫌が悪い。
とにかく双方同じことを繰り返し主張するため、会話が全くかみ合わない。
そして、その勢いに乗り損ねた自分は横で事の成り行きを見守る・・・

結局、結論の出ないまま終了。
納得のいかない相方が最後に伝家の宝刀を抜く。

あなた税金払ってないみたいだけど、チクっちゃおうかな。。

実は、以前から大家が脱税してんじゃないか?と睨んでいたのだが(詳しくは以前の日記「大家は脱税野郎???」)、もし最悪の場合、脱税のことを持ち出そうと以前から戦略は練っていたのである。

大家の顔が引きつる。

き、君が気にすることじゃないよ。もう夜遅いから早く寝た方がいいよ。

その翌日、次のようなレターをよこしてきた。

何を誤解しているか知らないけど、デポジットは耳そろえてちゃんと返すし、そのことだけは知らせておきたい。

態度一変。分かりやすい。。

やはりこの大家、税金を払っていない。

相方が学校で仕入れてきた情報によると、そういう脱税している人をタレこむ組織が存在するらしく、その名前を出せば、現実味があり、かなり有効らしい。

その後、自分が会社へ行ってる間に、相方は大家と和解したとのこと。
話はかなり友好的に進み、最後は握手を求められたらしい。
すごい効き目だ。

しかも、なんと引越当日に自分はいないから、当日は弟に頼むと言い出してきたとのこと。
あの口うるさい大家が、部屋の汚れを自分の目でチェックせず、ノーチェックでデポジットを返すとは、絶対におかしい。

現に今日、その大家の弟らしき人物がデポジットを耳そろえてもってきて、サインを求めに来た。
本当に部屋の中身をチェックするそぶりすらみせず、ただ単にデポジットを返し、その後に鍵をもらっていっただけ。

明らかに「脱税タレこみ」をちらつかせた効果だ。

そういうわけで、本日無事、デポジットを全額取り戻し、無事新居へ引越することができた。

ちなみに引越は、車を一台手配して、1回で運んだ。
料金は20ポンド。(West Hampstead→Bayswater)
最初、15ポンドの予定だったのだが、予想を遥かに上回る荷物量になってしまったため、話が違うと言われ、20ポンドになってしまった。。
(最初、スーツケース2個、ダンボール1個、テーブル1個とか言ってたが、最終的に、大小ダンボール7個+手さげ袋6つとかになってしまった。。実際にはリュックとかもっと荷物あったけど。)

気になる新居の写真はまた今度。(まだ散らかっているので)


最後に、イギリスで引越しようと思っている方に、次のアドバイスを送りたい。

・鍵はデポジットを返してもらうまで絶対に渡さない。
・大家が脱税しているようだったら、「タレこみ」をちらつかせる。



ちなみに、脱税してるかどうかを見分けるには、以下の項目をチェック。

・家賃はニコニコ現金払いしか受け付けない
・ちゃんとした契約書をくれない
・住所証明のための銀行へのレターを書いてくれない



特に最初の現金払いしか受け付けないような大家はかなりの確実で脱税していると思われる。

健闘を祈る。

Listening to "Eurovision"

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
関連記事

Comment

EB says... "No Subject"
たくましくなったねぇ。
2007.05.13 00:59 | URL | #- [edit]
aiko says... "No Subject"
「デポジット返還」は、こちらでフラットを借りる際につきまとう問題ですな。「大家の人柄」が左右するのがやっかいなところです。
我祝貴方無事引越完了!笑。


2007.05.13 01:14 | URL | #- [edit]
tomo says... "No Subject"
かなりナイスアドバイスになります!もうすぐ僕も引越しなもんで、デポジットの件気になってたんですよね。笑)
2007.05.13 04:01 | URL | #- [edit]
さとこ says... "No Subject"
わっはっはは。
2007.05.13 07:40 | URL | #- [edit]
なぎ says... "No Subject"
あっ、ジョナサン、脱税してるんだ!!!!!!!!!!!!

2007.05.13 08:05 | URL | #- [edit]
なぎ says... "No Subject"
あっつつ。
引越しおめでとう~~☆
2007.05.13 08:06 | URL | #- [edit]
Mai says... "No Subject"
おめでと!これで一安心ですね。
うちもカギを交換条件にデポの変換を迫る予定だったんですが、なぜか大家がやたら機嫌がよくて、すんなりいきました。あれはほっとしたなぁ。
2007.05.13 08:43 | URL | #- [edit]
名無し says... "No Subject"
う~む~っ
まる、強ぇ・・・
シャンゼリゼでも似たような光景を見たような・・・・
2007.05.14 12:28 | URL | #- [edit]
fumirock says... "No Subject"
>EB
主に相方が・・・

>aiko
デポジットは日本でももめるのに、こっちだとさらに厄介だね。
不動産通してないと、ほんとに大家次第。いいのか、悪いのか。。

>tomoさん
お役に立てれば何よりです。
無事デポジットが返ってくるように、お祈りしておきます。。

>さとこさん
笑い事で済んでよかったっす。

>なぎ
さんくす。
君の大家はきっと脱税してるよ。だから金の便器(違ったっけ?)なんだよ。

>Mai
やっぱ鍵と交換はポピュラーな手法なのかな。
今度、新居招待しますねーー

>yossi(?)
多分、あの時よりひどかったかも・・・
2007.05.18 22:12 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/304-c942c2c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。