Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショック・・DCPRG電撃解散

つい、3日前にDCPRG(Date Course Pentagon Royal Garden)のニュー・アルバム「Franz Kafka's AMERIKA」についての記事を書いたばかりだが(「待ってました!DCPRGの新作「FRANZ KAFKA'S AMERIKA」」を参照)、なんと、そのDCPRGが突如、

解散

を発表した。

あまりにも突然すぎる解散が発表されたのは、4月25日渋谷O-EASTで行われたDCPRGのライブ中。
奇しくも、自分が上記の記事を書いたその日である。

この事実を知った時、なんて間抜けな記事を書いてしまったんだと思ってしまったが、これも何かの縁なのかなという気もした。

とにかく、彼らはニュー・アルバムを残し、突然その活動に幕を下ろした。
彼らのライブには2回行ったのみだが、どちらも素晴らしいライブだったことを覚えている。

自分に「グルーヴ」とは何かを教えてくれたのは、DCPRGだと言っても過言ではない。

言葉では説明できないグルーブ感。
それは彼らのライブを通じてのみ感じることができる。
(CDやDVDでも十分に堪能できるのだが)
彼らの音楽は「聴く」ではなく「感じる」と言った方が正しいかもしれない。

もし、日本にいたら、間違いなく、最後のライブも行っていただろう。
その彼らのライブがもう観れないというのは、誠に残念である。

解散の真意は、定かではないが、今後菊地成孔氏のWebサイトにあるブログにて、語られることだろう。
(今のところ、沈黙を守っている。ただ単に忙しいのかもしれないが。)

いつかまた再結成を望みたいところだが、なにせあの大所帯、しかも日本ジャズ界を代表する早々たる面子が揃っているため、かなり難しいと思う。

残された自分達にできることは、彼らの置き土産である「Franz Kafka's AMERIKA」を聴くことだけだ。

その前に、久しぶりに、彼らのライブDVDでも観るとしよう。


余談だが、方々で活躍する菊地氏が、今度はNHKに登場する模様。
知るを楽しむ」という番組で、5月8日から毎週火曜日に4回に分けて放送されるらしい。

マイルス・デイビス 帝王のマジック

タイトルから想像つくように、マイルスの生涯についての特集である。
4月10日の菊地氏のブログ「現在、仕事と仕事の合間(実は常に)」に、その内容について触れているので、興味のある方は是非。

誰か、4回分DVDに焼いて送って~

Listening to "Hot Fuss" by The Killers
B0002858YS

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/298-14ad9ba2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。