Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客席乱入!(動画あり) 3/17 Donovan Frankenreiter @Shepherds Bush Empire

遅ればせながらライブ・レポ第2弾。
今回は、3/17に行ったDonovan Frankenreiterのライブ。

場所は、今回が初のShepherds Bush Empire
ちなみに、中はこんな感じで、2F、3F席とオペラ会場のように上に伸びている。KOKOに造りは似ているが、こちらの方が、もう少しこじんまりとしている。
Shepherds Bush Empire 1Shepherds Bush Empire 2

今回、学校のクラスメイトのフランス人マイケルと一緒にこのライブに行くはずだったのだが、色々あって、結局別々に行くことになり、しかもよく考えたら携帯番号も知らなかったので、最後まで会えなかった。
(彼は3Fにいたらしい。前に行くって言ってたくせに。)

この日は、この時ちょうど日本からM氏(いつものライブ仲間とは別人)が遊びに来ていたので、そのM氏と一緒にライブへ行った。

まずは前座のAngus and Julia Stone
Angus、JuliaというStone兄妹(姉弟かもしれない)が中心のオーストラリア出身のバンド。
Angus and Julia Stone

自分達の名前をそのままバンド名にするって、ある意味勇気がいると思う。
だって、これがもし日本人だったら、「山田太郎と花子」とかそんな感じになるんだから・・
でも、よく考えたら、「ONJO」も「Otomo Yoshihide’s New Jazz Orchestra」の略だし、他にも自分の名前をバンド名にしているバンドはいっぱいいそうだな。

そんな彼らの音楽は、ゆるいアコースティックで、聴いていて心地よい。
Juliaの歌声がなかなか力強く、時にやさしくといい感じである。
M氏も彼らのことを気に入ったようである。


お次は、主役Donovan Frankenreiter
Donovan Frankenreiter 1

写真を見れば分かると思うが、見た目はほぼ浮浪者。
そこら辺の道端に転がっていても、絶対誰も気付かないだろう*笑
M氏曰く、Jack Johnson(ジャック・ジョンソン)は本当に服に気を遣っていないけど、ドノヴァンは一見汚らしいが、実はかなり気を遣っていて、結構高そうな服を選んでいるそうな。
まぁ、確かにジャック・ジョンソンはいつもTシャツ一枚だもんな。。

そんな彼の写真を何枚か。
Donovan Frankenreiter 2Donovan Frankenreiter 3Donovan Frankenreiter 4

彼はセカンド・アルバムを去年の夏?に出しているため、ライブはそっちの方が中心かなと思いきや、意外にファーストの曲もかなりやってくれた。
流れ的には、ゆったり目のファーストの曲を最初にやって、後半はロック色の強いセカンド中心。いい感じっす。

自分達の後ろには、サーファーらしき女性がいた(隣の人とサーフィン話で盛り上がっていた)のだが、彼女がかなりのファンらしく、最初から最後までずっと合唱していた。もううるさい。ほとんど彼女の声しか聞こえないくらい。。

さらに、前にはギャルの集団(英語でない言葉をしゃべっていた。東欧系?)がこれまた黄色い声援。ジャック・ジョンソンは野郎に人気があるが、ドノヴァンは女性のファン多し。

そんな彼は気を良くしたのか、アンコールでは客席に乱入。
自分達はちょうど真ん中の少し前目にいたため、ドノヴァンが目の前まで来てくれた。
どのくらい近いかというとこんな感じ。
Donovan Frankenreiter 5

M氏は、彼のたくましい腕に「お触り」して、興奮気味。
しかし、後ろにいたサーファーの姉ちゃんは鼻血が出そうなくらい興奮していたようだ。
でも、さすがは元サーファー、確かに腕ごっつかった。

最後は、皆で「It Don't Matter」を大合唱。
終いには、左右の2F席にマイクを投げ、客に歌わせるというカラオケ・サービス*笑もあり、皆が一体になってピースフルな空間を作り出すというパフォーマンスは、さすがドノヴァン。
個人的にも大満足なライブだった。

そんな客席乱入シーンを、この前のRaptureに引き続き、Youtubeにアップしたので、是非ご覧頂きたい。
Donovan Frankenreiter in London (17/03/07)



ちなみに、この日は、セント・パトリック・デイというアイルランドのお祭りだったのだが、巷では至る所(特にアイリッシュ・パブ)で、ひどい酔っ払いが続出。
近くの公園はゲロまみれ、救急車大活躍の一日だった。

Listening to "Some Live Songs" by Donavon Frankenreiter / Jack Johnson / G. Love
B00076AGHO

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

関連記事

Comment

M says... "No Subject"
あら、そういうふみさんもお触りしたのでなくって?
目の前にきたら触っとかないとね♪
しかし楽しかった!ありがとう
2007.04.04 14:51 | URL | #gJOb/blU [edit]
fumirock says... "No Subject"
いや、お触りはしたけど、興奮までは・・・
汗かいてたし、べっちょりで気持ち悪かった*笑
とりあえず、時差ぼけに苦しみながらも楽しんでもらえたようで、よかった。
自分的にも期待以上で、かなり楽しめたよ。
2007.04.07 08:49 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/276-6ae6e827
ヴェリー・ベスト・オブ・ミック・ジャガー
インタビュー、気合入ってます。ただ、楽しみにしていた「ジャスト・アナザー・ナイト」のPVのイントロ部分がカットされていて残念。あれが見たかったのになー。「ダンシング・イン・ザ・ストリート」の2人のファッションが懐かしい。デヴィッド・ボウイが「レッツ・ダ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。