Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにレターをゲット!!(for 銀行口座)

先日から難航している銀行口座開設だが、一筋の光が見えた。
(本当に、一筋だけども)

日記「(続編)Abbeyよ、おまえもか・・・」に対して頂いたコメント(Hannaさん、Thanks!!!)に、「そもそも学校がレター出してくれないのが変」というのがあった。

確かに変だ。

というわけで、実は昨日、ダメもとで再トライしてみた。
銀行口座開きたいから、レター出して欲しいんですけど」と聞くと、「あぁ、じゃあパスポートと現住所と日本の住所持ってきてくれれば出してあげるよ」と意外な回答。

おう、今度はそうきたかい。
この手のサプライズには、段々免疫がついてきた。

ちなみに、今回は、学校のディレクターに最初に話を持っていったのだが、そのディレクターが、「それはピーター(仮)が詳しいよ」と目の前にいた、ピーターに話を振ったところ、上記の一言が返ってきた。

何を隠そう、そのピーターこそが、最初に「学校通してないから、レターは出せない」と言った張本人である。

ディレクターの目の前だったからなのか、ただ単に以前と違うことを言ってるのかは分からないが、この際、そんなことはどうでもいい。
出してくれさえすれば、それでいいのである。

大事なのは「過程」ではなく、「結果」だ。
もちろん、時には「過程」も大事なこともあるが、今の自分にとっては、「結果」が全てだ。

で、今日半信半疑で、パスポートを持って、ディレクターのところに持っていったら、その人が直々に書いてくれた。
このディレクター、いつもニコニコしていて、普段からすごい良い人なのだが、この時ばかりは神様に見えた。

この人が、日本好き(色々日本語も知っている)なのと、ゲイなのを差っぴいても、やはり良い人であることには違いない。
普通なら面倒くさがって、適当にはぐらかすか、他の人に仕事振るかするもんだが、この人は、ちゃんとその場で、嫌な顔一つせず、笑顔で全て自分でやってくれた。(この他にも色々お願い事項がったのだが、それも含めて全て。)

とにかく感謝。謝謝。多謝。

で、発行してもらった、レターを見ると、以下のような文面があった。

「The students address has given his addresses, which have not been verified by us, as: (現住所と日本の住所)」


have not been verified by us」って、要は「私達はこの住所、確認取ってないけどねぇ」ということっすか。

うーん、これで果たして住所の証明になるのだろうか・・・

一応、文末には、「何か確認したいことあったら、遠慮なく学校に問い合わせてください」とは書いてあるが、、

不安。

というわけで、念のため、第2の策も発動させることに。

第2の策とは、バイト先からレターを発行してもらうことである。
もとはといえば、バイト代をもらうための銀行口座である。
出してくんなかったら、それはそれで問題だ。

恐る恐る聞いてみると、「OK。じゃぁ、何書けばいい?」と快諾頂いた。
なので、つぎのことをリクエスト。

・現住所の証明
・日本の住所の証明
・この会社で働いていることを証明



というわけで、明日このバイト先からのレターもゲットできる見込み。
今思えば、パスポートNOも入れてもらうべきだったかと考えたが、まぁ、学校のレターに入ってるからいいだろう。

これでちゃんともらえれば、2つのレターが手に入る。
さすがに2つあればいけるだろう。
(でも、これでも何が起こるか分からないのがイギリス)

ただ、実行に移さないと何も始まらない。
まずは、この2つのレターを携えて、来週銀行に乗り込むつもりである。

さて、どの銀行に行こうかな。
やっぱり、まずは、周りでは一番簡単という声が多い、HSBCか。
それか、NatWestとか、教えてもらったNationwideとか。

個人的には、東京にも支店があって、ゴーロイズという海外送金サービスがある、Lloyds TSBが気になっているのだが、自分と同じような留学生で、この銀行の口座を持っているという人の話を聞いたことがないので、やはり外国人の学生がここで口座を開くのは難しいのだろうか。。

本当は、各銀行のサービスを比較して、選びたいところだが、もうこの際、口座が開ければどこでもいい。
正直、ここにこれ以上余計な労力は割きたくない。

なので、とりあえず、近場の銀行にアタックするとしよう。
やっぱ、予約いんのかな。郊外だったら、いきなり押しかけても大丈夫なんかな。

うぅ、本当に面倒だ。。

Listening to "Sunrise Over Sea" by The John Butler Trio
B0006IQM6C

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
関連記事

Comment

tomo says... "No Subject"
どうも。ブログ検索から飛んできたんですけど、内容がすごく見覚えがあったので、ぜひコメントを・・・と思いまして。。

この問題、僕もぶつかりました、銀行口座。あけるのに、数ヶ月かかりました、でどなりこみに言って、あけてもらったけども、アプライしたのと違うのがあけられ、結局、HSBCのは閉じたんですけど。
その後、Natwestに行ったところ、すごく対応が丁寧で、すぐに開けました。。
まぁスタッフの対応は(イギリスなので)期待できませんが、ブランチによるでしょうね。

そして、ロイズ銀行ですが、東京に支店があっても、イギリスとのは”別”らしく、あんまり関係がないらしいです。もちろん送金などは安くつく?のかな?そこらへんはよくわかりませんが。
学校が提携している銀行、っていうのも大学によってはありますよ、その場合、スムーズにあけれる場合があります。
銀行には比較的予約なんかは要らないと思います、ただ行ってみて、あけたい、といえば。。パスポート、レター、そして、(自分の名前、そして、住所が記載されている)請求書(ガス、水道、電気代、なんでもいいです。住所と名前さえあれば。)を持っていけばOKだと思いますよ。Landlordとの契約書、というのは受け入れてもらえません(偽物作れる可能性があるから、だそうです。)。
やはりこの国人種差別は少ない、といえど、外国人に対しての偏見などもあるので、銀行によっては、意味不明に却下ってのもありますが、強気にいくとなんでもなりますよ。
ちなみに、HSBCのInternational Student口座の場合は、つきに5ポンド?くらいとられます。あと、(確か)バークレーの場合、デポジット(1000ポンド)を常に保つっていう条件のもと、デビットカードが発行されます。

お役に立てれば光栄です~。がんばってください。
2007.03.29 01:39 | URL | #gt3YS3lE [edit]
Hanna says... "No Subject"
前進してよかったですね!しかし

have not been verified by us

って、なぜ、そこまで追い込む・・・・。
そんなところで仕事の細かさだしたって・・・・
今度拒否されたら、ピーターに家まできてもらわないとですね。
tomoさんのおっしゃるとおりHSBCはI`nal Studend bank accountありますが月5ポンドとられます。(私も学校ですすめられたけど、やめました)私は2回ともNATでしたが、大丈夫でした。友達のお父さんはNATのインターネットバンクで残高がめちゃくちゃになったってききましたが・・・・
2007.03.29 07:28 | URL | #- [edit]
ゆ says... "No Subject"
銀行は、学校が提携または取引しているブランチなど紹介してもらえると
ハナシが早いんですけどね...
ワタシが口座を開いたときは、学校指定のブランチにレターとパスポートだけを持って行けばOKでした。
ただし、やはり対応する側に偏見などもあるようで、同じ学校で同じような条件で口座開設をアプライしに行った中国人の生徒は、ビザの残り日数が半年を切っているという理由で断られました。
ワタシもその時学生ビザの残りが半年程度だったのですが、日本のクレジットカードを見せろと言われ、当時もっていたなんちゃってゴールド(若い人向け(若くないけど)のゴールドカード)を渡したら、学生用の口座ではなく普通のアカウント(よりちょっとだけ上)を勝手に開かれた次第。

Good Luck!
2007.03.29 13:09 | URL | #qbIq4rIg [edit]
fumirock says... "No Subject"
>tomoさん、
はじめまして。情報ありがとうございます。かなり参考になります。
簡単に開ける人もいれば、めちゃくちゃ苦労する人もいるようですね。本当にブランチによるようで。。それもどうかという気はしますが、まぁそういう文化なので、それに従うしかありませんね。意味不明に却下ってのが一番怖いですが、とりあえず、強気でがんばりまっす!

>Hannaさん、
そう、なぜそこはそんなに細かい!と突っ込みたくなるけど、やはり学校もトラブルが起こった時に責任取りたくないんだろうね。
HSBCは5ポンド取られるん?NatWestはタダ?
どの銀行にしようかな・・・

>ゆさん
学校が提携してる銀行ですか、確かにそれが手っ取りはやいのかも。
でも、聞くの忘れたなぁ・・メールで聞くかなぁ。
>ビザの残り日数が半年を切っているという理由で断られました。
これが一番怖い。もっと早くやっときゃなぁ、といまさら後悔。
ゴールドカードも持ってないし・・・
ちなみに、学生用に比べて、普通のアカウントって何かメリットあるんですかね?
2007.03.30 17:43 | URL | #- [edit]
ゆ says... "No Subject"
学生用のアカウントだと、オーバードラフトができないとか
そういうことだったような気がします。(実際持っていないのでわからないのですが)
ちなみにワタシはNatWestですが、とくに困ったことはありませんよー
いつも対応いいし。

2007.03.30 19:04 | URL | #qbIq4rIg [edit]
Toshi says... "No Subject"
銀行の口座、開けましたか?
私の経験では、HSBCのBasicAccountなら簡単に開けます。自宅の近くだった、FinchleyCentral Branchで開きました。
必要だったものは、パスポートと公共料金の請求書(登録する住所に届いているもの)だけでした。学校からのレターも持ってたんですけど、聞かれもしなかった。Student Accountは撃沈しましたが、Basicなら開けると思います。ただ、DebitとかCreditは作れなかったかもしれない。。。とりあえず、口座があるだけでよいなら、トライしてみてください。では、Good Luck to you!
2007.04.01 03:49 | URL | #- [edit]
fumirock says... "No Subject"
>ゆさん
なるほど、まぁ学生ですしね。
NatWestですかぁ、明日チャレンジしてみるかな。。
でも、絶対支店によって対応違うでしょうね。

>Toshi
まだっす。というか先週はバタバタしていて、まだトライしてません。
公共料金の請求書がないので、とりあえず学校とバイト先のレター2通持って、行ってこようと思ってるけど、はたしてどうなることやら。。
この際、Glastonburyのために、Debitも欲しいけど、間に合わないか。。
2007.04.01 18:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/269-2a7349b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。