Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/21 Maximo Park / !!! / Hot Club De Paris / Blood Red Shoes @Astoria

今日夢を見た。

なぜか野球チームの練習に参加し、スライディングしたら、(触れてもないのに)2塁手がなぜか怪我して、こっぴどく監督に怒られる夢。

その後、なぜか音楽の授業になって、先生(さっきの監督と同じ人、そして中学時代の数学の先生かつバレー部の顧問)が「この音楽分かる人?」と質問し、「あ、マイルス・デイヴィスの『アガルタ』」って答えたら、分かるやつがいて、すごくうれしかったらしく、ノリノリになってきて、なぜか個人授業。

意味不明だ。まぁ夢なんてこんなものだが。。

昨日(金曜)から今週末は怒涛の3連チャン・ライブ。
そして、昨日はその初っ端のNME Indie Rock Tourに行ってきたのだが、その前に水曜(2/21)に行ってきたMaximo Parkのライブ・レポを。

このギグ、行こうと思った時には既にチケットが売り切れていて(今開催中のNME Awards Showの中ではかなり早く売り切れていた)、諦めていたのだが、ライブ仲間のM氏から「チケ1枚余ってるけど来る?」とのありがたいお言葉に甘え、行ってきた次第である。(M氏、サンクス!!)

会場はAstoria
先日のMean Fiddlerの目と鼻の先にあるベニューである。

中の造りもMean Fiddlerに似ている気がしたが、Astoriaの方が若干広かったと思う。
この日出演するバンドは以下の4組。色んなバンドが一度に観れて得した気分。

Maximo Park
!!!(chk chk chk)(チック・チック・チック)
Hot Club De Paris
Blood Red Shoes



1組目のBlood Red Shoesは、男女2人組(女ギター、男ドラム)のバンド。
なんと言っても若い(特に男)。中学生くらいにしか見えない・・
Blood Red Shoes

しかし、若いくせに(実際の年齢は知らんが)ドラムが結構うまい。軽快なスティック捌きから繰り出されるリズミカルなサウンド。
ギター・ドラムの最小構成(White Stripesの反対だな)なので、音的に物足りないのは仕方ないけど、意外に良かった。
どうやら、このバンド、後に出てきた!!!のサポート(要は前座)なんかもやっている模様。

2組目は、Hot Club De Paris
ライブ仲間T氏のお気に入りである。(当然この日も参戦)
名前はパリだけど、リヴァプール出身。そして、所属レーベルが、MOSHI MOSHI Recordとこちらもなめきった名前で、なぜか日本語。
(目の前で日本人が電話で「もしもし」と言っていたので、その名前になったとか・・)

こちらはギター、ベース、ドラムの3人構成なのだが、初っ端、いきなり3人によるコーラスから始まったのでちょっとびっくり。
Hot Club De Paris 1

基本的にはギター・ポップなのだが、今まで聴いてきたインディー・バンドとはちょっと毛色が違う印象。色んな趣向を凝らしていて、結構楽しめた。
Hot Club De Paris 2

3組目は、!!!(「チック・チック・チック」と発音する)。
メンバーは8人(くらい)の大所帯で、お祭り騒ぎなバンド。
chk chk chk 1

ヴォーカルが強烈で、とにかく動きが変。
色んな変な踊りをするのだが、一番強烈に頭に刻み込まれているのはドリフのヒゲダンス。
こいつ、おもろすぎる。。
chk chk chk 2

このヴォーカル、とにかく暴れまくりで、客席に近づいてきてシャウトしたり、ダイブしようとして、誰も支えてくれず客席に落ちたり、その後客席の中を暴れまくったり・・・(隣にいたライブ仲間のT氏は肩組んで踊っていた)
chk chk chk 3chk chk chk 4

彼らはパフォーマンスだけではなく、音楽の方もかなりご機嫌なノリノリのサウンドで、ロックとエレクトロニカを掛け合わせたような感じ。
当然のことながら、彼らのライブによって客のテンションも上がりまくり、ライブの前座にはもってこいのバンドではないだろうか。

そんな彼らだが、04年のフジロックにも出演している模様。
(その時は見逃した)

そして、最後にMaximo Park
彼らのライブは、05年のフジロックで観たことはあるのだが、とにかくこちらもヴォーカル(およびキーボード)のパフォーマンスが強烈に脳裏に刻み込まれている。

彼らはいつも、綺麗な格好(スーツとか)で出てくるのだが、演奏の途中、ヴォーカルのポール・スミスが、ジャケットを脱ぎ捨て、その曲の終了後、またそのジャケットを拾って着始めたので、「着るんかい!」とつっこんだ覚えがある。
さらには、袖が裏表になっていて、うまく着れず、途中で諦め、また捨てたので「で、やめるんかい!」とさらに突っ込んだ記憶あり。。

彼らに形容詞を贈るとしたら「ダサかっこいい」ではないだろうか。
(M氏は、「いや、単に『ダサい』でしょ」と言っていたが・・)

そんな彼らだが、今年4月にニューアルバムもリリースされるようで、こちらでの人気も上々である。
今回ヴォーカルは帽子をかぶって登場。
Maximo Park 1Maximo Park 2

相変わらずの全力投球パフォーマンスで客を沸かせてくれた彼ら。
今回のセットリストは、古い曲半分、新しい曲半分。
そして、新しい曲は当然アルバム発売前なので、客は知らない。(歌ってるやつもいたが・・)

そのギャップがあまりにも大きくて笑えた。
古い曲は皆知ってるので、前奏が始まった瞬間皆大騒ぎ、そして合唱。
新しい曲は腕組んで静かに見てるか、写真タイム*笑
分かりやすい・・・

自分もご多分に漏れず、古い曲は大分聴いたので、ノリまくり。
久々にライブで汗を流したような気がする。
そして、隣の人の汗が気持ち悪い、空気が汗で湿気てるというライブならではの経験もできた。(これはあまりしたくないけど)

新しい曲の方も、知らなかっただけで、そんなに悪くないと思うし、ニューアルバム発売後だったら、もっと盛り上がってたのではないだろうか。
(5月にまたライブやるみたいなので、その時はもっと盛り上がるだろう)

Listening to "We Are Little Barrie" by Little Barrie
B0009H97DK

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
関連記事

Comment

Hanna says... "ライブいきたーい。"
Hot Club De Paris たまたまDLしたら、結構私のタイプでした!
名前がいいかなーと。
あとHOTCHIPSってしってます?そちらも結構すき。。。
(HOTつながりなだけですが)
2007.02.25 22:20 | URL | #- [edit]
fumirock says... "No Subject"
おぉ、そうっすか。それは良かった!
そういう声が聴けると、こちらとしてもうれしいっす。
レポ書くの結構労力いるので*笑
Hot Chips、知ってますよー。ライブは行ったことないっすけど。
確か去年すげーはやった曲あるよね?名前忘れたけど。。
2007.03.01 22:40 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/248-3c90e3bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。