Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターンシップの面接結果・・・

最近めまぐるしく色々な事が起きているので、書く事は山ほどあるのだが、とりあえず一つずつ。

今週の火曜日、4月から始める予定のインターンシップの面接に行ってきた。
場所はゾーン3というちょっと中心から離れた田舎。
緑が多くて、オフィスは色んな企業が集まった綺麗でこじゃれた空間。
なかなかいい感じの働くには快適そうな場所だったが、いかんせん遠い。金かかる。周りに何もない。。

指定された朝11時少し前に受付へ。
少し待つと、女性(黒人の気さくなおばちゃん)がやってきて、部屋へ通される。
軽く雑談し、ざっと自分のCVに目を通す。
そして、その後の会話。

面接官:「この会社にどういう経験を求めてアプライしたの?

自分(心の中):「んなもん、知らんがな。エージェントが適当にアプライしたんであって、正直な話、面接行けって言われたからここに来ただけっす。

自分(実際):「実際のこちらのIT企業の職場を経験して、どんな感じでこっちの人が働いているのかを観たいと思っています。

面接官:「多分、ここであなたが得られるものは何もないと思うけど?

自分:「・・・

実は、ここへ来る前から、そんな気はしていた。
分かっていたことだが、この会社、IT企業ではない。

エージェントから送られてきた資料のジョブ・タイトル欄には「Administration and IT system assistant」と書いてあり、その会社のWebで軽く調べた結果、なんとなく仕事内容は想像できたのだが、とりあえず、まずは話を聞いてみないと分からないと思い、面接を受けたという経緯がある。

そして、その後、その人から軽く説明を受けたのだが、要約するとだいたいこんな感じ。

「この会社でITの仕事と言っても、PCのセッティングとかビデオ・チャットのセッティングとかその程度の簡単な仕事しかないよ。

もしそれでも働きたいというのであれば、うちは歓迎するけど、あなたの経歴からして、きっとあなたはすぐに退屈するだろうし、ここでは英語以外、あなたにとって得られるものは何もないと思う。

あなたのエージェントはきっとその辺りを理解していないのよ。

この会社より、もっとテレコム系とかソフトウェア系の会社にアプライしてみたら?○△×とか■×○とか・・」



その通り!あんたもやっぱり、そう思う!?

ただ、なんとなく、ここへ来る前に思っていたことをずばりと言われ、妙に納得してしまった。
それと同時に、エージェントに対して腹が立ってきた。

ええ加減な仕事しやがって。。

そのエージェントには400ポンドも払っているのに、これである。
ここで仕方ないと思って、この仕事を受け入れてしまうこともできたのだが(それはそれで色々と得るものはあったとは思うが)、これですんなり終わってしまうのもなんだか負けた感がして、いやだったので、とりあえず、その場は「エージェントともう一度相談してみる」と言って、出てきた。

10分。

1時間近くかけて来たのに、面接はたったの10分で終了。
そしてまた1時間かけて帰らなければならない。
しかもゾーン3なので、定期の範囲外。
なんだかなぁ。。

というわけで、帰って速攻エージェントに結果報告を兼ねて、クレームに近い(ただし、あくまで柔らかく)メールを書いた。

イギリス人だし、どうせ適当に仕事して、ちょっとITって書いてあったから、どんな仕事なのかも確認もせず、とりあえず決めたって感じなんだろうことは想像がつく。
(今までの経験に基づく独断と偏見による想像)

ただ、こちらも留学前に申し込んでいたため、どこまで要求できるのかが分からず、そこまで詳しい意図は伝えてなかったということもある。
というか、説明には、希望する分野を3つ選んで、後はどこいっても文句言えないと書いてあり、詳しいこちらの意図を伝える手段がなかった。

なので、向こうがこちらの意向を把握していないのも、まぁ仕方ないかという気もしなくはない。

しかし、イギリスに来て、「言ってなんぼ、言わなきゃ損(というか何もやってくれない)」的な感覚が身についてきて(そういう意味で関西人、特におばちゃんは国際感覚あるんでないかと)、「とりあえず伝えれることは伝えたれ!」ということで、遅ればせながらこちらの意向を伝えた次第である。

今思えば、最初にこれをやっておくべきだったと反省。
まぁ、こうやって、ちゃんと言っても、なかなか響かないのがまたイギリスなのだが、まずは向こうのリアクションを待ってみよう。

ちなみに、そのメールに対するレスポンスは、、、


今のところない*笑

Listening to "Sam's Town" by The Killers
B000GY729M

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
関連記事

Comment

マミコ says... "No Subject"
え。。。
そんなエージェント使ってるの?お金払って?ありえん。
経歴が合うかはわからんが、Michael Pageとか、Robert Waltersとかメジャーどころを使ってみれば?

http://www.michaelpage.com/
http://www.robertwalters.com/en-gb/default.do
2007.02.23 06:42 | URL | #gJOb/blU [edit]
じゃむ says... "No Subject"
お久しぶりな、じゃむですが。
2回風邪引きかけて効き始めに踏ん張って回復し、
インフルが流行りつつある日本で流行に乗っかったっぽいアタイ。
なんか時々時目も痒いから花粉症かな?
今も喉の奥が痛くてタバコもまずいし。
常に上半身がカーッと熱いので多分熱あるけど測りません。
数字見たら落ち込むから。
体には気をつけましょー!!


タイトル通り、日々奮闘してるねー。
その黒人のおばちゃん、なんかええ人やな。
君は出来る人なんやから、こんなトコに来たらあかんで!
て言ってるみたい。



2007.02.24 04:21 | URL | #- [edit]
fumirock says... "No Subject"
>マミコ
いやぁ、留学前は、学校付属のエージェントを使うってことしか頭になかったのでね。今となってみれば、日系の無料のエージェント使ってやった方が確実に、そして早くできたんかもしれんが、まぁそれも経験。
教えてもらったサイト、チェックしてみるねー!情報サンクス!!

>じゃむ
大丈夫かいな、そんな状態で。。
まずタバコやめるべし。(経験者は語る)

一時期遊んでるだけじゃないの?と見られてもおかしくない時期もあったが、最近はちゃんと?奮闘しとります。
人生、波はあるね。それにうまく乗らないと。
2007.02.24 15:15 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/247-4c348a17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。