Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョブ・インタビュー実況中継!結果やいかに?

以前の日記「そして時は(急激に)動き出した。この先どうなる??」に書いた通り、昨日、アルバイトではなく、フルタイムのジョブ・インタビューに行ってきた。

前日夜中3時過ぎまで英文の回答を作成(結局Q.30で力尽きた)し、万全とは言えぬ体制で臨んだ。
プリンタがないため、ワードで書いた文章を手で書き写し、行きの電車でもチェック。
少々時間より着いたため、近くの公園のベンチで待機。
直前に撮った眼前の景色はこちら。
St. Paul

こちらにはスーツはおろか、フォーマルなシャツやパンツすら持ってきていなかったため、相方の友達にスーツ一式を借りた。
ネクタイを締めるのは半年以上ぶりだったが、一発で決まった。ちょっと感動。

時間になり、会社へ乗り込む。
受付を済ませ、ロビーで待っていると日本人の女性が現れる。

とりあえず、日本人か。

と、ちょっと一安心。
で、早速部屋へ通され、まずは事務的な話を聞く。
その最中に「いくら欲しいですか?」とあまりにも単刀直入な質問に言葉が詰まってしまった。
いきなり給料の話が出てくるとは思わなかったので、「以前の年収をベースに考えて頂ければ・・」と答えるのがやっと。。

その後、英国人1人と日本人1人のSEが登場し、その会社の製品の説明が始まる。
Webをちょろっとチェックしただけだったので、知らないの前提で話を進めてくれるのはありがたい。
説明の間に、軽く質問を入れてみる。ジェネラルな話により、ITに関する質問の方が予備知識がある分やりやすい。

製品説明が終わると、「じゃあ、とりあえず自分について軽く英語で説明して頂けますか?」とのこと。
とりあえず、つたない英語でしゃべる。。

その後、「じゃあ、今度は日本語で結構ですので、職歴について簡単に説明してもらえますか?」と言われる。

うぅ、やはり英語はダメだったか・・・

実はその英国人もある程度は日本語が理解できるようで、とりあえず日本語で説明。
最後には「もし、採用が決まった場合、その後も英語の勉強を続けていく必要があると思いますが、どういった感じで勉強される予定ですか?」と、あくまで自分の英語が問題であるかのような質問。。うーむ。。。
結局、英語をしゃべったのはこの時だけだった。。

事前に聞いた話では、日本人CEO1人+英国人エンジニア3人という話だったのだが、実際は全く違っていたので拍子抜け。
がんばって、英語の回答準備したのになぁ。。

その後、今度は日本人のCEOがやってきて、1対1で面接。
この人、いかにもトップみたいな感じの気さくで豪快な人で、なかなかおもしろそうな人だった。
自分が以前勤めていた会社にも知り合いがいたらしく、「いやぁ、○○さんとは仲良くしててねぇ」とか、さらにこの会社とも取引はあるらしい。

やはりこの業界は狭い。

どちらかと言うと世間話みたいな感じで終わったのだが、もちろんその中には人間性を評価するという意味合いが含まれていたのだろう。
小さい会社であるため、このCEOの鶴の一声で全てが決まってしまいそうな感じではある。

結局、面接はこれでお終い。
課題は言うまでもなく英語。
望みが全くないわけでもないが、やはり英語に難ありの印象を与えたのは確かだろう。
他の候補者で、自分と同等レベルのスキルの人がいれば、恐らく持っていかれるに違いない。

結果報告は来週。
どうなることやら・・・

Listening to "Chronicles of a Bohemian Teenager" by Get Cape. Wear Cape. Fly.
B000H30938

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

関連記事

Comment

Mai says... "No Subject"
うわーいオツカレサマ。
こっちの面接ってさ、事前に聞いた話と全然違うこと、よくある気がする。面接は日本人です、と言われてそのつもりで行ったら、いきなりイギリス人出てきて英語でぶぁーっと金融の話されたときはマジ涙出そうだった。

私もまだまだ就活中。月曜に面接のハシゴします。あれこれ条件に文句つけてるうちに、無職の期間が長くなってきたし、そろそろ決めたいなぁー。がんばりましょう、お互い。
2007.02.16 15:55 | URL | #- [edit]
Hanna says... "わお!"
おっ!すごい展開ですね。尊敬です。
結果はどうであれ、自分でインプットをたくさんするのってすごいいい経験だとおもいます。すべてが英語の勉強になりますし。
私もがんばってさがしてみよう、なにか・・・・。
労働ビザが本当にほしくなってきた今日この頃です。。。
ぜったい私たちのほうがコストパフォーマンスが高いとおもうのですが。
2007.02.16 19:12 | URL | #- [edit]
クライストチャーチウォーカー says... "はじめまして"
こんにちわ 

読ませていただきました

イギリスでも履歴書のことCVっていうんでしょうか?

私ももうすぐ仕事探さないといけないので同じような状況になりそうですw

私はニュージーランドについての

ブログ書いています

よかったら見てください

クライストチャーチの今~ニュージーランド~
http://christchurch-nz.blogspot.com/
2007.02.17 10:54 | URL | #mQop/nM. [edit]
fumirock says... "No Subject"
>Mai
そうそう、話違うじゃねーか!ってのが結構ある気がする。
なんで、そうなるのか。。
今日面接のハシゴ?健闘を祈る!!
そして、自分も明日・・・

>Hanna
尊敬には値しないと思いますが(笑)、とりあえず経験にはなりますね。
色々と。
労働ビザはやっぱりどっかの会社がサポートしてくんないと、結構厳しいみたいですね。あとはお金か。。
そしてコストパフォーマンスは、確実に日本人の方が良いかと・・

>クライストチャーチウォーカーさん
はじめまして&コメントありがとうございます。
こちらでは履歴書はCVですね。
クライストチャーチウォーカーさんも就職活動とのことですが、お互い良い結果が出るよう、がんばりましょう。
ニュージーランド・ブログ、今度じっくり読ませて頂きますね~
2007.02.19 10:42 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/242-30006251
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。