Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブ(1/29, Album Chart Show[The Feeling, FallOut Boy,The Klaxons, Lady Sovereign])@KOKO

昨日(1/29)、FOPPと同じく毎度おなじみのThe Album Chart Showの収録に行ってきた。

で、今回の収録では以下のバンドが出演。

The Feeling
FallOut Boy
The Klaxons
Lady Sovereign



会場へ入ると、毎度おなじみの拍手の練習。
と、思いきや、どうやらイタリアでもこの番組が放映されるらしく、モデルみたいな女性の人がしゃべっていたのだが、それ用の歓声のようだ。
真下にいけば確実にスカートの中が見えたと思うのだが、端っこにいたので、そこまでがんばって行く元気はなかった。
ACSイタリア

この日は、その他にも以前に撮ったバンドの紹介コメントの撮り直しがかなりあり、その度に拍手せねばならず、かなりうんざり・・・
Bloc PartyとかMagic Numbersとか今日いないじゃん・・
(まぁ、タダで見に来てるわけだし、ちっとは協力せねばならんのだが)
司会のジョー君もNG連発するし・・
ACSジョー

この日のトップバッターは、FallOut Boy
実績から言って、この面子で一発目に出てくるようなバンドではないのだが、実は彼ら、この日他の場所で自分達のライブがあり、そのため、最初に出てきて、2曲やってすぐに帰ってしまったのである。

といいつつ、例によってまともに彼らの曲は聴いたことがないのだが・・
そして、実際に聴いてみて、自分が思っていたイメージとは違った。

自分としては名前から(勝手に)ダンス・ミュージックなのかと想像していたのだが、蓋を開ければ、これまたどうしてヘヴィーなロック(パンク?)・バンドではないか。
しかも、頭の振り方は、メタル。
しかも、たまにギターやベースがくるくる回ったりと、かなり動きは激しい。
FallOut Boy1FallOut Boy2

そして、全て終わって分かったのだが、このバンドが一番まともだった・・・

お次は、The Klaxons
今巷で騒がれているバンドで、この度デビューアルバムをリリースした勢いのあるバンド。
客の反応もかなりよく、恐らくこの日一番盛り上がっていたのではないだろうか。
音的にはダンス系のロックバンドといったところか。
The Klaxons

しかし、実際に聴いていて、ぴんとくるものがなかった。
客は物凄く盛り上がっていたのだが、これでそこまでノレるか?と疑問符がつく。まぁ日常聴いているものと、初聴きの差なのかもしれないが、そこまで良いとは感じなかった。

3番目は、Lady Sovereign
4組中、唯一名前を知らなかった(曲を知っているかどうかは別として)のだが、女性のヒップホップ・シンガーだった。
彼女はまだ19歳と若いのだが、ドスの効いた声によるラップ、それでいて若さを前面に出した勢いがあった。
Lady Sovereign

どうやら、彼女はJay-Zによって発掘されたらしく、ヒップホップ界では新進気鋭の若手アーティストのようだ。

しかし・・・

ヒップホップは自分の中で苦手分野に入るため、あまりのれなかった。
というか、会場全体が(一部を除き)、「誰だ、こいつ?」てな感じで、どちらかというと、ぼーっと眺めている様子だった。
当の本人はそれを気にする様子もなく、ガンガンノリノリで、客を煽る。
(もちろん客はついてきていない)
若いってすごい。

ちなみに、彼女は1曲撮り直ししたのだが、終いには近くにいた客が「ファッ○・オフ!!」と叫ぶ始末・・・
見ていて、ちょっと痛々しいライブだった。。

最後はThe Feeling
名前は結構売れているので知っていたが、彼らも観るのはもちろん初めて。
爽やかに登場し、爽やかに挨拶、そして爽やかに歌いだす。
The Feeling

まぁ、売れているだけあって、曲や歌は悪くないと思うのだが、演奏が進むにつれ、ある一つのことが気になって仕方がなかった。

それは・・

彼ら(特にヴォーカル)は明らかにナル(シスト)。。

なんというか、こう動きすぎ?手回し過ぎ?
そして回り過ぎ?(FallOut Boy以上)
それでもって、その動きが、ナル・・・

相方曰く、「フランツ以上」。
自分としては、顔といい、動きといい、ナルっぷりといい、俊ちゃん(田原俊彦)(古い)を思い出してしまった・・・

ラストに至っては、過剰な程に動き周り、いきなり、おまえはエビか!と言いたくなるような高速バック。おかげで、その時動画を撮っていたのだが、いきなりそんなことするもんだから、あえなくフレームアウト
(写真左:元の位置、写真右:1秒後)
The Feeling2The Feeling3

ここまでくると、半分ギャグ。
CDだけ聴いているのと、ライブ観るのでは、かなり印象が違うかも、このバンド。
そして、観なけりゃよかったかも・・

そんなこんなで、今回の収録、正直不完全燃焼。
相方に至っては半分寝てたし。。

話によると、なんと今回の収録でシーズン2?は最後とのこと。
もしかすると、また4月くらいから新しいシーズンが始まるらしいのだが、せっかく、おいしいイベント見つけたと思っていたのにがっくし。
しかも、最後がこんなんだし・・・

とにかく、また新シーズンが始まることを祈るのみ。
そして、司会のジョー君がクビにならないことを祈る。

Listening to "Simpatico" by The Charlatans UK
B000F2CC68


以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ ニンキブログ ブログランキングサイト
関連記事

Comment

yossi says... "No Subject"
>真下にいけば確実にスカートの中が見えたと思うのだが、端っこにいたので、そこまでがんばって行く元気はなかった。

この日一番の頑張りどころだYO!
でもまぁ、もし行ってたらマルにアホって言われるね。。。
2007.01.31 03:53 | URL | #- [edit]
くま says... "No Subject"
The Klaxonsみたんだー。いいなぁ。
いま人気あるらしーよねー。
そして、The Feeling!
辛口ですなぁー笑。
嫌いじゃないけど☆
そしてこの日も相方さんは寝る~。。ww

2007.01.31 04:55 | URL | #I4t1ZHtI [edit]
nori says... "see you soon"
2/16~18位で本気でロンドン行きますので、よろしくお願いいたします!!!詳細はメールしまっさ。一番の心配は、英語しゃべれるかどうかやな。テニス仲間の西洋人に英語しゃべろうとしても、中国語が口をついてしまう今日この頃。。。
2007.01.31 05:21 | URL | #- [edit]
fumirock says... "No Subject"
>yossi
あ、やっぱりここっすか?
この日はいまいちノリ切れなかったんだけど、最初にがんばっとくべきでした。

>くま
Klaxonsはかなり人気あるみたいだけど、3曲聴いただけでは、あまり良さが分からなかったよ。客はかなり盛り上がってたけど・・
Feelingは、いや自分も曲は嫌いではないんだけど、動きが気になって、まともに聴けなかった*笑

>nori
ういっす。お待ちしております。
日程FIXしたら、早めにおせーて頂けるとありがたいっす。
ちなみにロンドンでは英語必要ないです*笑
さらにSOHO行けば、中国語で問題なし!
2007.01.31 23:34 | URL | #- [edit]
くろねこ says... "はじめまして"
最近このブログを発見したくろねこと申します。
4月から一年イギリス留学するので参考にさせて頂いてます。
falloutboy,lady sovはCD持ってて結構好きなので羨ましい限りです。
klaxonsも気になってるので羨ましいです。無料ライブ行きたいっす…
2007.02.01 15:40 | URL | #- [edit]
fumirock says... "No Subject"
>くろねこさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
4月から留学ですか。このブログがくろねこさんの留学準備に役立てばうれしいです。
ちなみに左のカテゴリから辿ると、分かりやすいと思います。

場所にもよりますが、イギリスは音楽好きにはたまらない環境です。
特にロンドン。常にアンテナを張り巡らせておけば、無料ライブにもかなり行けますよ。
2007.02.04 17:32 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/225-0729c4d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。