Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行記(ヴェネツィア編)

既に1ヶ月近く経過しているが、年末年始のイタリア旅行の回顧録。
まずはヴェネツィア(ヴェニス)。

ヴェネツィアに滞在したのは、12/29-30の1泊のみ。
しかしやはり理想的には、50歳以上ぐらいの(リッチな)熟年になってから、春か初夏に訪れ、5日間ぐらいはゆっくりと過ごす、というのがヴェネツィアじゃないかと思われる。
雰囲気はそんな感じだ。(どんな感じだ?)

しかし、そこは007シリーズに何回も登場し、最新のカジノ・ロワイヤルにも登場した場所。
ミーハーにならないわけがない。
というわけで、いかにもな写真を撮りまくる。その一部がこちら。
ベネツィア1ベネツィア2ベネツィア4ベネツィア5ベネツィア6

ヴァポレット(水上のバスみたいなの)の先頭を占領しては、きょろきょろとあたりを見回し、奴ら(ボンドとボンドガール)が乗っていたのはあれか!?うわっ、あの貸しきりタクシー(船)に乗ってる人たちゴージャスすぎる・・・金持ちか!?あーこの風景みたことあるような気がするなぁ、ってな感じで、つい浮かれてしまった。

しかし寒かった。パリよりはましだったが、さすがにゴンドラ(下の写真のようなベネツィア名物の手漕ぎボート)に乗る気にはなれなかった。。
ベネツィア3

それと、1泊だけだったが、この時の宿はパリとヴェネツィア&フィレンツェ&ローマあわせた中(友人宅のモデナは除外)でベスト1。最高によかった。
ベネツィアとローマは高めと聞いてたのだが、がんばって80ユーロ(2人)のB&Bを探しだした。
サンタ・ルチア駅(中心の駅)近くには、もっと安いのもあったが、どうせ泊まるなら運河沿いがいい・・・80ならまぁありか・・・というような感じで決定。部屋は清潔なダブルルームで、天井がかわいい感じ。
ベネツィア7

最もアメージングだったのが、シャワー。なんとシャワーセットに腰掛けると頭用、肩用、足用、全身用、と各部分からシャワーが出てくるという豪華仕様。なんとなくマッサージ効果もありそうな・・・・(気のせいか・・・)水の出も申し分なし。(あぁ、イギリス・・)
おまけに清潔できれいだし、壁の色もかわいい。うーん、最高っす。
ベネツィア8

あと、これ。
ベネツィア9
イタリアに行くと、必ずトイレの横にある謎の設備。
後日イタリア友人フランチェスコに聞いてみたところ、どうやら用を足した後におしりを洗う場所のようだ。「イタリア人は綺麗好きだから(そうか?)、紙だけじゃなくて、水でちゃんと洗うんだよ」と教えてくれた。

朝は海を臨む部屋でゆっくりと朝食。イタリアでは、朝食に甘い(味のついた)パンやビスケットを食べるようだ。それと濃い濃いエスプレッソ
イタリアでは、コーヒーと言えばエスプレッソ。それまでほとんどエスプレッソなんか飲んだことはなかったのだが(量少ないし)、飲んでみると、なかなかいけますな。旅行中は幾度となくエスプレッソを飲んだ。
(というか、イタリアにはブラック・コーヒーがなく、悪戦苦闘したが、結局諦めたという方が正しい)

この日は霧がすごくてあまり遠くを見れなかったが(2時間だけ晴れたので、その隙にヴァポレットに乗って写真を撮りまくった)、これもまた雰囲気があって、なかなか。しかし、寒かった・・・
写真は霧に埋もれるサン・マルコ寺院の鐘楼
ベネツィア10

ご飯は言うまでもなくどれもこれもうまい。生ハムメロンはメロンが生ハムに埋もれてどこかわかんない・・・ワインとばっちりで最高。。
今回の旅行中に食べた中でも、間違いなく上位に食い込む一品。

写真は、生ハムメロンマルガリータカルボナーララヴィオリ
うぅ、よだれが・・・
生ハムメロンマルガリータカルボナーララヴィオリ

それと、ヴェネツィアは、道が狭く入り組んでいるため、かなり分かりにくい。
(地図があっても)
ヴァポレットの24時間券が、帰る1時間ちょい前に切れたので、歩いて駅まで行くことにしたら、これがまた大変。

迷路やアスレチックが(なぜか)大好きな相方は、かなり楽しんでいたようだが、地図がないと迷うことは確実。まるで巨大迷路。
細い路地には、こじんまりとしたお店が続いたり、小さな運河沿いを歩いたりと、まさにヴェネツィアを探索してるという感じの散歩だった。
(暗くて寒かったけど・・)

今回は1泊2日とかなり短期間だったのと、寒くて霧でほとんど風景が見えなかったのが残念だったが、それでもかなり満喫できた。
今度は是非暖かい季節にゆっくりと滞在したい。

モデナ・ボローニャ編へ続く・・・

Listening to "The Back Room" by Editors
B000EDWL82

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ ニンキブログ ブログランキングサイト

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/224-51c1650c
ヴェネツィアについて-魅惑の世界遺産
ヴェネツィアヴェネツィア市(伊:Comune di Venezia)は、イタリアの北東部に位置するコムーネで、ヴェネト州の州都、ヴェネツィア県の県庁所在地である。中世にはヴェネツィア共和国の首都として盛えた都市で、「水の都」として有名である。.wikilis{font-size:10px;color
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。