Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の正月とロンドンとパリのクリスマス

今日パリから帰国。ロンドン暖かい!!
死ぬほど寒かったパリに比べると、かなり暖かく感じてしまった。(ただ単にこの日気温が高かっただけ?)

ウォータールーでチューブに乗り換えようとすると、チューブへと続くエスカレータが動いていない。そして、その前には以下のような張り紙。

すんまそん、今日動いてないっす

色々書いてあったが、自分の目にはこう映った。
くそー、ロンドン相変わらずやる気ねぇなぁ。。
パリはクリスマスでさえ動いてたぞ!!

どうやら一部の駅のみクローズしているようだが、よりによってユーロスターの発着駅がクローズしているとは。。
ロンドンに入ってくる外国人への嫌がらせとしか思えない!

昨日の日記でも書いたように、こちらのクリスマスを理解するためには、日本の正月を思い浮かべれば分かりやすい

最近ではそうでもないが、基本的に日本では元旦は一部を除き、ほとんどのお店が閉まる
こちらではクリスマス(12/25)がそれに相当し、一部を除き、全てクローズ
最近ではクリスマスでも開けている店が増えてきているようだが、それでも日本の正月に比べるとまだまだ。

それにしてもロンドンはひどい。
ロンドンではクリスマスの日(12/25)はチューブもバスも完全にストップしてしまう。
そりゃ店開けても客入らんわなぁ、というか従業員自体が職場に行けないし・・

クリスマス・イヴというベストなタイミングでロンドン入りした相方ご両親&弟夫婦はというと、開いている店を探す気力もなく、クリスマス・ディナーはカップラーメンだったそうだ。。(放置プレーで申し訳ありません)

パリはというと、地下鉄は全部動いていたし、店もぼちぼち開いていた。おかげでフォアグラ、オイスター(相方は食べれないので、自分のみ)等の豪勢なディナーを食べることができた。(これについては別途)
というか、パリではさすがに食事がおいしいので、これでもかというほどレストランにお金を落としてきた。毎日にように・・

で、今日(12/26)ボクシング・デー
もちろん、殴り合いのボクシングとは関係ないのだが、だいたい、この日までクローズしている店が多い。日本でいうところの、正月三が日の三日目である。

しかし、最近は改善されつつあり、結構開けている店もあるようだ。
ロンドンでも、この日はチューブ(一部ストップ)もバスも走っており、24Hナイトバスもちゃんと走っているようだ。

ロンドンでは、この日(12/26)を境に、ほとんどのデパートや店等でセールがスタートする。
日本で言うところの、新春初売り特別セールみたいな感じのやつだ。
今日バスで帰ってくる途中に、オックスフォード・ストリートを通ってきたのだが、ほとんどの店で、50%オフのセールをやっていた。
そして、相方がすごく行きたそうだった。(そして明日行くことになるだろう)
HMVもセールをやっていたので、自分としてはそっちのセールに行きたい。

フランスから帰国後、ウォータールーから、相方ご両親&弟夫婦のホテルへ直行し、レストランで食事をし、明日からツアコン生活が待っているので、フランスについては後ほど。

そういえば、フランスで会った日本の友達と、相方ご両親から大量の「つまみ」を頂いた。非常感謝。
(日本にいた時でもこんなに大量のつまみが家にあったことはない)
つまみ


パブのお供に、是非活用させて頂こう。

そして、最後にもう一つ。
パリ滞在中、以下のようなメールを母がよこしてきた。

「今、フランスかな?テレビを見ていると何と、フランスの放送があっていて、Xmas限定のおいしいジャムが有るみたいですよ。とても美味しそうですよ。もし買えたら、買ってくれる?」



そんなもん分かるかい!!

Listening to "Yours to Keep" by Jr. Albert Hammond
B000IFRXW0

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ ニンキブログ ブログランキングサイト
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/203-121be783
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。