Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブ(1990s、その他)@Barfly

昨日、1990sというグラスゴー出身のライブを観てきた。
場所は、カムデン(Camden)にあるBarflyという小さなクラブ。

今回はチケット買わずに行ったのだが、なんと9ポンドも取られてしまった。Webでは7ポンドと書いてあったのに・・・
次回からはWebでゲットしてから行くことにしよう。

中へ入ると、小汚いスペースとバーカウンターがある。しかも寒い。
こっちのライブに行ってよく思うのだが、建物の中が寒い。建物が古いのか、エアコンがないのか、恐らく両方だと思うのだが、とにかく寒い。

まずはビールを1杯。
ライブはどこでやるのかと探索してみると、どうやら2Fにあるようだ。
しかしまだ人が2,3人しかいなかった。。
しかも狭い。恐らく今までで一番狭いハコではないだろうか。
100人も入れば、いっぱいになってしまいそうなスペースしかない。

しばしビールを飲みながら待っていると1組目のバンドが演奏開始。
1組目は、Mr Hudson & The Libraryという5人組のバンド。
しかし、演奏スペースがえらく狭いため、すごく窮屈そうだ。恐らくほとんど動けないんじゃ?という感じ。

音的にはなかなか良い。
ジミヘンを意識しているであろうアフロが、でかいグラサン落としそうになりながら弾くキーボードがいい感じ。
ドラムは普通のやつと違い電子音で音を出すタイプのやつ。コツッ、コツッとちょっと物足りない感じだったが、まぁ音楽的に激しい感じでもないので、まぁよし。
黒人の女性が一人メンバーとして入っているが、この人の声がなかなかスパイスを効かせている。

しかし

ほとんど目の前(1,2メートルの距離)で観ていたのだが、前でノリまくっているやつの動きが不愉快極まりない。
その場でおとなしくノッていればいいものの、時折バックしてきて、ぶつかってきたりする。しかも気にする様子もなし。
動きも変で、顔も変で、とにかくイケてない。頼むから消えてくれ。

2組目は、Kubichek!という4人組のバンド。
そして、彼らの歌が非常にヘタクソ。聴くに耐えないとはこのことだろう。
ヴィジュアル的にもイケてない彼ら(ギターとヴォーカルは腹が出ているし、顔も・・・、ベースはフランツ意識しすぎ)だが、歌を歌うヴォーカルとベースの両方が致命的に下手であるため、聴いていて辛い・・
まだ、ノリのよい音ガンガンな感じの曲の時は聴けるのだが、ちょっとテンポが遅くなると・・・
彼らの音楽はライブではなく、CDで聴いた方がよいと思う。

[061211追記]
日本にいた時に買った以下のレーベルのコンピCDにKubichek!が入っていて、自分のiPodの中に入っていたことに後で気付いた。
40GB近く入っている自分のiPod、もはや中身を把握できず・・・
What We All Want
Various Artists
B000F2C8LW



このままの流れでライブが終わってしまうと、一人9ポンドも払ったかいがなくなる。
頼むぞ、1990s!!!

といいつつ、彼らの音もまともに聴いたことがなく、どっかのサイトで名前が挙がっていたので、とりあえず来てみました的なノリだったため、相方に「次は、大丈夫?」と聞かれ、「う、うん、多分・・・」とあやふやな返事しかできず。

そして、1990sのセットアップが始まる。
なんとドラムがど真ん中に配置されているではないか。両脇にマイク。ということは3ピースか?(そんなことも知らなかった)

ドラムの彼は笑顔が素敵なメガネ。
しかし、かなり神経質のようで、ドラムやマイクの位置をかなり入念に調整。
ギターとベースは、チェックのいけてない服を身にまとい、ちょっと年取ってそうな感じ。いくつなんだ??

そして演奏が始まる。
いいじゃないですか!前のバンドの反動もありそうだが、ノレる曲も多数。
曲がキャッチーなのでノリやすい。
1990s

ドラムを叩きながら歌う真ん中の彼は、1曲目でメガネを落とし、後はずっとメガネなしで演奏。メガネファンはがっくしだったかもしれない。
ギターの方は、途中何度もぎゅいーーーんとノイズを出す時に使うバーみたいなやつを落としていて、それがすごい気になった。
ベースも一度音が出なくなるというアクシデントで途中ストップ。
とまぁ、そんなことはどうでもいいのだが、最後はきっちりやってくれたので、結果的には満足。うん、よかった。

ハコが小さくて間近で見れたのがよかった。
また来よう。

Listening to "The Dark Third" by Pure Reason Revolution
B000EXZHAG

fc2_blog_ranking2←よろしければクリックをお願いします。
blog_ranking←よろしければこちらもクリックをお願いします。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/191-e9add750
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。