Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクトーバーフェスト

ドレスデンから電車で約7時間(乗り継ぎ2回)、ついにミュンヘンに到着。
2年ぶりのミュンヘン、そしてオクトーバーフェストである。

といっても、2年しか経っていないため、何かが変わっているわけでもなく、目新しいものは何もない。
しかも、2年前に、一通り観光を済ませているため、特に観光する気もなく、到着後、ホテルにチェックインし、すぐにオクトーバーフェストへ向かう。
本当に、ただビールを飲みに来ただけと言っても、決して言いすぎではない。というか、そのままである。

で、今回のオクトーバーフェスト。
はっきり言って、行く時期を間違えた。
どこへ行っても人、人、人。
Oktoberfest3
挙句の果てには、予約なしではテントに入れないという。

まじっすか!!!

この日は、オクトーバーフェスト開催期間中の2週目の週末。しかも時間は19時。まさにストライクど真ん中という感じである。
2年前は、正確に覚えていないが、恐らく平日、しかも昼間に行っていたので、そんなに混んでいる印象もなく、予約なしにテントに入れたので、今回も「まぁ、なんとかなるやろう」と高を括っていた。
まさか、これほどとは・・・

しかし、ここまで来ておいて、ビール1杯も飲まずに帰るわけにはいかない。そんなのアホすぎる。
というわけで、テントがダメならと、外のビアガーデンで空いてる席を必死に探す。
しかし、外も人、人、人。

勘弁してくれ・・・

1時間ほど探し回った後、ちょうど人が席を立つ場面に遭遇。
即、その場へ行き、席を確保。ふぅ。
行ったことのある人は分かると思うが、牛(豚?)がぐるぐる回っているテントの外である。
Oktoberfest1

さっそく、ビールを注文。当然1リットルサイズで、しかも普通のビールよりアルコール度数が高い。即酔っ払える優れもののビールだ。
お値段、2つで15ポンド。まぁ量を考えると妥当な値段か。
Oktoberfest2

ビール到着と共に、同じテーブルに座っていた他の人と乾杯。
もちろん、掛け声は「Prost」である。

同じ席に座っていた人は、ほとんどがドイツ人、後はオーストリア人が数人。
そのうちの一人は、そこから歩いて5分のところに住んでいるという。
なんてうらやましいんだ!!!

ドイツでは、英語がなかなか通じなくて、Devonにいた時に仲良しだったドイツ人の女の子からもらった独英辞典を駆使しなければならなかったのだが、幸いそこに座っていた人達は英語もしゃべれる様子。
こういう時、英語が多少なりともしゃべれるとすごく便利。(本当に多少なりともだが)
恐らく、これがもし英語もしゃべれない、友達もいない、周りは酔っ払いという完璧アウェーだったならば、楽しくないことこの上ないはずである。

というわけで、自分、相方、それぞれビール2杯(つまり、2リットル)飲み干す間に色々と楽しく話すことができた。
最後に、連絡先を聞くのを忘れるという痛恨のミスを犯した以外は、本当に楽しく過ごすことができた。
いやぁ、ビールは偉大ですな。ビール万歳!!

ただ、本当はここで語学学校で知り合った友達2人と会う予定だったのだが、結局会えず終い。友達は予約してちゃっかりテントに入っていたのだが、こっちはこっちで盛り上がってしまったので、最後まで会えなかった。残念だが、仕方あるまい。また来年がある!!(行くんかい)

最後は酔っ払ってしまい、疲れも手伝って、歩きながら眠りそうになっていたのを、相方になんとか引っ張ってホテルまで連れて帰ってもらった。(かたじけない)
ただ、眠りそうになりながらも、しっかりTシャツはゲット。大満足の一日だった。

最後に一つだけ疑問。
飲んでる時に、たまに、The White Stripesの「Seven Nation Army」の出だしを大合唱している人たちがいた。
その次の日、フランクフルト駅で、同じフレーズを口ずさんでいる人がいた。
なぜ???TVのCMとかで使われているのか?
すごく気になるので、知ってる人がいたら教えてください。

Listening to "Black Holes & Revelations" by Muse
(このアルバムいいっす)

fc2_blog_ranking2←よろしければクリックをお願いします。
blog_ranking←よろしければこちらもクリックをお願いします。

関連記事

Comment

大蛇 says... "Seven Nation Army"
イタリアでは
ワールドカップ期間中
もう一つの応援歌・国歌であるかのように
流行ってて
優勝凱旋時も広場に集まった人達の間で
大合唱されてたから
その影響じゃないでしょうか?

なぜ今頃って感じですけど、
スタジアムではキラーズも流れてたし。
アメリカン・ロックが人気なのかな?
逆に聞きたいくらいです。
2006.10.03 10:32 | URL | #- [edit]
fumirock says... "No Subject"
おぉ、貴重な情報ありがとうございます。
なるほど、そんなことがあったんですね。
大蛇さんの情報を基に、ネットで調べていたところ、Wikipediaにも同じようなことが書かれていました。
さらに、ドイツでベスト・ロック・ソング賞を受賞したということも書かれており、どうやらこの辺りも関係してそうです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Seven_Nation_Army

大蛇さんのおかげでかなりすっきりしました。
ありがとうございます。
2006.10.07 11:51 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/149-9f0ac420
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。