Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ旅行(ライアンエア、ジャーマンレイルパス)

先週オクトーバーフェストに行ってきたわけだが、今回初めてライアンエア(Ryanair)という格安航空会社と、ドイツ鉄道乗り放題のジャーマンレイルパスを使ったので、イギリスからドイツに旅行する場合、だいたいどのくらいかかるのかを簡単にまとめてみたい。
(今回の旅行でいくら使ったのかを自分に知らしめるためにも)

まずは、ロンドンの自分の家から、最初の目的地までの道のりを簡単にまとめてみる。

AM3:40 家を出る
AM3:59 Stansted空港行きのバス出発(Finchley Roadバス停)
    →料金:往復2人分32ポンド(違う日でも使える)
AM5:00 Stansted空港着
AM7:20 Frankfurt行きの飛行機出発
    →料金:往復2人分64.92ポンド(Tax,Fee全込)

(以降ドイツ時間、時差+1時間)

AM9:50 Frankfurt Hahn空港着
AM10:15 Frankfurt(Main)中央駅行きのバス出発
    →料金:片道2人分24ユーロ(往復は24H以内のみ)
AM12:00 Frankfurt(Main)中央駅着
AM13:21 Dresden行き列車出発
    →料金:ジャーマンレイルパス5日間2人分270ユーロ
AM17:48 Dresden中央駅着



こうやって書き出していくだけでも、疲れてきそうな長い移動である。
今回は、ライアンエア(Ryanair)の片道1ペンス格安航空券を使った。
1ペンス(1ポンド/100)というと、ほとんどタダ同然である。

ただし、それに空港税や荷物の手数料、その他手数料を加えていくと、上記の通り、最終的には往復2人分で64.92ポンドとなる。
まぁ、これでも安いのだが、これに加えて、ライアンエア等の格安航空会社を使った場合、マニアックな空港を使うハメになる。

というわけで、そこから街に出るまでの料金も計算に入れる必要がある。
今回、ロンドンではStansted空港から出発したのだが、家の近くのバス停(Finchley Road)から、空港までのバス代が往復二人分で32ポンド。高い!!
さらに、フランクフルトでは、さらにマニアックな本当に何もないようなFrankfurt Hahn空港に到着。
Frankfurt Hahn Airport
ここから、メインのフランクフルト駅までのバス代が片道二人分で24ユーロ、往復で48ユーロである。むぅ。。

足していくと、結構な値段になってくる。
2006年9月27日現在のレート(1 EUR = 0.670948 GBP)で計算すると、以下のようになる。
(単位はポンド、全て往復二人分、ただしジャーマンレイルパス除く)

航空券:64.92
バス(Finchley Roadバス停 <-> Stansted空港):32
バス(Frankfurt Hahn空港 <-> Frankfurt(Main)中央駅):32.21(32.205504)
ジャーマンレイルパス(5日間、ツイン、2等):181.16(181.15596)
-----------------------------------------
合計:310.29



日本円に換算(1 GBP = 221.700 JPY)すると、約68791円となる。
なんだか高いのか安いのかよく分からなくなってきた。。


で、今回、フランクフルト→ドレスデン→ミュンヘン→フランクフルトと回る予定だったので、ジャーマンレイルパス(German Rail Pass)という列車乗り放題チケットを購入。

ただ、このチケットがこれまたややこしいので、少しだけ解説。
(ただし、これは2006年9月時点での情報で、このシステムはちょくちょくルールが変わっているらしく、これは参考程度に留めて、必ず各自確認してください)

これは、事前にドイツ国外で購入した場合、4日間~10日間が選べるようだが、ドイツの駅で直接購入する場合(パスポート要)、5日間と10日間だけしか選べない。

今回4日間の旅なので、5日間のチケットを購入。
さらに、二人分を買うと、二人目の料金が半額になるというツインパス、当然2等車チケットである。(これでも十分。ICEはかなりきれいで快適)

ここで、教えてもらって初めて分かったのだが、このチケット、5日間というのは、1ヶ月以内という制限はあるものの、連続である必要はないらしい。
つまり、飛び飛びでも列車に乗る日が5日ならば、5日間チケットでいける。

例えば、10日間の旅行で、移動日(列車に乗る日)がそのうち5日間だけならば、わざわざ10日間チケットを買う必要はないのだ。
使う直前に、チケットに使用日を書き込んで置き、後は事前予約も必要なし。直接列車に乗って、係りの人が回ってきたら、チケットとパスポートを見せるだけでよい。(パスポートはほとんど見ないが)
ICE、IC、EC等の特急料金も含まれているので、これらの列車にも乗り放題だ。(そんなに何度も乗りたくないけど)

ちなみに、ドイツの都市部には、SバーンとUバーンという2種類の鉄道が走っているが、Sバーンはジャーマンレイルパスが使えるので、覚えておくとかなりお得。(長距離だけでなく、街でも乗り放題)

今回は3日間分だけしか使用しなかったため、後2日分使用できるのだが、そのためにドイツに行くのもなんだかなぁである。
このことを知っておけば、もうちょっと長期で行ってたのに。。
もったいないことをした。

Listening to "BEST" by Gontiti

fc2_blog_ranking2←よろしければクリックをお願いします。
blog_ranking←よろしければこちらもクリックをお願いします。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/147-dfbe6b4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。