Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Goodbye Paignton

今朝、ペイントンを離れ、ロンドンに移動した。
朝早いのに、皆起きてきてくれて、最後は、ホストファミリーとホストメイト全員が玄関まで見送りにきてくれた。
特にホストマザーと別れの言葉を交わした時には、思わず涙がこぼれそうになった。
ホストメイトであるスペイン人ともかれこれ2ヵ月半くらい一緒に生活していたので、涙腺緩みまくりである。

ホストファザーがバス停まで車で送ってくれて、バス停でホストファザーともここでお別れ。
ちょうどそこへ相方も到着。
二人して重い荷物をバスへ押し込み、乗り込む。

ついにここを離れる時がきた。
イギリスで最初に訪れた街、そして生活した場所。
恐らく一生忘れないだろう。

はっきり言って、ティーンネイジャーには退屈な街だと思う。
なにせ、遊ぶ場所がほとんどない。
映画館が一件、後はパブにディスコ。
実際、学校のほとんどの生徒は、同じパブへ行っていた。
ここへ行けば、誰かと会える。素晴らしい。
つまらない街と人は言うけれど、自分はこの街が好きだ。

バスが海沿いを走る。
朝日が水面に反射して、とてもきれいだ。
ここでなぜか涙が溢れ出した。
何かが自分の中ではじけた。

幸い真っ黒なサングラスをしていたので、相方にはばれていない。(ここに書いた時点でばれてしまうのだが)
いろんなことが走馬灯のように自分の中を駆け巡る。
ここでは様々な国の人に出会った。
そして、色んなことを学んだ。
国が違えば文化も当然違う。色んなカルチャーショックはあるが、それがまたおもしろい。
ただし、結局は皆人間であり、根本のところではそうたいして変わらないなと感じた。これもまたおもしろい。

これは日本の中にいては、恐らく経験できなかったことではないかと思う。
これと同じ事を、高校を卒業して九州から関西へ出た時、大学を出て関西から関東へ移った時にも感じた。
外から眺めてるのと、中へ飛び込んで実際に触れてみるのとではかなりの違いがある。
それを感じるたびに、「あぁ来て良かった」と思う。

これからロンドン生活が始まる。
ペイントンと違い、ロンドンは様々な遊び道具がそこら辺に転がっている街だ。
特にロック好きにはたまらない街である。恐らく飽きることはあるまい。

それと正反対の性格を持つペイントン。
海岸沿いののんびりとしたリゾート地。特別なことは何もない。
毎日のように同じパブへ行き、仲間とくだらない話をする。
そんな人生も悪くない。

fc2_blog_ranking2←よろしければクリックをお願いします。
blog_ranking←よろしければこちらもクリックをお願いします。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/141-668bba05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。