Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エディンバラ旅行(エディンバラ初日)

エディンバラ旅行(エディンバラ初日)」の続き。

エディンバラに到着したのが、21時20分頃。
予定では19時55分着だったので、およそ1時間半の遅れ。
空港まで迎えに来ていた相方は待ちぼうけである。

到着ゲートを出ると、相方と合流。
この日、相方の友達とパブで合流する予定だったので、急いでバスに乗り込み、市内へ。
なんでも、相方の友達のスペイン人が次の日スペインに帰るらしく、今日が最後のチャンスらしい。
長旅で疲れていたが、こういう理由であれば、行くべしである。

パブに着いたのが22時半。
終バスが23時15分ということで、残り30分強。慌しい。
パブは、フランケンシュタインをモチーフにしたお店らしく、12時にはフランケンが登場するらしい。
よく分からんが、こちらでは結構有名なお店のようだ。(一部ピンボケしてます)
フランケンシュタインパブ3フランケンシュタインパブ1フランケンシュタインパブ2

パブで出迎えてくれたのは、スペイン人2人(♀と♂)、スイス人(♀)、ベルギー人(♂)の4人。
どうやら、いつもよく(ほぼ毎日)飲んでいる面子らしい。
とりあえず、一人一人挨拶。
もちろんヨーロピアンな挨拶である。女性には2Kiss、男性には握手。
さらには、スペイン人には事前学習してきた、スペイン語による自己紹介。完璧である。

フランス人の一件(「初体験!欧米式挨拶」参照)から、ほぼ1週間。
なぜか、それから何回かその機会があったため、もう慣れたものである。
恐らく、極めて自然にできていたのではないかと思う。(自己採点)

で、しばらくしゃべっていたのだが、ふと一つのことに気付いた。
相方の友達のスペイン人が、自分のステイメイトのスペイン人としゃべり方がそっくりなのである。
顔の表情やジェスチャーまでまったく一緒。思わず笑ってしまった。
聞くと、どうやら同じバレンシア出身らしいのだが、それにしても似ている。
思わず兄弟かと思ってしまったくらいだ。

少ししか時間がなかったので、すぐにタイムオーバー。
終バスへかけこみ、相方のホストハウスに到着したのが、0時過ぎ。
いやはや、ハードな一日だった。

To be continued...

fc2_blog_ranking2←よろしければクリックをお願いします。
blog_ranking←よろしければこちらもクリックをお願いします。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/125-599053c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。