Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全てはつながっている

最近、旅行記ばかり書いていたので、久しぶりに勉強のことについて触れようと思う。
数えてみると今週で8週間目に突入。
段々今が何週目かが分からなくなってきつつある。

この状態になると、時間が加速度的に過ぎていく。
しかし、こうやって日記を書いて、振り返ってみると、ある程度今の自分の立ち位置を確認することができる。
たまにはブログも役に立つ。

ちなみに毎週恒例だったクラス構成は以下。


先週から引き続き
日本1人、韓国2人、スイス1人、チェコ2人、フランス1人
新人
チェコ1人、ドイツ1人、スイス1人、オーストリア1人



午後はこんな感じ。


先週から引き続き
日本1人、韓国2人、スイス1人、チェコ1人、フランス1人
新人
スイス1人



相変わらず午前のクラスは人数超過気味。
午後のクラスもこうやってリストアップしていくと、そんなに少ないとは言えないのだが、午前に比べると少なく感じてしまう。
人間の感覚がいかにいい加減なものかがよく分かる。

ちなみに、先週まで同じクラスだった韓国人とイタリア人が一つ上のクラスに上がったため、このクラスではいつの間にか自分が年長者(歳じゃなくて滞在期間で)になってしまった。
いつまでも新入社員気分でいたら、いつの間にか後輩が入ってきて、「もっとしっかりせねば!」と心を改めた時と同じ気分がした。

ただ、今日の授業を聞いていて気付いたのだが、大分英語がクリアに聞こえるようになってきた気がする。
先生が変わった影響もあるかもしれない。(前の先生はかなり早口だったので)

あと、少し心に余裕が出てきたせいもあるのかもしれない。
昨日のディナー時に英語学習についての議論になり(しばしばこういう話題になる)、重要なのは心に余裕を持つことだ(つまりリラックスすることだ)と言っていた。
あまり勉強勉強と意気込むより、精神的に余裕を持った方が、より英語力が伸びるとのこと。
このことが少し関係してるのかなと思った。

相方と以前話していたのだが、全ての事象はつながっている気がする。
一つ一つを見ると、点と点なのだが、もっと引いて考えてみると(地図の縮尺を上げるように)、実はそれが線だった(もしくは線に見えてくる)ということが結構ある。
そして、それが見えてくると、人生もより楽しくなってくるような気がしなくもない。(どっちやねん)

で、これは村上春樹が「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」あたりから表現しようとしている世界に通じるものがあるような気がする。
そういえば、「海辺のカフカ」を読んだ時も同じようなことを考えていたな。。

と最近考えたりしている。
これを英語で語れるようになれれば、尚良いのだが。


話を元に戻すと、リスニングは大分強化されたが、スピーキングの方は全然。
ボキャブラリが不足しているのと、やはり練習量が足りないのだろう。
結局、英語の習得に近道なんてものはなく、やった分だけ伸びるということが実証されたんじゃないかと思っている。

というわけで、少しパブへ行く回数を増やそうかなと思っている今日この頃。

fc2_blog_ranking2←よろしければクリックをお願いします。
blog_ranking←よろしければこちらもクリックをお願いします。
関連記事

Comment

yossying says... ""
>少しパブへ行く回数を増やそうかなと思っている今日この頃。

誰に対する言い訳かしらん??ププッ
2006.08.16 02:50 | URL | #- [edit]
fumirock says... ""
いやいやいや、言い分けなんてしてないっすよ。(汗)
2006.08.16 12:55 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/119-91a1a528
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。