Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜のNewquay

Unleashed Music Festival」の続き。

ニューキーの市街地へ着いたのが、夜の12時頃
別れる前の話では、バラクーダというディスコにいると言っていたので、とりあえずその場所に行ってみる。
辺りは、夜遊び大好きな若者でいっぱい。
合流すべく中へ入ろうとすると、なんと入場料10ポンド!!
ぼったくりもいいとこだ。

これで中に入って二人がいなかったら、アホみたいなので、まずは電話をかけてみる。
が、つながらない・・
何回もコールしてみるが、やはりつながらない。

さて、困った。
車をどこに駐車したかも知らないし、車のカギも持っていない。
一か八か、お金を払ってディスコへ入るのもリスクが高すぎる。

というわけで、近くにあったバーガーキングに入る。
が、椅子とテーブルのある場所はシャッターが下りており、レジの前のスペースしか開いていない。
しかし、おなかが減っていたので、とりあえずチーズバーガーとコーラを頼み、店内の角に座り、韓国人と二人、ハンバーガーを食べる。

と、そこへスペイン人とフランケンシュタイナーが店内に入ってきた。
どうやら彼らはかなり酔っ払っている模様。
一言しゃべっただけで、「こらあかんわ」と思った。
どうりで電話に出ないわけだ。

彼らも腹が減ったらしく、ハンバーガーを買って、外へ出る。
その辺りに座り、ハンバーガーにむしゃぶりつく二人。
ゴミはその辺りに放り投げる。。(皆その辺りにゴミを捨てるので、辺り一面ゴミだらけ)

後で聞いた話だが、二人でウォッカのボトルを1本開けたらしい。しかも1時間ほどで。
そらこうなるわな。。

その後、またディスコに行くと言い出したので、結局お金を払って中へ。(なぜか6ポンドだった)
中は、まさにディスコと言う感じで、ガンガンに音楽がかかっている。
自分と韓国人がドリンクを買ってる隙に、すでに二人は踊っていた。
やれやれ。

しかし、すでにピークを過ぎて、燃え尽きそうなため、踊りも幾分疲れ気味。
しばらくして店を出ると、またもや二人の足はバーガーキングへ。
どうやら、だいぶおなかが減っているらしい。

バーガーキングでは閉店寸前でハンバーガーの投売りをしている。
しかも需要が供給を上回り、オークション状態。
いくら出すからくれ!とかなんとか。むちゃくちゃだ。

二人はなんとかハンバーガーを手に入れ、またもやむしゃぶりついていた。
よく食うな、しかし。

ちなみに、その近くには変なトイレがあったので思わず写真を撮ってしまった。
このトイレ、普通に歩道に面したところにあり、4方向から用を足せるようになっている。
後ろからは丸見えであるため、昼間はとても使えそうにない。よくこんなもん作ったなとちょっと感心。
Newquayトイレ

4人とも大分疲れているため、車へ戻り、寝ることに。
時間は夜中の2時過ぎ。
狭くてとても快適とは言いがたいが、疲れのあまり、すぐに眠りにつく。

どのくらい時間が立ったのか覚えていないが、いきなりスペイン人が車のエンジンをかけ、動き始めた。
「どこに行くんだ?」と聞くと、なんと「疲れたし、家に帰る」との回答。

やれやれ・・・

自分もかなり疲れていたので、まぁいいやと思って、またそのままほっといて寝てしまった。
というわけで、お目当てのサーフィン世界大会を見る前に、帰るハメに。
自分と韓国人はミュージック・フェスに行ったからいいものの、後の二人は車でウォッカ1本開けて、ディスコ行っただけ。何しにきたんだおまえら。。
その後、他の人にニューキーの感想を聞かれて、「つまらん」と答えていたが、君らに感想を言う資格はない。

結局、家に着いたのは朝6時過ぎ。
まさに弾丸ツアーと呼ぶにふさわしい、なんとも、ハードな旅だった。

ニューキー編お終い

fc2_blog_ranking2←よろしければクリックをお願いします。
blog_ranking←よろしければこちらもクリックをお願いします。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/113-f5e7f472
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。