Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーチ@Newquay

Newquay弾丸ツアー」の続き。

途中軽く渋滞に巻き込まれつつ、なんとかニューキーに辿り着いたのが、16時過ぎ
まずは車を止める場所を探す。
お金をケチるために、有料の駐車場は避ける。
しかし、無料の駐車場があるわけはなく、路駐することに。

車を降り、クーラーボックスからビールを取り出し、乾杯しつつ、ビーチへ向かう。
10分ほど歩くと、段々ビーチに近づいてきた。
なかなか綺麗な場所だ。さすがに眺めは抜群である。心配した天気もとりあえずは晴れており、気持ちが良い。
Newquayビーチ1

ビーチ沿いには、たくさんの店がオープンしている。
Tシャツもいっぱい売ってあり、ちょっと惹かれるが、ここは我慢。
ビーチを覗いてみると、予想していたより人は少ない。
Newquayビーチ2

スペイン人が片っ端から、そこら辺の人に声をかけ、情報収集。
こういう時は、スペイン人のフレンドリーさが重宝する。
天賦の才能と言ってもいい。

また、必ずと言っていいほど、最後にどっから来たんだ?と聞かれる。
スペインと答えると、だいたい良いリアクションが返ってくる。
スペインという国はこっちの人にとってイメージは良いようだ。

関係ないが、今週からもう一人スペイン人がステイ先に加わったのだが、こっちのスペイン人もかなりフレンドリー。
いいね、スペイン。好感度アップ。

で、情報収集の結果、どうやら、サーフィンの大会は15時で終わったらしく、続きは明日の朝から始まるとのこと。
うーむ、残念。まぁ、明日あるからいいか。

ちなみに、出発前に、めちゃくちゃ人が多くて、酔っ払いの若者がたくさんいるから危険と、ママから忠告を受けていた。
そのため、かなりびびっていたのだが、ちょっと拍子抜け。
しかし、明日また大会が始まったら、人が増えるに違いない。
気をつけねば。。(へたれ)

さて、このRIP CURL BOARDMASTERSというフェスティバルだが、実はサーフィン大会以外にも、Unleashed Music Festivalというミュージック・フェスが同時開催されている。
一緒に来た韓国人は、どちらかというとミュージック・フェスティバル目当てで来ていた。
自分も興味あるにはあるが、チケットもないし、参加するアーティストもそこまでファンと言うわけではないので、機会があれば行ってもいいなというぐらにしか思っていなかった。

この韓国人もチケットを持っていなかったのだが、どうやらこのフェスの今日のヘッドライナーであるFeederのファンらしく、チケット売り場を捜し歩き、ついに見つけてきた。
チケット代は1日券で25ポンド。決して安くないが、そこまで高いというわけでもない。

ちょっと迷ったが、せっかくイギリスのフェスに行けるチャンスなので、行くことにした。
しかし、スペイン人とリヒテンシュタイナーは音楽にあまり興味ないらしく、それより街で飲んでたいということで、別行動を取ることに。

フェスは15時から始まっているので、既に2,3組は終わっているはず。
急がねばならない。

しかし、サーフィン大会が開催されているビーチとミュージック・フェスが開催されているビーチは結構離れており(歩いて30分程の距離)、そこに行くまで時間がかかるため、開催地まで車で送ってもらうことにする。
(ただ、スペイン人は飲む気満々なので、帰りは歩いて戻らなければならないが・・・)

こうして、思いがけず、イギリスのフェスに参加するチャンスが転がり込んできた。
少々お金はかかってしまったが、来年のグラストンベリーの予行演習と思えば安いもんだ。(言い訳)

To be continued...

fc2_blog_ranking2←よろしければクリックをお願いします。
blog_ranking←よろしければこちらもクリックをお願いします。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/111-f07bc56f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。