Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスの図書館

この街には、一つだけ図書館がある。(まぁ、当たり前か)

それで、先日勉強のため、本を借りようと図書館に行ってみた。
外観は、とてもきれいとは言えない、古ぼけた小さな建物。
子供の頃、家の近くにあった地域の公民館みたいな感じである。
ペイントン図書館

中に入ると、当たり前だが英語の本が並んでいる。
その他、インターネットができるPCが5台ほど置いてあるスペースや自習室らしき部屋もあるようだ。(入ってないけど)

建物の大きさからいって、本の量はそれほど多くない。
(隣町の図書館はもっと大きいらしい)
とりあえず、どんな本があるか物色。

こちらには文庫本というものがないのか、ほとんどがハードカバーか、持ち歩くのに不便そうな大きな本ばかり。
ただ、非ネイティブ向けの薄い本が少しだけ置いてある。
文字量も少なく、あまり難しい単語が使われていないので、練習には最適だ。

その後、色々物色していると、CDコーナーを発見。
何があるかと見てみると、ロックなCDばかり。
日本の図書館にもCDが置いてあったりするが、せいぜいクラシック止まりだろう。(知らないけど)

ちょっと感激。

うれしさのあまり、一つ一つチェック。
ボブディラン、ビートルズ等の古いアルバムもあるが、アークティックモンキーズ等の比較的最近のアルバムも揃っている。
自分のツボをつくアルバムがずらり。

分かってるねぇ~

日本にこんなのがあったら、TSUTAYAとか用無し(でもないけど)だなと思いつつ、何を借りようかと悩みまくる。

しかし、今現在の自分のiPodには、30GBオーバーの曲が入っているので、これ持ってたっけ?というグレーゾーンのアルバムが結構ある。
そのため、どのアルバムを持っていないかをチェックする必要があるのだが、この時はiPodを持っていなかったので、チェックできず、借りるのは次の機会にした。

ここで、同じステイ先の韓国人とばったり遭遇。
話を聞いてみると、どうやらここで本やCD、DVD(もある)を借りるには、図書カードを作る必要があるとのこと。
しかも、そのカードを作るにはパスポートと写真と学校が発行するレターが必要になるらしい。

ちっ。

というわけで、後日レターを学校に発行してもらったのだが、結局写真はいらなかった。
パスポートも出すには出したが、ちゃんと見てないし・・適当。。。

後で気付いたが、CDを借りる時には、1枚80ペンス支払う必要があるらしい。
タダじゃないのか・・・
ちょっとガックリだが、まぁ仕方なかろう。

日本の図書館にもこういうロックなCDとか置いて欲しいと思う今日この頃。
(結局まだCD借りてない・・)

今日の夕食


・ハンバーグ(×2)
・サラダ
・ポテト


今日の運動


・ジョギング(30分)


今日の体重(stones:pounds(lb))


9 : 12 (ディナー前に計ったし・・)


今日の英単語(文法編) by Macmillan


phrasal verb
- a combination of words that is used like a verb and consists of a verb and an adverb or preposition, for example give in or come up with.

関連記事

Comment

yossism says... ""
80Pなら日本のレンタルと同じくらい?
図書館にロックアルバムがあるのはすごいなぁ!
イギリスでのビートルズとかディランって、日本で言うと加山雄三とか谷村しんじみたいな感じなのだろうか・・・そしてアークティックモンキーズはKAT-TUN??(ちょっと違うか。。)
2006.07.29 01:01 | URL | #- [edit]
fumirock says... ""
そうそう、こんな小さな図書館でも、結構な数のロックアルバムが置いてあるので、もっと大きい図書館に行ったら・・・と期待しとります。

KAT-TUNって、どこの誰かよく知らないが、なんか違う気がする・・・
2006.08.02 12:50 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fumirockin.blog65.fc2.com/tb.php/101-0654b2fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。