Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wake up

今日、朝一でジムに行って、家帰ってきて、昼ごはん食べて、ソファーでうとうとしてると、遊ぶ気満々のGabyに「Wake up!!!」と言われた。

えっーーー?

ど、どこでそんな言葉覚えたんですか・・・?

とりあえず、「あと5分だけ・・」と返してみるものの、「Wake up!Wake up!」と連発。

結局、起こされた。。。


と、まぁそれだけなんだけど・・・

これで終わるのもあれなので、今日公園にGabyと行った時のことを。

イギリスは既に夏終了状態で、寒いなぁと思いつつ、適当に相手してたら、一人の男の子が、しきりに何か叫んでるのが聞こえてきて、なんて言ってるのかなと耳をすませてみると、「Hello!Who can be my friend!?」と、手当たり次第、その公園で遊んでいる子供達に叫んでいた。

友達いないのね・・・

親らしき人をふと見ると、携帯をいじくってほったらかし。

誰にも相手にされていない模様で、ちょっと可愛そうに思えてきたのだが、Gabyよりだいぶ年が上そうだったので、残念ながらお友達にはなってあげれず。
しばらく見ていると、粘ったかいがあって、一人の男の子がやっと相手をしてくれることになったらしい。

しかし。

この男の子、やたらえらそうで、自分で誘っておきながら、「俺の友達なら、俺についてこないといけないんだぜ!?」みたいな感じでグイグイいく。
相手をしてくれたお友達は、少し年上で、やれやれという顔で、ちらっと自分の親の顔を見つつも、ちゃんと相手をしてあげていた。ジェントルマンだ。。

しばらく、この二人のやり取りを見ていたのだが、えらそうな男の子が、「次は砂場だ!」と言って、砂場に走っていくと、ジェントルマンな男の子が「ごめん、砂場は行っちゃダメって言われてるんだ。あっちで遊ぼうよ」と言っているのが聞こえてきた。

ま、まじ!??

なんで聞き分けのいい子なんだ。。

Gabyにも是非それを教えてあげて欲しい。

と、ふとGabyを見ると、一人自分の世界に入って、砂場で遊んでいた*笑
Gaby砂場


(注)写真の後ろに映っている人達は、クリケットの試合を終えて帰り支度をしている方達。優雅。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Rage Against the Machine" by Rage Against the Machine
B0000028RR

スポンサーサイト

お留守番

また久々の日記。

今日は、相方がママ友の一人の送別会(旦那が転勤でイタリアに行くらしい)ということで、子供二人とお留守番。

基本的に寝かしつけは相方がやっているのだが、たまに上のGabyに「パパと寝ようか?」というと、「パパ、No!」と拒否される。。
下のRayも、最近いやいやな感じで一筋縄ではいかない。

んなわけで、かなり不安だったのだが、幸い、相方が出て行く前に、Rayを寝かしつけてくれ、Gabyはとりあえず、沈没するまで、ひたすら、遊ばせることに。
トトロ見せて、パズルやって、最近はまっているまるもりで躍らせ、またパズルやらせているうちに、とうとう限界きたのか、抱きついて、顔をうずめてきた。

しめしめ・・・

背中をとんとんとやっていると、あえなく沈没。

よし!

つうわけで、久々にブログを書いているわけである。



今日はTwitterでも書いたが、友達がナニーをやっているお宅へお邪魔してきた。
というのも、スペインから遊びに来ているジョワキン&ステフィが明日帰るというので、最後にランチ。

うちから車で40分くらい行った郊外で、金持ちと聞いていたので、さぞかし豪邸かと思っていたら、やっぱりそうだった*笑
家自体は外観がいまいちで、むちゃくちゃ広いというわけではなかったのだが、中はアンティークな家具などもあり、子供部屋はもうGabyには目に毒なぐらいおもちゃだらけで、ベッドなんか、横の幅が、うちのベッドの縦の長さぐらいあった*笑

そして、一番すごかったのは庭。

ここは公園?というぐらい、広く、特大のトランポリンまで完備。ちなみに奥にある林も敷地に含まれるらしい。
(下の写真は庭のほんの一部)
豪邸1

木のブランコ発見。しかし、なんぼ広いねん。。
豪邸2

ここに来る途中、迷いつつ、こんなところにゴルフ場もあるなぁと相方としゃべっていたのだが、後で聞くと、実はそれはよそ様の庭だったらしい。マジっすか。。

ランチはこんな感じ。あいにく車だったので、ワイン2杯ぐらいで留めておいた。
豪邸3


ちなみに、なぜよその家でこんな好き勝手できるかというと、その友達がナニーをやっていて、半分住み込みみたいな感じで子供の面倒を見ていて、かなりその家の人に信頼されているらしい。

で、実はその友達夫婦が最近家を買ったらしいのだが、例によって、チェーン(分からない人はこちら)が3つくらいあって(少ないほう)、その先でもめて、予定していた期日に間に合わず、今の家も既に引き払ってしまっていて、ホームレス状態のところ、この家に転がりこんだというわけである。

今日は家の人はホリデーで誰もいなかったのだが、そもそも、ナニーやっているとはいえ、部外者を残して、平気で旅行にでかけるというのが、信じられない。
というか、かなり信頼されていないと、無理でしょう。これは。

それとも、懐が深いのか。

まぁ、そんなことはどうでもいいが、でもいつかこんな家に住んで、思いっきりDIYを楽しみたいものですな。
(ちなみに、この家、近いうちに全部ぶっ壊して、一から建て直すらしい)


明日は相方のママ友宅へお邪魔し、BBQの予定。
今度は駐在宅で、他にも駐在ファミリーが参戦予定らしく、若干アウェー気味。
気を引き締めていくとしよう。


・・・と、ここでRayが泣き始めたので、寝かしつけへ。
腹が減ったのかと、粉ミルクを作り、あげてみるも、食いつき悪し。

伝家の宝刀、抱っこ紐でなんとか寝かしつけるも、1回目あえなく失敗。
腕の脱力具合も確認して、石橋を叩くようにしてやったにも関わらずである。
本当に最後のベッドに置くタイミング、そして置き方というのは難しい。

そして、苦労した挙句の失敗時の脱力感といったらハンパない。

例えていうなら、物凄く気合入れてブログを書いたのに、さぁ、アップロードするぞっていう時に、ブラウザがフリーズして、全て消えてしまったようなものである。(実際、何回か経験あり)

ブログだったら、もう今日はいいや、と言って、放り投げてしまうこともできるが、さすがに子供を放り出すわけにはいかない。(放り出したくなるけど)

というわけで、もう一度最初からやり直しなのだが、子供も眠たいのに寝れず、さらに機嫌が悪くなり、号泣され、1回目よりハードルが上がる。。

こっちが泣きたいわ!!

と文句も言えないので、もくもくと抱っこ紐で真っ暗な部屋の中をぐるぐる歩き回る。

で、やっとこ、先ほど寝かしつけに成功。


と、そこへ酔っ払いの相方が帰ってきた。
うるさいので、今日はここら辺にしておこう。

毎度グダグダですんません。それではごきげんよう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。