Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求人募集 イギリスで働けるシステムエンジニアいませんか?

突然ですが、今採用活動をしていて、日本語がしゃべれるシステム・エンジニアを募集しています。

既にイギリス(もしくはその周辺)在住、そしてイギリスで働く資格を持っていて、すぐにロンドンで働けるというのが条件です。
(学生やワーホリはNG)

日本で、5,6年、Webアプリケーションの開発(C#がメイン、Javaでも可)に携わった経験のある方が対象。
キーワードとしては、OOAD、SOA、DI、MVCあたりのコンセプトをしっかり理解されてる方。
テクノロジーとしては、ASP.NET MVC、Spring.NET、NHibernate、AJAX、WCFあたりの経験があればかなりポイント高いです。

もし、上記該当者で、興味のある方は左のメールフォームからコンタクトをお願いします。


最近、イギリスの外国人に対する労働条件の締め付けが厳しくなり、自分が就職した時より数段難しくなっているので、人探しもなかなか難しいんですよ。。


(追記)
このポジション、決まりましたので、クローズさせていただきます。

スポンサーサイト

Gabyのやきもち

相方とRayが家に帰ってきて、1日。(ちなみに、今日助産婦が家に来た)

どうもGabyの様子がおかしい。

これは明らかに、Rayに対するやきもち(嫉妬と書こうとしたのだが、こう書くとちょっとネチネチした感じでかわいくないので)のようだ。

今のところ、Rayのことを「ベイビー、ベイビー」と呼んで、一応よしよしとかやっているが、どこかおもしろくない表情。

特に相方がRayを抱きかかえてたり、授乳してたりすると、知らぬふりして、おもちゃで一人遊んだり、「パパ、パパ」と自分に(これみよがしに)近寄ってきたり。

今日の夕食の時なんか、それまで相方にご飯を食べさせてもらっていて、楽しそうに食べていたのに、Rayが泣いて、相方が授乳を始めた瞬間の寂しそうな表情がすごく印象的だった。

ご飯大好きなGabyが珍しく、ご飯いらんとばかりにご飯で遊び始めて、こりゃまずいとフォローに入るも、時既に遅し。エプロンを自分で剥ぎ取り、いすを降りて、おもちゃで遊び始める始末。

ちょっといかんなぁ。。

小声で相方に、「Gaby、すねてる!終わったら、相手してあげて」とフォローの要請。

父親と一緒に遊ぶことである程度気は晴れるだろうが、やはり母親を取られたというやきもちが一番の要因であるため、母親の愛情以外にこれを解決する方法はないと思われる。

まぁ、相方も手術からまだ3日しかたってないので、傷口も傷むし、あまり動けないのだが、ここはがんばってもらうしかない。

・Rayの授乳
・Gabyへのフォロー

これ以外は何もやらなくてよいので(というか自分が代わりにできない)、とりあえず今はこれに専念して欲しい。

ちなみに、肝心のRayは、ほぼ一日寝てる感じで、存在感まるでなし*笑
Gabyがそばでどんなに暴れて騒いでも、微動だにせず、ひたすら寝てる。授乳中も寝るし。。

Gabyのキャラが強すぎるのか、どこか影が薄く、たまに、あ、そういえばいたなとなることも*笑


もしや、草食系??

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Music For The Mozart Effect, Volume 3, Unlock the Creative Spirit" by Wolfgang Amadeus Mozart
B000006Q4G

Hello younger brother!

Twitterで速報流しましたが、昨日2週間以上早く、第2子が誕生しました。
たくさんのお祝いのメッセージ、ありがとうございます。

軽く経緯を説明すると、日曜の夕方くらいから、「なんか、陣痛っぽいかも・・」と相方。
予定日は今月25日だったので、「どうせ、また前駆陣痛じゃね?」的なノリで、普通に過ごし、Gabyと共にベッドに入る。

ただ、この時、Gabyは既に、ただならぬ空気を察知して、「ママ、ママ」と泣きながら眠りに入った。

で、自分もそろそろ深い眠りに入ろうかというところで、相方に「病院行く、準備して」とたたき起こされる。どうも、本気で陣痛が来たらしい。

問題はGaby。
さすがに病院に連れて行くわけにはいかないので、事前にお願いしておいた、相方のママ友宅へ連絡を取り、夜の12時くらいにGabyを預け、その足で病院に直行。

Gabyはというと、夜中に車に乗せられ、どこかへ向かっているのに気付き、目が覚めた様子。
ママ友宅へ到着した時は、かなり不安な顔で今にも泣きそうな顔だった。
仲の良い友達のママだったので、まだかろうじて耐えていたが。(家を出た直後、泣き声が聞こえた)

ちなみに、後でテキストで知らせてもらったが、結局夜中2時頃まで好きなアニメ(Peppa pig)のDVDを観て、眠りに落ちたらしい。この辺はさすがに心得ている。
遅くまで面倒見てもらった、このママ友にはほんとに感謝。

で、ところ変わって、病院。
前回も夜通しだったので、「またかよ・・」という気持ちもなくはなかったが、仕方ないので、がんばる。
(で、結局前回と同じく徹夜・・)
いや、もちろん、相方の方ががんばってたし、当然のことながら感謝しとります。

出産に至るまでの過程は長いので省略するが、結論から言うと、約12時間かかり、前回と同じく帝王切開。今回はいけると思ったんだけどなぁ。。まぁ仕方ない。ヴィクトリア・ベッカムも全員帝王切開で産んでるし。(向こうはあらかじめ予定してたと思うが)

で、月曜のお昼に生まれた第2子は男の子。
名前はまだ最終確定していないが、ミドルネームは決定済み。

その名は・・・

レイモンドRaymond、愛称はレイRay))

である。

別に誰から取ったというわけではないが、図書館で借りてきた、こっちの名づけ本をAからZまで流して、よさげな名前をピックアップし、ファーストとの愛称と響きでこの名前に決定。
(あと、細かい理由がいくつかあるにはある)

ちなみに、村上春樹のお気に入り作家であるレイモンド・カーヴァーレイモンド・チャンドラーと同名というのも、どこか知的な印象を連想させ、Good(多分)。

長女がGabrielaで、次、男ときたら、Rodrigoでしょうという意見もあるのだが、さすがに、ラテン過ぎるなと思い、断念。


で、今日、Gabyと一緒に相方とRayの待つ病院へお見舞いに行った。
当然、GabyはRayの存在を知らず、「ママ、ママ」とうきうき顔で向かう。

そして、病室のカーテンを開いた瞬間、目に飛び込んできたのは・・・

Rayを抱っこした、愛しいママの姿。。

その瞬間、Gabyの顔からふっと笑顔が消える。

え?誰???」というGabyの心の声が聞こえてきた。

戸惑いつつも、「ベイビー、ベイビー」と指差し、恐る恐るRayに触るGaby。
まぁ、そらそうやわなという感じだが、かなり複雑な心境のようだ。

最後帰る頃までには、大分なれたようだが、どこかママを取られた感じで、「ママなんか、いなくても平気だもんねぇ」とすねた様子で、病室を出て、他の場所へ行きたがるGaby。
帰り大変かなぁと思っていたのだが、「帰るよ」と声をかけると、意外にも「バイバーイ」とあっさり退散。

絶対、すねてるな、コイツ。。

その夜、寝かしつけていると、「ママー、ママー」と泣いていた。素直じゃないなぁ、まったく*笑
まぁ、そこがかわいいというのもあるが、こうやって人は成長していくのだろうか、とちょっと考えたりもした。

姉弟、これから仲良くやっておくれ。


ちなみに、相方は明日退院予定。
前回は2日だったので、1日延びたけど、それでも3日だもんな。2回とも帝王切開なのに。
さすがイギリス。


あと、全然関係ないが、今日の夕方、晩御飯の支度中テレビを見せていたら、いきなり号泣しながら、「こわいー、こわいー」とテレビを指差し、後ずさりしていた。
何だ何だ?と思ってみてみると、女性の格好をしたピンク色の服をきた男性が何やらしゃべっていた。
(注:子供向けの番組です)

まぁ、確かに、ある意味怖いけど、Gabyにとっては純粋に怖かったんだろうな*笑
つか、子供向け番組で、そんなキャラ出すなよ。。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Freewheelin Bob Dylan (Reis)" by Bob Dylan
B00026WU64

陣痛??

今朝、いつものように朝早く起きて会社に行く支度をしていると、相方が「もしかしたら陣痛かも・・・」とポツリ。

ま、ま、ま、まじ???

予定日は2月25日なので、約1ヶ月早い。

さすがにまだ心の準備ができていなかったので、焦る。

というか、二人目ということで、かなり緊張感がなく、「そういや、もうそろそろだなぁ」とか、そういうノリだったので、入院準備すらままならない状態。

来週末に相方のご両親が渡英し、サポートに来てくれることになっているのだが、今この状態で陣痛来られても困る!!

Gabyを病院に連れていくわけにもいかんし、かといって、夜中に陣痛来た場合、誰か知り合いたたき起こして預けていくというわけにもいかんし。。

と、そんなことを考えつつ、まだ陣痛かどうかも微妙な状態だったので、とりあえずやばそうだったら電話して、ということで会社へ出社。

結局、今日は何も起こらなかったのだが、おなかが張りやすい状態は続いているらしく、いつ来るとも限らない。


おなかの中の子よ、頼む、もう少しこらえてくれ!!

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "無音"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。