Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急展開!イギリス4度目の引越??

フラット・ネタ、第3弾。

(過去記事)
あー腹が立つ!!
いやな予感・・・

展開がめまぐるしく変わり、もはや、わけが分からない状態になってきた*笑

前回の記事で書いた通り、このフラット全体の管理人であるマイクが大家にメールで事情を説明し、早く直すようにお願いしたところ、その後、すぐに大家から電話がかかってきた。(ナイジェリアから)

で、電話に出ると、なぜか烈火のごとく怒っている模様。

???

いきなり早口でまくし立てられ、半分以上、何を言っているのか分からなかったのだが、どうやら、大家的に、第3者をこの問題に巻き込んだのが許せなかったらしい。

私たちだって、これまで色々やってきたし、今回もイースターに行って、直すと言っているのに、あなたたちのやり方はアンフェアだわ!とりあえず、私たちがやるから、それまで何もしないで!!

君たち、これまでに何してくれたの??
まさに、「逆ギレ」。言いがかりもいいところである。
もはや、話し合うだけ無駄のようだ。


とりあえず、マイクに電話し、「なんか、大家が怒ってるんだけど?」と話すと、「Hmm, interesting.」と言う予想外の返し*笑
マイク的には「そんなに、怒らせるようなこと書いてないけどなぁ。」と心外な様子。
確かに、後で転送してもらったメールを見ても、かなり紳士的に、全うなことしか書いておらず、理解不能である。

マイクによると、その大家は、このフラットの管理費もろくに支払っておらず、マイクら、管理委員会(みたいなところ?)が既に何回も訴えているらしく、「○○(逆ギレしている奥さんの方)も旦那も全く信用できないよ」とばっさり切り捨てた。

えー、旦那の方もですかー

今回の対応を見てて、旦那の方はちっとはマシかなぁと思っていたのに。。

なんか、(このフラット)もう出ていこうかなぁとか考えてるんだけど」とポロリとこぼすと、「あ、それなら、隣の住人、今度引っ越すらしいから、もしかしたら入れるかもよ?話聞いてみたら?」と思わぬ情報が!


電話を切ったすぐ後、早速隣のドアをノックし、事情を説明し、もめてることを伝えると、「I know」と一言。

情報伝わるの早っ!!*笑

どうも、マイクが既に今回のメールのやり取りを隣の住人にも転送していたらしい。

まぁ、知ってるのなら話が早い。早速話を聞いてみると、どうやら家を買って、今手続き中らしく、5月には入れるようになるから、そのタイミングで入って欲しいとのこと。

まだマーケットには出しておらず、向こうもわざわざエージェントを通して余計な手数料とか払いたくないし、もし条件さえ合えば、是非入って欲しいとのこと。

その日は遅かったので、じゃあ、明日(今日のこと)また話し合おうということで終わった。


で、今日、部屋を案内してもらい、一通り見せてもらった後、お茶をご馳走になりながら、話してきた。

彼らは南アフリカ出身のドクターで、4年位前にこのフラットを購入したのだが、半年前に子供が生まれ、そろそろ手狭になってきたから(うち的には十分なんですけど・・)、近くに家を買って、引っ越すことにしたらしい。

部屋の中もきれいに手入れされており、入った時はトラブルだらけでかなり酷い状態だったけど、かなりお金をかけて直したとのこと。(後でうちのトラブル状況も気になるから(隣で水漏れしているから)見たいといわれ、見せて説明したら、「あーうちらが入った時と全く一緒だね。でも、それほど酷くなさそう」と安心していた)

で、そんなひどい状態になったフラットをそのまま放置しておけるその神経が理解不能とこぼしていた。

確かに。


隣の彼らはイギリス人ではないが、だいたいイギリス人はすごく家を大事にする。DIYという言葉があるように、彼らは自分の手で手間隙かけて、家のメンテをし、よりよくしていく。

愛着があるというのもあるだろうが、それよりも、そうした方が、資産価値が上がることを知っているからである。ちなみに、相方の知り合いのママ友の旦那がイギリス人なのだが、彼は自分の手で家をパワーアップさせ、買ったときの倍の値段で売ることに成功したらしい。
(ちなみに、イギリスには安い家をオークションで買って、自分でリフォームして、高くマーケットに出すという番組があるが、見てておもしろいし、結構勉強になる。)

日本にはあまりこういう概念がないと思うのだが、それは家の造り(木造)が関係していると思われ、基本的に土地付でない場合、年数が経てば経つほど、資産としての価値はかなり下がってしまうため、あまりこういう発想は出てこないのではないかと思う。

一方、イギリスでは、基本的に石やレンガ造りなので、古くなっても、内装を作り直せば生き返るというのが大きい。(地区200年くらいの家がそこらへんにごろごろ転がってるし、普通に人が住んでる。ちなみに、自分らがロンドンで最初に住んだ家もビクトリア様式のものすごく古い建物だった。)
だいたい、最初、皆、フラットからスタートして、手狭になってきたら、それを売却して、今よりも大きいところへ引越し、最終的には、庭付きの一軒家へと移っていく。

だから、彼らは今住んでいる家を大事にするし、他人に貸している部屋も資産価値を下げないために、ちゃんとメンテする人が多いのだと思う。
なので、今、自分たちが住んでいるフラットの大家のような対応を見ていると、信じられないのである。


と、話が若干それてしまったが、彼ら的には、早くて来週にも、新しい家の契約が完了するので、それからすぐにマーケットに今のフラットを出したいらしく、なるべく早く結論を出して欲しいとのこと。

彼らが提示した条件は、今の家賃よりかなり高いのだが、今の場所は気に入っているので、また探さなくていいこと、引越しが楽なこと、大家がすぐ近くに住んでいること、などを考慮すると、迷うところである。

何よりも、既に大家と顔見知りだし、信頼できそうであるということが一番大きい。(不動産経由で探すと、ここを見極めるのが一番難しいし、決める前に会って話す機会が必ずしもあるとは限らない)

あと、相方的には、食器洗浄機があるのもかなりポイントが高いらしい*笑


あとは、今の契約が7月頭までなので、それより早く終わらせることができるかどうかである。
これは、明日、ボランティアのソリシターがいる以下の場所に相談しに行く予定。

Wandsworth and Merton Law Centre


日本への一時帰国まであと3日*笑

なんで、こんな直前に・・・という感じだが、なるべくすっきりした気持ちで旅立ちたい。

依然として課題は山積みだが、とりあえず、やるだけやってみよう。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Glastonbury 2010 Spotify Playlist" by Glasto.biz

スポンサーサイト

いやな予感・・・

前回のフラット・ネタの続き。

その後、大家から、「じゃあ、水漏れとタイル張替え代、立て替えて、次の家賃から引いといて」と申し出があり、確認のため不動産に電話すると、前回900ポンドと言っていたのに、なぜか1150ポンドに値上がり。

おまえ、絶対抜いてるだろ!!!


と、まぁそれはおいといて(最終的にうちらが払うわけじゃないので)、1150ポンドだと、1か月分の家賃を超えてしまうため、「残り、どうすんの?」と不動産に聞くと、「じゃあ、それは大家に請求する」と言う。

いや、だから、前払いじゃないとエンジニアが動かないから、うちらが立て替えてるんであって、また大家に請求したら、その分払ってくれるまで、結局待たないといけないじゃん!!

すると、「こっちだって、知らないわよ!管理費もらってないのに、手伝わされて、連絡もろくに取れないし!!」と逆ギレ。

いや、こっちこそ、知らねーよ!!

そんな不毛なやり取りを繰り返していると、段々腹が立ってきて、「なんで、当事者がここにおらんねん!!」と、しまいにはぶち切れ、怒りのメール(ちょっと出るとこ出てもええねんで!みたいな匂いをかもし出しつつ)を送りつける。


すると、次の日、今まで沈黙を守っていた旦那の方(今までやり取りしていたのは奥さんの方。ちなみに彼らはナイジェリアに住んでいる)が事態を重く見たらしく、これまでのいきさつをサマリして、最終的に、水漏れは、とりあえず、そちらで手配して、次の家賃から引いてもらって、後はイースターにイギリスに行くから、その時に対処するという旨のメールを送ってきた。

不動産お抱えのエンジニアは、水漏れだけならやらないと言い出したので、このフラットを仕切っている人に聞くと、今ちょうど駐輪場を外で工事して作っているエンジニアがいるから、その人に聞いてみてと。

で、聞いてみると、現場を見てくれて、とりあえず、パイプをつないでくれ、「まぁこれでしばらくは大丈夫かもしれないけど、ちゃんと直したほうがいい」と。で、「おいくら万円?」と聞くと、150ポンド。
ま、それならアリだな、ということで来週月曜日に作業をお願いした。


と、これで一件落着かと思いきや・・・

その後、タイルもチェックしてくれ、どうやら床全体がぬれてダメになっており、そのせいでタイルの溝がひび割れてきているということが発覚。そして、これはバスも同じ。確かにこちらもひび割れている。

え、うちら入る前からひび割れているんですけど・・・

じゃぁ、相当昔から、少しずつ、水漏れしてたんだろうね。


まじっすか。。

その後、フラットの仕切っているマイクが部屋の中を見て、「ん?なんか湿ってる匂いしない?」とポツリ。
どうやら、うちらはずっと住んでるから気付いてないだけらしく、におうとのこと。

そして、マイクがバスの状態を見て、「そういや、隣の住人から水漏れの苦情が来てたんだけど、ここから漏れてたのかぁ。これはすぐに直さないとな。」と一言。

金は大家が払うことになるからいいのだけど、その間、風呂もキッチンも使えないわけ??

おいおい・・・

結局、うちらから大家に直接説明してもうまくいかなさそうなので、マイクから直接大家に説明してくれることに。

でも、すぐに直さないといけない様子。

うまいこと、うちらが日本に帰っている間に終わっていればいいのだが、自分一人こっちに帰ってきて(相方はその後1ヶ月日本でのんびりしてから帰ってくる予定なので)、工事が終わってなくて、その状態だったら、かなり不便きわまりないというか、生活できないのですが。当然ながら、仕事にも行かないといけないし。。


そんなこんなで、なんか、憂鬱になってきた。。

とりあえず、これからマイクが状況を大家に説明して、今後の方針が決まる予定なのだが、果たしてどうなることやら。。ポジティブなイメージが全く思い浮かばない・・・


もう寝よう。

明日朝一番で、突然ストップする可能性のある車を取りに行かないと・・

仕事も結構最近ストレスな感じだし。



あぁ、日本帰国を目前に、バイオリズム急降下中。。


(全く面白みのない愚痴のみの記事になって申し訳ない)


fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "無音"

あー腹が立つ!!

久々にフラット・ネタ。
フラット・ネタでよかった試しはないのだが、今回もやはりトラブル対応。(なので、あまり楽しくないかも)

入る前から、そんな予感はあったが、やはり今回ははずれ。
(つか、当たったことあったか?まぁ前回はマシだったか)

最悪なことに、今回、不動産も大家もダブルではずれ。
最初は大家が海外にいるから、不動産管理物件だったはずなのに、いつの間にか大家管理に。
おそらく、その大家が管理費をけちったと思われる。つか、そんなこと許されるのか?

そのせいで、レスポンスが遅い遅い。最近の大家のダメさ加減を見ていると、不動産がマシに思えてくるから怖い。(いや、こっちも十分酷いのだが、なんつーか一種のマジック?*笑)

まず、入る前から壊れてて、入る前に直っているはずだったキッチンとバスのタイルがまだ割れたまま。
そして、オーブンが去年の暮れあたりから、ぶっ壊れたまま。
その他、もろもろ壊れているところがあるのだが、最近になって、今度はキッチンの下のパイプが水漏れしていることが発覚。
洗濯機も同じ場所にあるので、水が染み出てくる。

イギリスの家って、骨組みはしっかりしているくせに、その他のパーツのクオリティ悪すぎ。
絶対エンジニアが適当にやったとしか思えない。直すときも多分適当にやるので、またすぐぶっ壊れる。特に水周り。
そのくせ、1回呼ぶだけで、200ポンドとか平気で請求してきやがる。たいしたことしてないくせに。


閑話休題。

で、最近になって、強く要求したからか、やっと思い腰を上げて、タイル交換を手配したらしく、エンジニアが下見にきたところ、水漏れしていることを告げると、キッチンの下をチェックしてくれて、水漏れ箇所を特定してくれたのだが、それが、なんと、配電線の上らしく、非常にデンジャラスな状態であることが発覚。

ただ、これをそのまま伝えると、じゃ水使うのしばらくやめて、と言われて、放置される可能性があるので、そこには触れず、お宅のフラット、水漏れでダメージがひどくなって、価値下がりまっせと脅す作戦をエンジニアに進言されたので、そのままやってみた*笑

結局、その後すぐに電話がかかってきて、すぐに送金できないから、お金先に払ってもらって、来月の家賃からその金額を引いといてと言ってきた。
まぁ、それならと承諾したのだが、数日経って、エンジニアが来る日になっても結局来ず。

実はその後、また大家がやっぱり自分で払うと言い出したのに、結局振り込まれず、その後音信不通。

しばく!!!

おかげで、いまだキッチンの水道と洗濯機が使用不能。(正確には、子供もいるので危ないし使用は控えている)

今までの経験上、(イギリスに住んでいる人は大きくうなずいてくれると思うのだが)そう、すんなり事が運ぶとは思っていなかったが、案の定、事が運ばないとなると、やっぱり腹が立つ。だぁぁぁぁ!!!



おまけに、最近、他でもストレスがたまっていて、仕事もそうだし、車もそう。

実は、この間、走っている途中に突然エンジンが止まり、すぐにまたエンジンはかかったのだが、怖くて車検やったところに持っていって検査したけど、そこでも何も判明せず、車買ったところに持っていって検査してもらっても何も判明せず(ほんとにちゃんと検査してるのかどうかも怪しいが)、どないなっとんねん!とこちらもイライラ。

一応は動いているのだが、怖いので、あまりスピードも出せず、遠出もしたくない。最悪だ。


最近、あまりこういう嫌な一面は書いていなかったのだが、改めて、イギリス生活、そんなにいいことばかりではないということを強調しておきたい。(いや、何のために?と言われるとアレなのだが、たまにイギリスのいい面ばかり見て、あこがれている人がいたりして、そういう人に、うらやましいとか言われたりするので、実際住んでみて、だまされたと言われないように*笑)
これに比べると、日本なんか、ものすごく住みやすいし、それはもう天国に思える。。

と、珍しく、今回は愚痴のみの記事。たまにはこういうのもいいかと。
とりあえず、早く日本でうまいもん食いたい。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Sigh No More" by Mumford & Sons
Sigh No More


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

10 days to go

早いもので3月もあと少し。
そして、2年半ぶりの日本帰国も来週に迫った。

ちなみに、タイトルは、10日となっているが、実はあと9日だったりする。
いや、なんか中途ハンパだなと思って・・*笑

とりあえず、最初の1週間は東京、後半1週間は福岡で過ごす予定なのだが、只今滞在期間の予定を絶賛計画中。(しかも、Excel使って*笑)
何を食べるかとか誰の家に転がり込むかとか*笑

でも、やはり日本と言えば、食べ物。
特にイギリスに住んでいると、むしろ、というか、それしかないみたいな*笑

とりあえず、今のところ、リストアップされているのは・・・

餃子の王将
一蘭
CoCo壱番
天下一品
一風堂
(どこでもいいから)焼肉
ホルモン(ホルモン道場もしくは木場の焼肉屋、ハチノスがうまい)
不老長寿鍋
じゃんがら
ラーメン二郎
モツ
うなぎ
寿司
赤のれん
ぶた屋

店の名前と食べ物の名前がごちゃ混ぜなのだが、まぁ、独りよがりな脳内妄想ということでお許しを。
つか、半分くらいラーメン?*笑

いかん、東京に住んでた時は、美食酒倶楽部なるものを主催し(懐かしい)、色々な店に繰り出したり、家でイベント(おもにタコ)やったりしていたのに、全く思い出せん。。
つーわけで、他に「こいつは食っとけ!」みたいなのあったら、是非。


それと、2年半で日本がどのくらい変わったのかも、楽しみだ。
芸能界が麻薬に汚染されているくらしか知らないので、日本の皆様、帰った際にはがっつり叩き込んでおくんなまし。

桜散ってませんよーに!!

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Broken Bells" by Broken Bells
Broken Bells


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とあるGabyと二人きりの休日

Gabyがめでたく1歳になったということで、めずらしく育児日記。
(結構な長文っす)

今日は久しぶりに相方が友達と外食してくると言って、朝から外出。
というわけで、数少ない、Gabyとの二人だけの休日。
時系列にどうぞ。



朝11時に相方出発。

Gabyは機嫌よく家の中を元気に歩きまわり、遊んでいたので、とりあえず放置し、パソコンに向かう。

11時半頃、自分の後方で、座って、色んなおもちゃやおかしの空き箱で遊んでいることを確認。

11時45分頃、やけに静かだなと思って、ぱっと振り向くと、既に沈没していた。

こんな感じで。
Gaby沈没

見れば分かるが、散々物を散らかしての沈没。手にはおかしの空き箱をしっかりと握り締めて*笑
ちなみに、下に写っているのは、Gaby用お風呂にボールを入れた即席ボールプール。
しかも移動式。(いや、Gabyがよくそれを押して、至る所でボールプールにつかっているので・・)

どうやって昼寝させようかと思っていたので、このタイミングを逃す手はないということで、タオルケットをかけて、そのまま寝かすことにする。
30分くらいして、一瞬えーんとなって、ごそごそ起き出したのだが、とりあえず放置していると、二度寝してしまった。。

結局、合計1時間以上は寝ていた。なんて楽な子だ*笑
ちなみに、相方と一緒にいる場合、勝手に沈没したことは一度もないとのこと。
自分の場合、過去に何度か同じように勝手に沈没した経験がある。

自分には、放置プレイの隠れた才能があるのだろうか。。



その後、ランチ(チキンライス、茹でたニンジン・スティック(大好物)、ヨーグルト(超大好物))を食べさせ、自分もランチ(パスタ(大好物))を頂き、コーヒーでまったりして、15時頃、車で買い物へお出かけ。

買い物はテスコとアジア系の食材が売っているコリアンフーズ。

買い物中は歩きたがるので、適度に野放しにするのだが、商品を散らかしまくり、その辺の人に絡みまくるので、途中でショッピングカートと言う名の檻の中に監禁。

ただ、ショッピングカートも割とでかいので、適度に自由度があり、それほど不満を抱くことなく、またもや道行く人に愛想を振りまき、届きそうな商品には、ソツなく手を出していく。

コリアンフーズでは、偶然、マークとサチとばったり遭遇。マークにGabyを散歩させてもらっている間に、メモに書かれた商品をカゴヘ放り込む。サンクス、マーク!



買い物が終わり、家へ戻るも、Gabyはまだ満たされていないらしく、外へ出たいとアピール。

仕方なく、庭へ解き放つ。

どこぞの誰かが置き去りにしたぼろぼろのサッカーボールで自分が遊んでいると、Gabyが寄ってきて、ボールは友達といわんばかりに、きゃっきゃと手でさわったり、蹴ったり(5センチほどしか移動しないけど)して遊んでいた。

その光景が不憫に思えて、今度新しいサッカーボールを買ってあげようと心に誓う。女の子だけど。。

その後、庭にある砂利が気に入ったらしく、ひたすら砂利遊びに没頭。5センチほどの木の柵に石を乗せる遊びを教え、うまく石が乗ると、拍手でべた褒めしていると、かなり上機嫌でハイテンション。
今日は天気がよく、気温も高めだったので、気持ちよく、小学生の頃、田舎の空き地で遊んでいた頃をふと思い出す。
たまにはこういうのもいいですな。

一通り遊び終えた頃、日も沈んできて、肌寒くなってきたので、部屋に戻って、ディナー。ランチとほとんど同じメニューに、ブロッコリーの茹でたやつといちごを追加。
ペロリと平らげる。(ブロッコリーは拒否られたが、チキンライスをコーティングして、食べさせることに成功)



これで後は風呂入れて、寝かせればOKかなぁと思いきや、ハイチェアーからおろすと、いきなり玄関へ猛ダッシュし、玄関にあった自分の靴を両手で持ち、自分の方を向いて、なにやら宇宙語でアピール。

マジっすか、これからまたおでかけですか・・・??

えーっと、また明日にしません?」と軽く打診してみたが、聞く耳持たず。
靴を持ったまま、玄関のドアの前に仁王立ちし、しきりに外へ出たいとアピール。

仕方ないので、また外へ出る。

しかし、勢いよく外へ出たのはいいが、寒かったのか、暗かったのか、すぐへ引き返す。おいおい*笑

それを5回くらい繰り返したあげく、今度はマンションの2階へ続く、階段を登り出す。

それを3回くらい繰り返したところで、上の住人クリス君(注:70歳くらいの淀川長治似にゲイ疑惑のあるおじいちゃんで、物書きのイギリス紳士)が外出から帰ってきた。
ちなみに、クリス君はちゃんとGabyの誕生日を覚えていて、当日にカードをくれた。
まともなイギリス人はちゃんとこういうところをおさえているのだろうか。


少し世間話しているその間も、Gabyは階段の昇り降りに夢中。
やれやれという感じで、クリス君の顔を見ると、「それが(君の奥さんの)フルタイム・ジョブだよ」と一言。

確かに。
自分も毎日仕事で疲れて帰ってくるのと同じように相方も家事に育児に疲れてるんだよなと再認識。
それと同時に、Gabyとこれだけがっぷり四つで時間を過ごしたのも久しぶりだったので、これはこれで大事だなと、これまた再認識。

特にオチもない、日常の一コマなわけだが、色々考えさせられた一日だった。



その後、お風呂も一緒に入り、最後の締めは、絵本を読んで寝かせるという(最近の)鉄板コースだったのだが、異様に興奮しすぎて、眠たいのに寝れず、叫び出したので、結局最後は相方にバトンタッチ。

やれやれ。。(弱すぎるオチ(つかオチてない)ですんまそん)



ちなみに、あとで気付いたのだが、実は今日は、Mothering Sunday(イギリスにおける母の日)だった。
ちょっとは相方孝行できただろうか?(オチてはいないけど、締めとしては及第点かと・・)

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Plastic Beach" by Gorillaz
Plastic Beach

おすすめ平均
stars2010ベスト盤!って、気が早いですか!?
stars聞けば聞くほど
stars矛盾を可能にするデーモンマジック
stars最新型、体験型作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

祝!Gaby 1歳になる。そして2年半ぶりの日本帰国

3月12日。そう、今日でGabyが1歳になる。

ほんと、あっという間の一年だった。

Shepherds Bushの狭いワンルームで、おどおどしながら、子育てしてたのが懐かしい。

あまり、このブログで子育てについて書いてこなかったが、幸運にも、あまり手のかからない子で、特に病気もしてないし、アレルギーもないし、すくすくと育ってくれた。

若干、乱暴ものでがさつなところがあり、末はジャイ子か?と不安になる要素もないではないが、概ね順調。

ちなみに、顔は、自分に似て、ものすごく美人である。これも将来、変な男が寄ってこないかと、ちょっと不安。


で、誕生日の今日、お祝いしようかと思っていたら、仕事で遅くなってしまって、急いで帰ったのに、大の字で爆睡してた。。

まぁ、寝顔がかわいいので許す*笑


というわけで、先日スタジオで撮った写真の一部を記念にアップ。
Gaby at Studio 1Gaby at Studio 2


あ、ちなみに3月31日から、2週間、2年半ぶりに日本へ帰国予定。
今年は例年より暖かいから桜の開花が早いらしく、桜が散ってないか不安。(花見する気満々)

でも、色々と楽しみだ。
(とりあえず、焼肉はマスト)

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Anuhea" by Anuhea
Anuhea

おすすめ平均
starsかっこよくて爽やか
stars真夏の清涼剤。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。