Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスにおける出生届

今日は出生届を出してきた。
イギリスで出産した場合、イギリスと日本、両方へ届け出る必要がある。

ちなみに、よく「国籍はどうなるの?」という質問を受けるが、両親が両方とも日本人かつ、イギリス市民権(パスポート)を持っていない場合、自動的に日本国籍となる。
アメリカの場合は、どちらの権利もあるらしいが(日本は2重国籍を認めていないので、子供が21歳になるまでにどちらかを選択する必要あり)、イギリスの場合はそうでない。

もし、子供がイギリス国籍を持っていたら、それに引きづられてヨーロッパどこでも住めるようになるのになぁと少し残念。(動機不純)

で、まずは、イギリスへの届出。
どこへ届け出るかは、生まれた病院(というか行政地区)によって決まる。

今回、出産した病院は、Chelsea and Westminster Hospital(病院はその時に住んでいる住所で決まり、今回は、この病院か、White Cityの病院が選択できたが、響きからなんとなくこっちの方がよさげだったのでこっちを選んだ。ちなみに、後で知ったが、ロンドンで出産に関して一番評判の良い病院はそのWhite Cityの病院らしい。ただ、この病院もそれに次ぐぐらい良いという話を聞いた。まぁあくまで噂なので、真偽不明だが。)という病院で、地域でいうと、「Kensington and Chelsea」となり、この場合、その行政地域である「Royal Borough of Kensington and Chelsea」というところに届け出る必要がある。

というわけで、今日行ってきた。

事前に電話でアポを取っておいたので(推奨)、その指定時刻に行くと、受付で申し込み用紙を渡され、それに必要事項を記入して提出。

申請する赤ちゃんの名前とか、自分の名前とか住所とか簡単な内容だったので、さくっと記入。
イギリスではミドルネームもつけれるので、ファーストネームの他に、以前このブログで紹介した「Gabriela」というミドルネームを記入して提出。(最後の「l」を1つにするか、2つ重ねるか迷ったが、Rodrigo y Gabrielaのガブちゃんにならい、1つで申請。)

自分より先に2組の人が来ていたのだが、その人たちと受付の人の会話がおもしろかった。

受付「(先に来ていた父親らしき人に向かって)記入終わりました?

父親「まだです。

受付「何か不明なところでも?

父親「いや、子供の名前を迷ってて・・・

(決めてこいよ。。。)

受付「名前は一度申請したら変更するのにかなり手間ですので、よく考えて慎重に決定されることをお勧めします。できれば明日出直された方が・・・

(あんたが正しい)

隣に座っていた別の女性「名前難しいよねぇ。私もまだ迷ってるのよぉ。

(お前もかい!!)

別の女性「(上の別の父親に向かって)○○と××、どっちがいいと思う?

(他人に聞くな!!)

父親「うーん、どうだろうねぇ、、、(続く)

(人のこと心配してないで、先に自分の子供の名前決めろよ。。)

とまぁ、こんな感じの会話が繰り広げられている最中に自分の名前が呼ばれ(事前アポがあったので先に申請開始。当然名前も決まってるし。)、別室へ移動したので、彼らの子供の名前が何になったか、というか正式に決まったのかどうかは知る由もない。


別室へ係りの人と入ると、生まれた日や病院や、父親(自分ね)と母親(相方ね)の生年月日やら職業や現住所などを聞かれ、その場でシステムへ入力していき、最後に印刷して内容を確認。

パスポートなどの身分証明書の提示は一切求められず、口頭のみで回答。
システムにはあらかじめ病院で登録された情報は入っているとはいえ、そんなんで大丈夫かいなと心配してしまうくらい、あっさり終了。時間にして15分くらいだろうか。

日本大使館へ出生届を申請するためには、登録時に無料でもらえるShort Birth Certificate(簡易版)ではなく、1枚に着き3.5ポンドかかるFull Birth Certificate(両親の情報が入っている詳細版)が2通必要だったので、念のため3通詳細版を発行してもらう。印刷するだけなのに、どこの機関もいい商売してやがる。

それと、GPへ届出るためのフォームも同時にもらった。
病院を退院する際にもらった用紙に子供のNHSナンバーは既に記入されてあり、そのフォームにはそのNHSナンバーが記入されていた。
後はいくつか必要事項を記入して、現在登録しているGPに提出すればOKのようだ。

お次は日本大使館。

こちらには先ほど発行してもらったFull Birth Certificateが2通、その和訳2通(フォームは大使館でもらえる)、そして申請書2通(同じく大使館でもらえる)、出生届確認シート(大使館でもらえる)が必要。(事前にゲットして記入済み)
あと、出産した病院の病院名と住所が分かる書類が必要だったので、病院に置いてあった病院近辺のバスマップを提出(一応病院の名前と住所が入っていたので)。

ちなみに、日本への申請にはミドルネームは申請しなかった。
もし申請した場合、ファーストとミドルネームがくっついて申請されてしまい、かっこ悪いからである。
例えば、「Hanako Emma Yamada」の場合、性が「山田」で、名が「花子エマ」となってしまう。

両親二人とも日本人なのに、そんなのいつか日本に戻った時にいじめられるに決まってるので却下。
申請用紙の備考欄の記入例に「出生証明書には花子エマと記載されているが、戸籍には花子と届出る。」と書いてあったので、そのままパクり、記入。(あやうく例そのまま「花子」と書きそうになった)

あと、訳分からんなと思ったのが、日本への申請書の現住所にはイギリスの住所であるにも関わらず、日本式に変換して記入する必要があること。

例えば、住所が「101 Piccadilly Road, London W1J 0BH」だったとすると、申請書には「英国ロンドン市西1区ピカデリー通り 101」と書かなければならない。
ポストコードが「W1」の場合、「西1区」(Westだから)となるらしい。そして、「Street」や「Road」は「通り」と訳さなければならないらしい。(一応記入例に一通り説明は載っている)

意味ねぇ。。。

英単語をわざわざカタカナに変換させると、人によって書き方が違ってしまい、余計ややこしいことになると思うのだが、なぜそこまで日本語表記にこだわるのだろうか。
本籍地として住所登録するわけじゃあるまいし、外国の住所くらい、そのまま書かせてくれと思うのは、自分だけじゃないはず。

と、そんなこと言っても始まらないので、黙って従う。

届出から1,2ヶ月すると、日本の自分の本籍に入籍されるらしく、そのくらいに日本で戸籍謄本取り寄せて確認してみてね、とのこと。(自分の両親へ。よろしくお願いします。)

ちなみに、その戸籍謄本が入手でき次第、子供のパスポートも申請できるらしい。
まぁ、今すぐに必要なわけでもないので、特に問題はないが。(どうしても必要な人は、要相談らしい。まぁ、なくてもいけるんだろう。)

どうでもいいが、こんな小さい時に撮った写真なんぞ、すぐに顔つきが変わってしまい、とても5年パスポートの使用に耐えないと思うのは考えすぎだろうか。


と、久々にノウハウっぽく、かつダラダラと書いたが、本日をもって、正式に子供の名前が登録された。
これで本当に決定である。

娘よ、頼むから将来「お父さん、なんでこんな名前にしたのよ!!(特にミドルの方)」とだけは言わないでおくれ。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Merriweather Post Pavilion" by Animal Collective
B001MW0J2O

スポンサーサイト

イギリス流・出産後の過ごし方

Gabyがこの世に生を受けてちょうど1週間。

日本では「お七夜しちや)」と言って、この日までに命名し、親戚などに披露し、お祝いを行うらしいが、イギリスだし、まぁ関係ない。

しかし、まだあれから1週間しか経っていないのかという感じだ。
病院でドタバタしていたのが、ずっと昔のように感じられる。

先週の日曜日に、相方のご両親が2週間の滞在を終え、日本へ帰国された。

予定日より遅れてしまったため、少ししか共に時間を過ごせず、かなり後ろ髪引かれながらの帰国となってしまったが、やはり相方も異国の地で子供を産むのは不安だったろうし、両親が近くにいるというのはかなり心強かっただろう。改めて感謝したい。(ありがとうございました)


さて、前回書いたように、帝王切開だというのに、2日で病院を追い出され(正確には自分から希望して出て行ったというのが正しいが)、現在自宅療養中だが、ここまでの出来事をざっと時系列に書いてみる。

3/12 19時12分、Gaby誕生(体重2990グラム)
3/13 色々検査(特に問題なし)
3/14 初入浴、そして相方とGaby共に退院
3/15 助産婦自宅訪問
3/17 助産婦自宅訪問(体重2915グラム)、自宅で相方抜糸
3/19 助産婦自宅訪問

今のところ、2日おきに助産婦が自宅訪問してくれ、その場で検査のための血液を採取したり、様子を見てくれたり、色々話を聞いてくれるし、少し黄疸(Jaundiceという)が出ている程度で特に大きな問題はないようだ。
帝王切開時の抜糸も5日後に自宅で実施。ものの5分であっさり終わってしまった。


ところで、この自宅訪問してくれる助産婦は、Community midwifeといって、その地域の病院が派遣してくれる(と思う)助産婦のようで、毎回来る人が違うのだが、それだけ人数が多いということなのだろう。

いずれにせよ、病院を早く退院して、落ち着ける自宅でゆっくり養生でき、助産婦が定期的に家まで訪問して様子を見に来てくれるというシステムは理にかなっているし、自然な気がして、個人的にこの考え方は気に入っている。
(日本の場合、入院中至れり尽くせりで病院にいた方が楽ということもあるようだが、イギリスでは必要最低限のことしかやってくれないし、飯はまずいしで早く家に帰りたいというのが実情かも。)


しかし、今日の訪問時に、「土曜日(つまり明後日)にドクターに診てもらうから、病院に来れる?」と言われ、おいおいそれは早すぎねぇか?とちょっと心配になってしまった。

そんなにここから遠くないけど、バスでも来れるわよ」と言っていたが、うーむである。
とりあえず、無理そうだったら、ドクターがこっちに診に来るように手配するからと言っていたが、最初からそうして頂きたく。


ちなみに、今週月曜から会社を2週間休んで、ただ今主夫生活真っ最中であるが、「家事って大変」を身をもって体験中。
3食作って(毎日献立考えるのが特に面倒)、掃除洗濯、おまけに寝かしつけたり、オムツ変えたり。。
二人がかりでも大変な家事と育児を、一人でこなす世の中の専業主婦の方々を心から尊敬したい。

母乳に悪いとされる脂っこい食事(特に肉系)をやめ、魚中心の和食系に切り替えようとしているが、ここイギリスでは、かなり高くつくし、その割りにあまりよいものが手に入らない。調味料も高いし。

ちなみに、昨日の晩御飯はヒラメの煮付け。
味はまぁそれなりだったが、Webで調べたレシピに忠実に作り、調味料使いすぎて、相方にダメだしされる始末。(どうでもいいけど)


と、まぁ、イギリスの産後はこんな感じで過ごすのが一般的である。(ほんまかいな)

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Snowflake Midnight" by Mercury Rev
B001DOBH0E

帝王切開なのに2日で退院??

今日、相方が退院し、Gabyと共に家に帰ってきた。

帝王切開したというのに、2日で退院て、大丈夫なんだろうか。。

といっても、はやく帰りたいと言い出したのは相方の方で、どうやら飯もまずく、助産婦もほとんど何もしてくれないので、ここにいてもあまりメリットはないということらしい。

さすがに産んだ次の日は帝王切開ということもあり、3人がかりで全てやってくれたらしいが、その後自分で動けるようになると、全てを自分でやらなければならない。(聞けばまぁ教えてくれるけど)

日本だったら、まぁ2週間は入院できて、至れり尽くせりだと聞いたが、まぁここはイギリス、仕方あるまい。
つか、色々検査とかはちゃんとやってるし、一応ドクターの許可が降りたから、退院できたということなので、特にほったらかしというわけではない。

今日のGabyは初入浴を体験し、病院を出て、初めて外に出て、家に帰ってきたしと色々刺激的な一日になっただろう。

今のところ、特に問題なく、お乳をグビグビ飲んでいるので、大丈夫かな。


fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "無音"

ガブリエラ誕生

3月12日19時過ぎ(時間忘れた)に、第1子が誕生した。
2990グラムの元気な女の子である。

11日に計画出産のため病院に入ったのだが、全くもって計画通りにいかず、あらゆる麻酔や陣痛促進剤を使った挙句、子宮口が3センチちょいしか開かず、最終的に、緊急帝王切開となってしまった。

11日の朝11時に陣痛誘発剤を使って、無理やり陣痛を起こしてから、約32時間。
自分も相方もほぼ不眠状態で、ヘトヘトになりながらの出産でしたが、とりあえず、元気なベイビーが生まれてきて、ほっとしている。

長いこと、辛い陣痛に耐えてくれた相方には感謝。Well done!!


ちなみに、愛娘のミドルネームは、「ガブリエラ」(愛称、ガビー(Gaby))。

Gabyは、早速母乳をグビグビ飲んでいたのだが、母乳って、すぐに出るもんだなと感心。

来週からは2週間の休みを取って、相方のフォローに回る予定。

色々書きたいことはあるが、昨日からほぼ寝ずにきたのと、明日は出社しないといけないので、今日はこの辺で。

取り急ぎ、ご報告まで。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "無音"

ついに産まれる?

予定日(3月6日)を過ぎて、はや4日。

一向に生まれる気配なし。

どうやら、お腹の子の気分が乗らないようだ。

お腹の中では相変わらず動きまくっているようなのだが、お腹の中の居心地がよほどいいのか、全く陣痛の気配なし。
会社に行くと、毎日にように、誰かに「あれ?」とか「そういえば・・」とか言われ、その度に事情を説明するハメに。

早く出てきてくれ~


そんなこんなしているうちに、明日(11日)は、計画出産の日。

俗に言う「陣痛誘発剤」もしくは「陣痛促進剤」を使って、無理やり陣痛を起こすというもの。

出産が予定日を過ぎてあまりにも遅いと、リスクが高まってくるため、しばしばこの方法が取れるらしいが、通常からすると、ちょい早め。


どうやら、少し前にベイビーの体重が小さかったので、早めに産ませようというドクターの考えらしい。

相方は、自然分娩による水中出産を望んでいるので、なるべくこの誘発剤を避け、本当は予定日に使うはずだったプランを無理やり遅らせて、11日にしたのだが、ついにこの日まで陣痛が起きなかった。

噂によると、満月の日と出産はリンクしているらしく、実は11日が満月で、うまいこと、陣痛が起きてくれんかねと思っているのだが、果たしてどうなることやら。

ちなみに、大潮の時間が、一番確立が高いらしく、BBCのサイト(下にあるPort Nameのリンクをクリックすると表示される)で、大潮の時間をチェックしたところ、11日は1時38分と14時8分らしい。つまり、満月のその時間前後が一番確立が高いことになる。といっても、来るもんは来るし、来ないもんは来ないしなぁ。。
BBC London Tide Tables


つうわけで、明日、何も起きなければ、朝9時から、病院に乗り込んでいきます。

無事産まれてくることを祈っててください。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "無音"

予定日

3月6日。実は今日が予定日である。

しかし、一向に気配なし。

今日会社で、「あれ、そう言えば、そろそろじゃないですか?」「いやぁ、実は今日予定日なんですけどねぇ・・・かくかくしかじか」という会話を5回ほど、違う人とやってきたが、一向に気配なし。


昨日なんか、めずらしく電話がかかってきたので、「お、ついにきたか?」と思って、電話に出たら、助産婦のナンシーから、「今日アポあったのに、奥さん来てないけど、どないしたの?」と言われ、「知らん。こっちが聞きたいわ」と思いつつ、相方に聞いたら、「あ、忘れてた・・・」と言い出す始末。


そして、今日普通に会社終わって、CRMの議論を外(ようするにパブ)でするとかいって誘われたので、念のため相方に確認の電話をしてみたら、「全然、普通。全く異常なし!」。


飲んでよし。


つうわけで、パブで、2パイントと1グラスワインを飲み、終いにはバタリアン(上司曰く、B級ホラーの裏金字塔。ちなみに表はマタンゴらしい。知らん。)の話題で盛り上がり、帰って来て、ステーキ食べて今にいたる。

ちなみに、バタリアンは、小学校低学年の時に、なぜか教室で見させられ、脳みそを食べられるシーンなど、ものすごく怖かった印象が残っており、若干トラウマ気味である。

その当時の担任の先生が、なぜ、あんな映画をチョイスしたのか、未だに謎だが、その強烈な印象が、20数年経った今も脳にこびりついている。

全くわけがわかりませんな。


と、アホな日記を書いてるそばで、相方が「あいたたた・・・」と言い出した。

これって、陣痛??

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "無音"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。