Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンでキャンプ??

ただ今連休中。

イギリスでは、25日、26日が祝日なので、今年は暦的に4連休。

そして、1月1日が休みで、3日が土曜日なので、12月29から31日と1月2日に有給を突っ込めば(イギリスは基本的にほぼカレンダー通り。ただし、まともに出勤している人はあまりいない)、12月25日から1月4日まで、11連休。

どうでもよいことを細々と説明してしまったが、ようするに11連休中なのである。
(ちなみに、相方がポートベロー・マーケットでやっていた店は、昨今の不況と来年の出産のため、昨日で店仕舞い。残念。)


今日は、朝からジムに行き、クリスマス後から始まる毎年恒例のセールで、来年生まれてくる子供のためのグッズをゲットすべく、オックスフォード・サーカスに繰り出してきた。(人多い・・・)

道を歩いていて思ったが、日本ほど年末感がない。
日本だと、年末の忙しない独特の雰囲気が感じられるのだが、こっちはクリスマスは思いっきりクリスマス感があるのに、年末はただの年末。あっさり。どこに行っても、「Sale」という文字は見れるけど。


そして、夜は思いつきでキムチ味噌鍋。

部屋でやるとくさくなるので、キッチンで。

しかし、今の部屋はスタジオ・タイプ(要するに1K)なので、ダイニング・テーブルが置ける程、広くはない。
ただ最近、置き場所に困った小さなテーブルをキッチンに置いているので、部屋にわざわざ料理を運ぶ時が面倒な時や、調理に時間がかかる時などは、グラストで使った折り畳み椅子に座って食事することがたまにあり、今日もそれでやることに。

さらに、ガスコンロだと、若干距離があるため、たこ焼き用にアルゴスで買ったカセットコンロを使用。
kitchen camp

しかし、これ、よく考えてみると、、、

キャンプ?

土鍋がないので、普通の手鍋でやってるあたりが、ますますキャンプ感をかもし出している*笑

若干貧乏くさいが、味は、ダシ&味噌&キムチのコンビネーションでなかなか味わい深い感じになり、大満足。

こういうダシの効いた味は、やはりおいしい。こっちの料理にはなかなかないし。ダシ恐るべしである。

今度、土鍋買って、鍋パーティーでもやるかな。


ちなみに、最終目標は、金沢でゲットできる鶏味噌鍋の味と、銀座・新橋にあるお店で食べれる不老長寿鍋の味を開発すること。

こいつらをイギリスで食べれたらなぁ。。。(不老長寿鍋のレシピ、真剣に欲しい)

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Melody A.M" by Royksopp
B0000641RP

スポンサーサイト

ウィーン旅行記 - オペラ編 -

今更という感もあるが、せっかくなので、忘れないうちにウィーン旅行記の続き。
今回はオペラ特集。

ウィーンでは滞在中、立ち見も含めると、実に4回も劇場に足を運んだ。

2回は、フォルクスオーパーVolksoper)という庶民派の劇場で、「こうもり」と「カルメン」。
Wien Volksoper 5Wien Volksoper 1Wien Volksoper 4


あとの2回は、あの小澤征爾が音楽監督をやっている国立オペラ座Staatsoper)で、「セビリアの理髪師」(立ち見で途中で抜けた)と「オテロ」。
Wien Staatsoper 5Wien Staatsoper 4Wien Staatsoper 12Wien Staatsoper 11Wien Staatsoper 9


残念ながら、小澤征爾の指揮は見れなかったが、さすがに、国立オペラ座は、外観も内装もゴージャスで、十分に雰囲気を堪能できた。

なぜ、7日の滞在で4回もオペラに行ったのか。
帰ってきて、色々な人に、「へぇ、そんなにクラシック好きだったの?」とか「オペラ詳しいんだぁ」などと言われるハメになったのだが、答えは決まって「いやぁ、まぁ別に。。」である。

これまでに人生でオペラに行ったのは2回しかなく、その2回ともが「椿姫」。(原作を読んで一時期ハマった)
本当に「いや、別に・・・」なのである。

しいて理由を挙げれば、子供が生まれたら、当然しばらく静かなところには行けなくなるだろうし、まぁ、せっかくのウィーンだしね、という至極単純な発想から、行けるだけ行っとくかということになっただけのことである。
ゆっくり優雅にまったりと」がこの旅行のコンセプトであったし、まぁ、こういう芸術モノも嫌いではないし。


一つすごいなぁと思ったのは、1度、その日に「今日も行っとく?」的なノリで、ふらっとオペラ座に足を運び、立見席のチケットを5分ほど並んで買って観たのだが、その値段がなんと「4ユーロ」(今のレートだと500円くらい?)だったことである。
Wien Staatsoper 1

その値段で、立ち見とはいえ、真正面から、世界トップ・クラスのオーケストラの演奏、そして演技を堪能できるというのは、誠に素晴らしいことである。
貧乏な学生諸君にとっては、これほどお得で活きた教材はないだろう。こういうところは、未来に羽ばたく力を持った貧乏な若者のために、日本も是非見習ってほしいところである。
Wien Staatsoper 3Wien Staatsoper 2

個人的には、その立ち見で観た、「セビリアの理髪師」が一番楽しめた。素人には喜劇の方が、分かりやすく楽しめるような気がする。
あとは、フォルクスオーパーで観たオペレッタ「こうもり」。
ウィーンで生まれたということもあり、オリジナルがドイツ語なだけあって、なんかハマっていた。こっちも喜劇で分かりやすかったし。

基本的にはほとんどが安い上のほうの席で観たが、やはり場所というのは重要で、歌の聴こえ方が全然違うし、オテロの時なんかは、ステージの半分くらいしか見えないような位置だったし(後で空いてる席にこっそり移動して一応全部見えるようにはなったけど)、オーケストラを真上から見れて、それはそれでおもしろかったのだが、さすがに物理的な音の波動を感じることはできなかった。

まぁ、言うても素人なんでたいした違いは分からないけど。

それから、服装は一応きちっとしていったが、上のほうの席では、ジーパンTシャツなんていうラフな格好の人も見かけた。
でも個人的には、せめてちゃんとしたパンツに、ジャケットくらいは羽織っていくべきだと思う。親しき仲にも礼儀ありではないが、しかるべき場所にはしかるべき服装を、そして芸術には敬意を表すべしである。(ようわからんが)



全く話は変わるが、日曜日、ミサに行って、あの有名な(日本だけだと思うが)ウィーン少年合唱団を見てきた。いや、正確に言うと、聴いてきた。

というのも、とりあえず見れればいいやと思って安いチケット(5ユーロ)を買ったのだが、後でそのチケットに「listening only」という文字を見つけ*笑、愕然とし、ほんまかいなと言ってみれば、本当に何も見えず、プロジェクタに映し出された映像と、天使のような歌声を聴くハメになり、しかもそれがやたら長いので(まぁミサなんで)、思いっきり爆睡してしまった。。(いや、一応敬意を持って聴いてましたよ・・)
Wien Mass 3

まぁ、これも経験ということで。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Songs About Jane" by Maroon 5
B00006879E

セキがとまらん(続)

この前、セキが止まらないという記事を書いて、1ヶ月近く経つが、実はまだセキが止まらない。
正確に言うと、ややマシになってきたけど。

セキだけならよかったのだが(よくないけど)、先週なんか、急にノドが腫れてきて、それこそ唾を飲み込むのも痛いほど。
しかも、それがよりによって、会社のクリスマス・パーティ当日。体調最悪。

おかげで、アルコールは飲めず、タイ料理も痛いノドをさらに痛めつけてくれたため、散々だった。

そして、その次の日から、連続5日間寝込み、会社も3日ほど休んでしまった。
このクソ忙しい年末に・・・

会社を休んで、ひたすら寝ていたおかげか、GPで処方してもらった抗生物質が効いたのかはよく分からないが、だいぶ良くなった。が、いまだにセキがとまらない。

おかげで、2週間以上、ほとんどアルコールなしだ。
身体的にはこちらの方がよいのだろうが、精神的には不健康な気分である。(それもどうかと思うが)

前回記事を書いた時に、皆様に色々とアドバイスを頂き(アドバイス、その他救援物資を頂いた方々、ありがとうございました)、焼きネギを首にまいてみたり、しょうが蜂蜜とかやってみたが、なかなか完治には至らない。
やはり、イギリスのリークじゃなくて、日本の長ネギじゃないとダメなのかとか思ったが、もともと風邪を引いたら、セキだけ残るタチなので、体質なのかもしれない。

イソジンで毎日うがいしてるのになぁ。。

久々に書いたわりには、どうでもよい日記を書いてしまったが、皆様もお体に気をつけて、お風邪など召されませぬように。



・・・どうでもいいが、寝床で、相方に図書館から借りてきてもらった、こっちの名づけ本を眺めて、ついにミドルネームも決定。そのうち、発表する予定なのでお楽しみに。


fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Californication" by The Red Hot Chili Peppers
B00000J7JO

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。