Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しました

久々に日記を書いているが、グラストから帰って来て以来、公私共にかなり多忙で、全くブログに費やす時間がなかったというのが理由である。

で、何がそんなに忙しかったかと言うと、まず先週末の引越。
本当は先々週に引っ越すはずが、オーナーの都合で1週延ばされ、結局1日ホテル生活&荷物を一旦ストレージに預けるという余計な作業が入ったので、かなり面倒なことになった。
(ホテル代、ストレージ代、キャブ代は全て負担させたので、金銭的には損してないが)

さらに、仕事もシステム・リリース時期に重なり、かなりの残業を強いられた。

そして、先々週は上海から友人が訪ねてきて、週末、ウィンブルドンの5時間弱にも及ぶ歴史的な決勝にウィンブルドンで立会う(当然センターコートには入れるはずもなく、ビッグ・スクリーンで鑑賞)という貴重な経験もし、それと同時にグラスト帰り&超過労働がたたり、おなかを壊し、もうそれは大変だった。

今週もかなり大変だったが、ようやく落ち着く兆しが出てきたので、今こうしてブログを書いているわけである。

で、引越先はShepherd's Bushという昔住んでいたところからさらに西にいったところで、今度はゾーン2。
そして、今回のフラットは、スタジオタイプのフラットで、日本で言うところの、ロフト型の1K(日本よりは広いけど)で、念願のフラット・シェア脱出である。

やはり家で他人に気を使わずに済むというのは大きい。
日本だとシェアなんて概念がないので、想像つかないと思うが、こちらでは当たり前のようにあり、一緒に住む人にもよるが、やはり他人と住むのはストレス・フルである。
なので、何の気兼ねもなく(たとえ全裸で部屋からお風呂に移動しようと)過ごせるのは楽だ。

家賃はシェアに比べると跳ね上がったが、ストレス・レスな生活には代えられない。

ちなみに、今回のフラット、よくライブに行く、Shepherd's Bush Empireから徒歩1分という好立地で、今後のライブはこのベニュー優先になりそうである。

というわけで、グラストのレポはどうした!という声もあるが、そのうちちゃんと書くのでご了承いただきたい。

ロンドンの皆様、そのうちまたたこ焼きパーティーでも開きますので、是非。
あと、Shepherd's Bush Empireにギグを観に行く際には、是非お立ち寄りを*笑

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Dreaming of Revenge" by Kaki King
B0013K6WOO

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。