Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I am Tokyo!! 1/19 Athlete @Roundhouse

去年の後半はライブ・レポすらさぼっていたので、今年は真面目に、そして面倒くさくならないように簡潔に書こうと思う。
(と言いつつ、どうせ長くなるんだろうけど)

AthleteのライブはAlbum Chart Showでちらっと観たくらい。
その時に、結構いいじゃんと思ったので、今回行くことにした。
それと会場がRoundhouseだったというのも一つある。
ここは、大分前にCalexicoを観に行って以来だが、個人的に気に入っている。きれいだし、大きさも丁度いいし、なんつったって丸いし*笑

入って階段を上がると、物販があるのだが、ちらっとのぞくと、「I am Tokyo」の文字がでかでかと入ったTシャツが目に入る。いらねぇ*笑
彼らの最新アルバムに「Tokyo」という曲が入っていて、その一節でそう歌っている箇所があるのだが、あまりにもダイレクトすぎて、ちょっとねぇ。。
そこら辺で売ってる「I love Tokyo」みたいなTシャツとほとんど変わらないし。。


で、この日の前座は、Boy Kill Boy
Boy Kill Boy 1Boy Kill Boy 2

彼らを観る(聴くのも)のは初めてだったが、曲はまぁあり。悪くない。
ただ、目の前のギター君の太ももぴっちりのスキニー・ジーンズがすごく気になってしまい、マイナス5点。
あと、動きも若干いただけなかったのでさらにマイナス5点。
さらに、ギターをやたら上に掲げながら演奏するので、むちっとしたおなかが見え、マイナス5点。
全部見た目じゃねぇかという話だが、相方も同意見だったので、仕方ない。
ヴォーカルはまともだっただけに残念だ。


あと今回、ギターを弾き始めたということもあり、結構ギターをじっくり見ていたのだが、今まであまりそういう見方をしたことがなかったので、新鮮だったし、おもしろかった。
視点を変えて見れば、物事の見え方はがらっと変わりますな。
そして、エレキギターが欲しくなった・・・


んで、メインのAthlete
Athlete 5Athlete 4Athlete 2

もうほとんどが大合唱で、キャッチーな曲が多くで、こうなんか王道というか正統派というか、そんな感じ。結構好きかもしれない、こういうの。
でも、こういうライブは歌えないと楽しさ半減だなぁと思った。歌詞覚えないと。

横からごり押しで割り込んできたおばちゃん二人は、ほとんどの曲を熱唱していたが、恐らく相当なファンなのだろう。
基本的に客層は十代の若い女の子が多く、「(せぇーの、)I love you~(はぁと)」という黄色い声援も聞こえた。

自分ももっとギターが弾けたら・・・


ちなみに、相方は目の前にいたちょっとぽっちゃり気味のベース君が気に入ったようだ。
彼は体に見合った服を着ているとのお墨付き。(そんなんばっか)
Athlete 3

そんな彼にこの一枚を捧げよう。(結構気に入っている)
Athlete 1


さて、次は念願のLinkin Parkだ!

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Minutes to Midnight" by Linkin Park
B000OCXMAE

スポンサーサイト

念願のPhantom of The Operaを観る

先週の水曜はPhantom of The Operaオペラ座の怪人)を観に行ってきた。
ロンドンでミュージカルをみるのは実は初めて。観光で来る人や短期留学の人は結構観に行っているようだが、なんとなく機会を逸しこれまで見逃していた。

相方いわく「ロンドンでミュージカルと言ったらまずはPhantom of The Opera!」らしい。。
そういえば先日遊びに来た友達のジョワキンとステフィはこれを2回も観に行ってたし、そういうものなのだろうか・・・

ちなみに相方は結構なPhantom of The Opera好きらしく、これまでに日本でも劇団四季で観た他、映画版も観たことがあるらしく、実はロンドンへ来てからも、兼ねてから行きたい行きたいと言っていた。
で、17日は相方の誕生日ということもあり、今回やっと行ってきたというわけである。

個人的には「金田一少年の事件簿」のオペラ座の怪人シリーズを読んだ程度の予備知識(結構役に立った)しかなかったのだが、特に予習もせず、会場へ足を運んだ。


当日は仕事を早めにきりあげ6時にピカデリーで待ち合わせ、お気に入り(安くてまぁまぁうまい)タパス料理屋さんで食事し、Her Majesty's Theatreという洒落た名前の劇場に向かう。

残念ながら外側は修復かなんかの工事中だったが、一歩中に足を踏み入れると独特の雰囲気でゴージャス。思ったより広くはないがこの落ち着いた古い雰囲気は日本では味わえないなぁと実感。

ちなみに服装は自分は仕事帰りでスーツだったが、基本的にちょっと小洒落た服装ぐらいがほとんどだ。中にはジーパンのいかにも観光客な人もいて、それはちょっとなぁと思ったけどまぁ、ありなんだろう。

チケットに7時半とあったので開場時間だろうと思ってぎりぎりぐらいに入ったのだが、クロークにコートを預けて座ったらかなりすぐに始まる。つまりそれは開演時間だったのである。(ライブだと開場時間なのに)

そして、例のオークションのシーンが唐突に始まり、あっという間に別世界へ・・・


ネタバレのため、内容は特にここでは書かないが、個人的にはなかなか楽しめた。
最近寝不足で疲れていたので、相方に「寝たら怒るよ」と脅されつつも、ストーリー展開が早く、おもしろかったので、眠らずに済んだし、何より音楽がいい。
ステージの手前で生演奏をやっていたし、あの「じゃじゃじゃじゃじゃーん↑、じゃじゃじゃじゃじゃーん↓」という音楽が気に入った。(サントラがなぜかiPodに入っていたので、家に帰ってからも聞いてしまった)

どちらかというと、ミュージカルはアメリカ的でお気楽な歌って踊ってという感じなのだが、このPhantom of The Operaはどちらかというとオペラに近く、個人的にはこちらの方が好き。

途中15分くらい休憩があって、その間にバーでジントニックを頼んだら、7ポンドくらい取られたのを除けば、かなり満足だ。

あとは、席がグランドフロア(STALLS)のM3、4だったのだが、この場所だとシャンデリアが宙吊りになって、上に上がったり、上でPhantomが歌ったりする時に、2F席が邪魔で見えにくいので、もし次に行く時はもっと前の席(B~Fくらい?)か、もしくは2F席を押さえたい。恐らく、2F(ROYAL CIRCLE)の前方が一番観やすいと思う。ちなみに、STALLS/ROYAL CIRCLE55ポンド
75ポンド出せば、PREMIUM SEATというのもあるが、これはどこを指しているのか分からない。

席の配置に関しては、下のマップを見ればすぐ分かるので、Seeticketなどでチケットを押さえる時に、自動的に割り当てられる番号と照らし合わせれば、だいたいの位置はつかめると思う。
Her Majesty's Theatre Seating Plan

劇場自体は結構こじんまりとしているので、後ろの方でもまぁ見えるし、そこまで神経質にならなくてもいいかもしれないが。。


てなわけで、興味のある方は是非。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "The Phantom of the Opera"
B00065L706

ブログをリニューアルしてみた

かなり前からやりたいと思っていたブログのリニューアルだが、年も明けたことだしということで、とりあえずやってみた。
といっても、まぁ見た目が変わったくらいで、コンテンツは特にたいして変わっていないが・・・

既に「留学」ではなくなっているので、サブ・タイトルも一応「イギリス留学奮闘記」から「イギリス生活奮闘記」に変更。

安直すぎる変更だが、あまり変え過ぎてもあれなので、一応続きものということで、分かりやすく、あえてこういうタイトルにしてみた。
ほとんど変わってないので、恐らく言われなければ誰も気付かないだろう*笑
(ぱっと開いて、おっ、タイトル変わってる!と気付いた人は相当なヘヴィ・ユーザだと思われる)

イメージとしては「シンプル&クール」という感じ。
どうっすかね??

あと、プロフィール写真をそろそろ変えたいなぁと思っているのだが、なかなかいいのがなくって、これは現在物色中。

そのうち、もうちょっと色々付け加えていく予定なので、お楽しみに。(気長に・・)


写真は、今日のお昼ご飯。
日本から帰ってきたフラットメイトのおみやげ、さぬきうどん。(サンクス、メイト!)
半熟卵にしょうが、ネギが乗ってて、なかなか「」な感じでGood。
さぬきうどん in London

<本日の料理豆知識>
ネギは白ネギと青ネギを使っているように見えるが、実はリーク(日本の白ネギより太い)とスプリング・オニオン。
しょうがはこちらのスーパーで普通に売ってある。
さぬきといえば、ぶっかけで食べたいところだが、こちらでは生卵はかなり危険なので、半熟卵で我慢。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "TVでやってる古い感じの映画"

ロンドンで迎える新年

改めて、皆様あけましておめでとうございます。

と言いつつ、全然年が明けた気がしないのは気のせいだろうか*笑
(その理由は一番最後にある「おまけ」にて)


昨日書いた通り、年越しはロンドン・アイで行われる花火を見に行ってきた。
去年の年越しはモデナで、イタリア人の友達の友達のパーティで過ごしたので、ロンドンでの年越しは初。

当初は相方も日本だし、今年は静かに家で年越しかなぁなんて思っていたのだが、結局、スペイン人のジョワキン(スペイン語読みだとホワキン)とイタリア人のステファニア(愛称ステフィ)、ステフィの友達のイタリア人カップル、そしてDevon時代に知り合った日本人の友達とその友達という賑やかな面子と共に年越しをすることになった。

この日、仕事が終わって、ジョワキンとステフィと合流し、家の近くの地中海料理屋でご飯。
そして、その後ピカデリー・サーカスまで行き、ステフィの友達と合流し、そのままビッグベンの近くまで歩き、そこでDevon時代の友達と合流。

最初はテムズ川沿いで見る予定だったのだが、早めの夜10時くらいに行ったにも関わらず、既にテムズ川沿いは人でいっぱいで、警察に止められ、結局ビッグベンの近くで見ることに。
目の前に大きな建物があったので、ロンドン・アイはほんの少しだけしか見えず、花火も半分くらいは建物に隠れていたが、まぁ雰囲気は楽しめた。
ビッグベンと花火を同時に見るのもなかなか乙なもんだ。

その模様をYoutubeにアップしたので、少しだけおすそ分け。
カウントダウンから年明けの瞬間


ロンドン・アイから花火


花火は日本の花火大会に比べると、しょぼいが、それでもこっちで見れる花火としてはまぁまぁ。(ちなみにロンドン・アイからも花火が出ていた→2番目の動画参照)
皆(自分含め)、必死に年明けの瞬間を収めようとカメラを構えていたのに笑った。


花火の後、パブへ繰り出そうとしたが、人・人・人でしばらく立ち往生していたが、なんとか人ごみを抜け、ピカデリーサーカスへ向かう。
しかし、真夜中ということもあり、パブはほとんどクローズ、開いてる店も入場料金を取られる始末(ひどいのは30ポンドとか言われた)。

なんとかタダで入れる店を見つけ、中に入って1杯だけ飲んだところで、ジョワキン、ステフィとイタリア人カップルとはここでお別れ。

結局、3日間毎日共に飲み食いしていたことになるが、二人の近況を色々聞けたし、今回でまたお互いに友情を深めることができたと思う。本当に最高なやつらだ。
二人とは春先にバルセロナで再開することを約束し、お別れした。
(ちなみに来年の年末年始は皆でニューヨーク行こうぜという話になった)

その後、日本人の二人と深夜のピカデリーサーカスをぶらぶら歩いたが、結局タダで入れる店もなく、3時ごろお開き。
この日は深夜もチューブが動いており、夜11時45分から4時頃まで、無料で乗れたのだが、定期を持っているので意味なし。
混んでいるかなぁと思ったが、奇跡的に*笑、ちゃんと動いており、意外にすいていたのでゆっくり座ることができ、朝方4時近くに無事帰宅。

というわけで、正月はほとんど寝て終わった。文字通り寝正月。

年末、2007年を振り返る余裕もなく過ぎ去ってしまったので、去年の今頃何考えていたかなぁと、去年の新年の日記を見てみたら、目標は、「こちらで職を見つける」と「できるだけライブに行く」だった。

そして、今ロンドンで働き、去年はグラストンベリーにも参戦し、ライブもかなり行けた。
うむ、目標達成と言っていいだろう。
よくやった、自分。


じゃあ、今年はどうするかと考えてみたが、ふと頭に思い浮かんだのは以下。
・もっとまともな(イギリス人になめられない)英語を見につける。
・ギターを華麗に弾きこなせるようになる。

その他にも以下の目標は継続したい。
・グラストンベリーに今年も参戦。
・ライブになるべく行く。

音楽ばっかりじゃねぇか!という感じだが、それもまたよし。
もちろん、仕事はあるし、それはそれでバリバリやるつもりだが、とにかく、楽しく生きたいし、やりたいことをやりたい。
もちろん楽しいことばかりじゃないし、やりたいことだけをやれるはずもなく、外国で生活する以上、苦労することも色々あるだろうが、自分達で決めた以上、それを全部ひっくるめて楽しむ他ない。


改めて振り返ってみると、今年は本当に多くの素敵な方々と出会うことができ、色んな人達に助けられ、様々な人種の、たくさんの友人達と共に楽しい時間を過ごすことができた。
もう本当に感謝で一杯である。

そして、そんな自分を支え、共に時を過ごしてくれた相方に感謝したい。
(ちなみに相方は今月3日に本渡英してくるのだが、それはまた別途)


というわけで、今年も皆様よろしくお願いします。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "(What's The Story) Morning Glory?" by Oasis
B000002BBY

おまけ・・・↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。