Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guy Fawkes Night

土日はMETROがないので、通常ネタを。

11月5日のGuy Fawkes Nightを控え、今週末はあちこちで花火大会が開催されている。
Guy Fawkes Nightが何なのかは、上のリンク先を参照のこと)

それに加え、個人レベルで花火をガンガン打ち上げているので、本当にいたるところから、花火の音が聞こえてきて、かなりうるさい*笑

ただうるさいだけなのもあれなので、ここはいっちょ攻めに転じようということで(というわけではないのだけど)、うちからちょっと離れた公園(と言ってもかなり大きい)の花火大会に行ってきた。

5時15分ゲートオープンで、6時30分に一発目のbonfire、45分から一発目の花火。
一発目は子供向けということで、時間も少し早めなのだが、既に辺りは真っ暗。そして、寒い。。

ちなみに、この花火大会、かなりオーガナイズされてない、というか、そもそも、公園のどのあたりでやるのかさえもWebに出ていない、そして会場でも、ここですよー的な看板もない、かなり不親切極まりないイベントだった。
(まぁ、不親切なのは、ここに限ったことではないのだが・・)

イベントの案内なんて、これだけ。
Bonfire and fireworks displays

公園のリンク先にも、かなりざっくりとした地図が載ってるだけで、花火はここで打ち上げられるとか、屋台はここにあるとか、そもそも入り口はここですとか、そういう具体的な情報はゼロ。
ある意味、その公園をよく知ってる地元の人以外はハナから想定していない*笑

自分達もここの公園に行くのは初めてだったので、だいたいどこら辺でやりそうという当たりもまったくつけられず、最初、間逆の入り口から入ったので、辺りは真っ暗で、そこからさらに30分くらい歩くハメになった。。

会場入っても、どこで花火がなって、どこでbonfireやるのかも、何も案内がなく、警備している警察の人に花火観るにはどこへいけばいいか聞いても、「あそこら辺だから、適当に人の流れについていけばすぐ分かるよ」というざっくりとした説明。。。
そして、結局、人の流れについていって、辿りついたのはだだっ広い野原。。

5ポンドで買ったライトセーバーみたいな光る剣でGabyと遊びながら、しばらく待っていると、DJ風のアナウンスが流れ、「いよいよ、bonfireだぜー!準備はいいかぁ!皆でカウントダウンしようぜー!」と煽って、カウントダウンしたはいいものの、カウントダウンが終わって、3秒くらい微妙な間が開いて、皆が集まっている遥か遠くの方で、しかも、皆が向いている方向とはずれたところで、小さく控えめにぼわっと火が点灯し、「え、そっち?そんだけ!?」とずっこけた。

そして、皆も、そっちかい!的な感じで、ぞろぞろと近くへ民族大移動。
(まぁ、近くに行っても、たいしたことなかった。暖かったけど・・)


肝心の花火だが、まぁ、こんなもんかという感じだったのだが、久々に間近で観たので、割と楽しめた。

子供達も、食い入るように観ていて、Gabyは(なぜか)げらげら笑っていて、かなり楽しんでいたようだ。
下のRayはぼーっと観ていただけなので、楽しんでたかどうか謎だが・・

花火は、合計30分くらいだったのだが、寒い夜に立って観ていたので、後半は段々足が凍えてきて、早く終わらないかなぁと考えながら観ていた*笑

やっぱり、花火は夏だよなぁ。。

くそ暑い夏の河川敷にゴザ敷いて、ビール飲みながら、寝転がって観るのが花火。
寒い夜に凍えながら立って観るのは花火ではない。

そのうち、夏に日本に帰って、花火大会行きたい。


Listening to "Daughter of Cloud" by Of Montreal
B0096PS7UK

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。