Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求人募集 イギリスで働けるシステムエンジニアいませんか?

突然ですが、今採用活動をしていて、日本語がしゃべれるシステム・エンジニアを募集しています。

既にイギリス(もしくはその周辺)在住、そしてイギリスで働く資格を持っていて、すぐにロンドンで働けるというのが条件です。
(学生やワーホリはNG)

日本で、5,6年、Webアプリケーションの開発(C#がメイン、Javaでも可)に携わった経験のある方が対象。
キーワードとしては、OOAD、SOA、DI、MVCあたりのコンセプトをしっかり理解されてる方。
テクノロジーとしては、ASP.NET MVC、Spring.NET、NHibernate、AJAX、WCFあたりの経験があればかなりポイント高いです。

もし、上記該当者で、興味のある方は左のメールフォームからコンタクトをお願いします。


最近、イギリスの外国人に対する労働条件の締め付けが厳しくなり、自分が就職した時より数段難しくなっているので、人探しもなかなか難しいんですよ。。


(追記)
このポジション、決まりましたので、クローズさせていただきます。

スポンサーサイト

初出張はシンガポール

ポジションが変われば、入ってくる情報も違うし、視点も違うし、頭を抱える問題の質も違う。
組織ががらっと変わり、マネージャーとして他部門との調整、部下の抱えている問題解決、そして、新チームの立ち上げ、、、この2週間で、去年1年分くらいのミーティングをしたかもしれない。

おまけに自分が持っていた作業はまだ人に振れず、持ったままなので、仕事量は倍、いや倍以上か。。
ただ、やりがいのある仕事なので、若干寝不足でしんどい部分もあるが、それ以上におもろいので、日々は充実している。

自分の場合、楽でもつまらん仕事をしている方がよっぽど苦痛なたちで、おもろいことを猿のようにやり続ける(ドラクエやFFなんか寝ずにやって、戦闘中に力尽きて寝てしまう)タイプなので、今のところ特にストレスはない。

やることはたくさんあるので、年が明けてから、怒涛のように仕事。平日も残業、土日も出勤。
土日は割り込みが入らないので、iPodで音楽を聴きながら、頭を軽く縦に振りつつ、ノリノリで仕事をすることができた。自分の仕事に集中できるって素晴らしい。


で、なぜにわざわざ土日出てまで仕事をしていたかというと、実は、そのプロジェクトの関係で、今日から1週間シンガポールに出張することが決まっていて、その準備時間が絶望的に足りなかったからである。

今までお客さんのところに行くといっても、ロンドンから出たことがなかったのだが、今の会社で働き出して1年ちょい、ようやく出張らしい出張の機会が巡ってきた。
そして、その行き先がシンガポール。
ロンドンで働いているくせに、なぜかアジア。まぁよし。

シンガポールは初めてだし、旅費も全てお客さん持ちだし、ホテルも結構いいところを取ってもらったし、プール付いてるし、何より職場にいるより、集中できる*笑
ロンドンとシンガポール間の往復はしんどいが、幸い弾丸出張ではなく、1週間と少し期間もあるので、逆にリラックスできるかなと思っている。(何も問題が起きなければ)

常夏の国で、今の季節は、雨季らしく、かなり蒸し暑いということだが、ロンドンからのギャップに果たして身体がスムーズに順応してくれるかが、やや心配。。
というか、そんなところで、スーツ着たくない。。

ちなみに、シンガポールに行くと言ったら、皆に「あのエアバス乗るの?」と聞かれ、???となっていたのだが、どうやらシンガポール航空がどでかいエアバスをゲットしたらしく、巷では評判になっているようだ。(なぜ皆知っている?)
しかも、シンガポール航空はお客様満足度No.1?らしく、かなり評判が良いらしい。

不幸にも、自分が旅行会社に問い合わせた時は、シンガポール航空は満席で、あの悪名高きBA(ブリティッシュ・エアウェイズ)で行かざるを得なくなってしまった。
荷物がなくならないことを祈るばかり。。


現地で観光する時間はあまりないだろうけど、世界3大がっかりのうちの1つ、マーライオンでも見てくるとするかな。


ちなみに、昨日からバルセロナでお世話になったジョワキン&ステファニアがロンドンに遊びに来ているので(なぜこんなタイミングに・・)、本当は夜がっつり飲みたかったが、今日の夜にロンドンを発たなければいけないので、準備もまだ終わってないくせ、ランチにこれから行って、バタバタでヒースローに向かう予定。

というわけで、行ってまいります。


あ、そういえば、今日は相方の誕生日。(そして、すまぬ相方・・・)
誕生日おめでとう。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Movies: Greatest Hits" by Leo Nucci Gunter Missenhardt Samuel Barber
B000002AVY

クリスマス・イヴに出社したら・・・

今日は月曜日。そしてクリスマス・イヴ。
イギリスでは、25日のクリスマス、26日のボクシング・デイは休日である。
つまり、今日休めば、5連休となる。

しかし、特に休む理由もなく、仕事もあるので、普段通り出社。

予想はしていたが、駅に向かう時点で、明らかに人が少ない。
電車に乗っても、座れてしまう。
駅を降りて、会社に向かう途中も、あまり歩いている人がいない。

快適すぎる*笑

会社にはどれくらいの人が出社してるかなと思いつつ、オフィスに入ると、まばらではあるが出社している人はいるようだ。
まぁ、普段よりは明らかに少ないが、それでもぼちぼちいる。

しかし、どこかそわそわしている。
向かいでは、何やら買いだしの話なんぞしている。

何かと思って聞くと、どうやら昼からクリスマス・パーティーをやるらしい。
そして、これは後で誰かが人事に確認して分かったことだが、実は今日は昼までで仕事は終わりらしい。
つか、何で誰も知らないんだ*笑

というわけで、しばらく仕事をしていたら、12時になった瞬間、強制的にキッチンに集合、そして強制的にシャンパンでカンパイ。そしてワインを飲みまくり。

結局、この日はこれで仕事が終わった。何しに来たんだろう・・・*笑

まぁ、でも有給使わずに済んだのでラッキーか。
本当は仕事やりたかった(というかやらなければならなかった)のだが、シャンパンやワインを結構飲んでしまったので、もはや仕事にならず。

しかも、噂によると、チューブは、17時くらいから間引き運転になり、19時くらいには止まってしまうらしい。アナウンスでは一応夜までやるとなっているのだが、19時頃に運転手もやる気をなくして、もうええかみたいな感じでいつの間にか電車が完全に止まってしまうとのこと。(本当かどうか知らないけど、あり得そうなのが怖い)

さらに17時からの間引き運転も、「Severe Delay」(事故等で電車が全然来ない状態)って考えといた方がいいよと言われ、酔っ払ってるし、寝不足のせいか眠気が急激に襲ってきてどうにもならん状態だったので、しばらく雑談して結局15時には会社を出た。
今日何もしてないに等しい、というかパーティーに来たという方が正しいかもしれない*笑

帰りにSt. Paulをぐるっと囲むように、先が見えないほどの列が出来ていた。
何事か分からなかったが、St. Paulでお祈りするために来た人なのかなと勝手に想像してみる。(日本で言う初詣みたいなもんかなと)

帰りにテスコによって、買出しをし、16時前には帰宅。
テスコも明日は休みとあって、賞味期限があるようなものはほとんどないか、叩き売りをしていた。普段とは違う雰囲気でなかなか楽しい。

実は今、フラットメイトが2人とも一時帰国していて、自分一人状態。
なので、誰に気兼ねすることもなく、自由な生活を送っている。
トイレのドア開けっ放しにしたり、まっぱで風呂に行ったり(したいのだが寒いのでバスローブで)。

今日もギターをみっちり練習。
昨日の日記で書いたvGuitarLessons.comへの問い合わせの回答が返ってきて、恐らくブラウザの問題らしく(Operaを使っていた)、他にも同じような人がいたようで、選択肢は二つ。
・購入時に特別なコードを入れると0.01ドル(Paypalの仕様上、0にはできないらしい)になるので、それで再購入。
・払い戻し

向こうの問題なのに、0.01ドルとは言え、お金を払うのはあまり納得のいくものではなかったが、払い戻して、また購入という手続きも面倒だったので、0.01ドルで再購入。
今回は念のため、IEでやってみたので、特に問題なく購入できた。

実際、内容を見てみた感じ、なかなか分かりやすく、期待通り。
若干画質が悪いのが気になったが、特に問題なく見れたので、まぁよし。

このビデオを繰り返し見ながら、みっちりWonderwallを練習。
やっぱり、最初は教えてもらいながら練習するのが一番だと思った。
Ben先生がギターの師匠になりそうだ*笑

練習後はご飯を食べて、TVでやってたパイレーツオブカリビアン(1番最初のやつ)を観て、今に至る。
明日はDoctor Who(イギリスに来て、Devonのホームステイ先の自分の部屋で初めて観たドラマで、英語が全然分からないながらも結構かぶりつきで観てしまったという思い出のドラマ)のクリスマス特番を観ようかなと。。

ちなみに、クリスマス・ディナーは以下。
・焼きそば
・冷奴
・ブロッコリを茹でたやつにブルサン(にんにくチーズ)
・チョリソー
・ビール(Foster's)

まぁ、普通のディナー(?)、つうか全然クリスマスっぽくないし*笑


明日のクリスマスはどのくらい街の機能が停止してしまうのか密かに楽しみ。
去年はパリで過ごしたので、噂に聞くロンドンのクリスマスは今回が初だし。
この模様はまた明日レポ予定。(つっても何もないから何もレポすることがないと思うけど)


ちなみに去年のクリスマスはすごい霧で飛行機がオール・キャンセルになって(その時住んでたフラットのランドロードがしょんぼり帰ってきた)、バゲージ・システムが対応しきれなくって、どれが誰の荷物かがわからなくなり、大量の荷物がヒースローの倉庫に眠っているという状態(あれ、どうなったんだろう?)だったのだけど、今年も昨日、今日と霧で飛行機がキャンセルになって、客が立ち往生しているらしい。

なんか毎年恒例になりそうだな。。


飛行機ついでで行くと、来年1月に3日程、BAAの空港のストが予定されているらしい。
空港が、しかもヨーロッパの主要空港がストで閉鎖ってどういうことよ?って感じだが、本当にやりかねない雰囲気なので、1月に渡英予定、もしくは該当の空港(ヒースローだけじゃない)を使う予定の人は要注意。
BAA airport workers vote to strike in January over pensions row

今のところ、こんな感じらしい。

Trade union members at Heathrow, Gatwick, Stansted, Southampton, Glasgow, Edinburgh and Aberdeen airports will stage 24-hour walkouts from 6am on Jan 7 and 14 and a 48-hour stoppage on Jan 17 against plans to close their final salary pension scheme to new members from Dec 1, the Unite union said.



17日、もしかしたら客先訪問のため、ヒースローに行くかもなのだけれど、ストやった場合、空港にも行けないのかなと心配してみたり。
もし、本当にストが実施されたら、どうすんだろうな。。


今、TVでどっかの教会(St. Paulかな?)でお祈りの儀式(パイプオルガンの伴奏で歌ったり、聖書の朗読したり)の模様が放映されている。
夜中にそんなのを見ていると、なんだか、大晦日にどっかの神社でやっている儀式をTVで観ているような気分になってきた。年越しそば食べたくなってきた*笑

そして、そんな延々と続く厳かな儀式の様子を眺めていたら、去年は偶然クリスマスにモンマルトルの丘にあるサクレ・クール寺院に紛れ込んでしまい、同じような儀式をやっていたのを思い出した。
その時も地元の人は初詣みたくお祈りしに来てたな。。

ほんと、日本でいう正月。
この時ばかりは皆実家に帰っちゃうし。(ジェームスも帰るって言ってたな)
こっちの人と日本人のクリスマスと正月に対する考え方が全然違う(というか逆?)のがしみじみ分かっておもしろい。

こっちの人と付き合ってる日本人の女の子が、クリスマスに実家に帰るからという理由で彼氏にほったらかしにされるというのも、それが正月だと思えば納得できる話だ。
(本人は納得いかないかもしれないが)


とかなんとか、透き通るような声のきれいな合唱を聞きながら、色々物思いに耽りつつ過ごす、こういう静かなクリスマス(イヴ)もいいなと思った。


それでは、皆様良いクリスマスを。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "どっかの教会のクリスマス・セレモニー"

将来はディーラーに転職??

今日は真面目に仕事の話。

このブログで、自分が実際にどういう仕事をしているのかをあまり書いたことがないし(まぁ、会社を辞めて留学する直前から始めたので仕方ないけど)、多少興味を持ってくれてる方がいると思うので、書いてみることにする。
特にイギリスだからということはなく、日本でやっていた時と全く変わりないので、そういう視点で見れば、あまりおもしろくはないかもしれないけど、まぁとりあえず。


今関わっているプロジェクトでは、金融の会社で使われるシステムで、フロントオフィス部門(ここではディーラーと呼ばれるような人)が実際に銀行と取引をしながら使ったり、バックオフィス部門の人が決済情報を入力して、送金指示を出したり、会計処理をしたりというかなりの専門知識を要する開発に携わっている。

そして、自分にはその知識が「ない」。

全くないというわけではないが、ほとんどない。
せめて、簿記くらい取っときゃよかったと思ったが(実際取ろうとしたこともあったけど)、とにかく今は勉強勉強の毎日である。

技術的にも日本で主に使っていた「Java」ではなく、「.Net」であるため、こちらも学ぶべきことはたくさんあるのだが、こちらに関しては今までの開発経験と、両者にそれほど相違はない(といってもやりだすと結構あるんだけど)ので、それほど苦労はしていない(いや結構してるけど)。

で、今そのプロジェクトがブレ(またはヨレ)まくっているのだが、その根本たる原因は、ずばり「コミュニケーション不足」。
そして、要件定義段階でお客さんのニーズ、そしてお客さんが抱えている本質的な問題をヒアリングできていなかったこと。これは上記のコミュニケーション不足とも関係するのだが、双方が「そういうつもりではなかった」や「こういうはずだった」と言い、両者の間にかなり大きいギャップがある。
言葉を変えれば、「ビジョン」を共有できていない。
ということになる。

これらは、その手の本によく書かれていることだが、本当にその通りで、経験上、こういう開発においてはこの手の問題はかなりの確率で発生する。

そして、このプロジェクトが始まったのが今年の7月、さらに提案に関して言えば、最近知ったのだが、実は3年前からそのお客さんに提案していたとのこと。
で、開発も終盤に差し掛かろうとしている今になって、双方の認識に大きなギャップがあるということが発覚したのである。

さらには、それまで担当していた人(自分はその人の下について開発をやっていた)が、来月日本へ本帰国するため、全てを自分が引き継ぎ、さらにその人が持っている他2プロジェクトも自分が引き継ぐことになっている。

正直きついっす。。


と、まぁ、そんなことはどうでもいいが、本日、お客さんのところへ出向き、がっぷり四つで要件の再確認と現状仮リリースしているシステムの問題点、リリース・スケジュールの調整等、様々な点に関して話してきた。

朝10時から始まり、終わったのはなんと夕方6時。時間にして8時間
その間、昼食なし、取った休憩も10分足らず。

疲れた・・・

お客さんもよく付き合ってくれたなと思うが、それだけお客さんも本気なのだろうし(何せこのシステムが全業務の中心になる、というか全てなので当然と言えば当然だが)、この現状に相当危機感を抱いているのだろう。

今日行くと分かってからは、このミーティングのために、今上がっている問題点を全て(ではないが今見えている部分に関してはほぼ)リストアップし、ミーティングでは、一つずつ細かく確認し、それに関する対応時期、優先度を設定し、業務が不明確な点に関しては、都度、普段どういうことを考え、どういう流れで業務を行っているかを聞き出していった。

骨のある作業だが、これをやらないことには何をやっても結局手戻りが発生する。
正直、ただでさえスケジュールがタイトな上に、開発終盤のこの段階でやることではないのだが、やらないことには前に進めない。3歩進んで2歩下がるでは済まず、5歩くらい下がるはめになるのだ。

後半は空腹と、金融の専門的な話で頭がオーバーフロー状態で、意識朦朧としていたが、お客さんの場所が会社から遠いために、この日を逃すとまたいつ顔をつき合わせて話を聞けるか分からないので、無理を承知で、ミーティングを続けてもらった。

おかげでかなり現状の問題点に関してやるべきこと、お客さんが考えている優先度がクリアになった。(以前未着手の部分は不透明だけど)
そして、かなり金融に関する専門知識が付いた。ディーラーがやっている仕事をディーラーの人に教えてもらう機会はあまりないだろう。
と言っても、プロの人にしてみれば、これは氷山の一角であって、もっと奥は深い。

個人的にこういう新しいことを勉強するのは吝かではないし、楽しかったりする。
特に金融に関する知識を学ぶことは、将来を考えるとかなりアドヴァンテージになると思う。
なぜなら、ここがロンドンだからだ。

というわけで、これからも貪欲にお客さんから色々聞き出したいと思う。
ちなみに最近学んだ単語は「LIMEAN」だ*笑
そんな今自分が読んでる本と言えば、「外国為替」とか「金利計算マニュアル」的な本ばかり。

お前はどこへ向かっている?という感じだが、お客さんに「これ全部理解したら、ディーラーになれますよ」と言われたので(冗談だろうけど)、ディーラーになろうかと。(うそ、つか性格的に絶対無理)


ミーティングが終わり、同僚とパブ(ウェザースプーン)へ行き、お馴染みのパスタとミートボールのやつを食べながら一杯やり、反省会。
結局帰ってきたのは9時過ぎ。

今週はかなり働いたので、睡眠不足と疲労と今日のミーティングでもうほんとにふらふら。
exhausted」という単語はこういう時のためにあるのだと思う。
この際、「absolutely」もつけちゃおう。もってけどろぼーー。

と、段々頭がおかしくなってきたが*笑、湯を張ってジャックジョンソン聴きながら、ジャーニーでも読んでたら、若干疲れが取れた(気がする)。
でも、どうやらもうすぐ夜12時だというのに、上の階の部屋でパーティーをやっているらしく、「非常にうるさい」ので寝れそうにない。

まぁ、実際布団に入ったら、3秒くらいで寝れそうな気はするけど*笑

そんなわけで、週末はジェームスとの飲みが一件入っているが(自分と同じようにWork Experienceで来てたかわいいイタリア人の女の子が国に帰ったので「so depressed」らしい*笑)、それ以外はもう何もしない予定。
これでもかというくらいゆっくりしてやるつもり。ギターも練習しないとな。

では、おやすみなさい。

と思ったら、上のやつが、こんな夜中にピアノを弾き始めた。しばく!!!


(追記)
その後ピアノ演奏会が延々と続き終わりそうになかったので、段々むかついてきて、下のポーターに「上のやつらがパーティーやってて、うるさいんだけど」と文句言いに行ったら、先に誰かが文句言いに来たらしく、「知ってるよ、さっきも行ってきたんだよ」とうんざりした口調で言うので、「いや、ピアノ弾いてんだよ?うるさいし、ほんとにうっとうしいんだけど。うるさくて、寝れやしねぇよ!!」と怒り口調で言い返すと、渋々文句言いに行ってくれた。
部屋に戻ってもうるさいので下で待ってると、「もう2回注意しに行ったから、まだうるさかったら、明日ヘッド・ポーターに文句行ってくれ」と逆切れ的な口調で言われた。

おまえ、下で暇そうにiPodで音楽聴いてないで仕事しろよな・・・

とりあえず、部屋に戻ったら、ピアノは終わっていたのでよしとしよう。
(代わりに歌ってたけど)

まぁ、これがイギリスです。

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Brushfire Fairytales" by Jack Johnson
B00005V8PZ

とあるイギリス的サラリーマンな一日

お客さん先でミーティングを行うために、朝一にヒースロー空港で、同僚と待ち合わせ。

バスでヒースロー空港から離れた田舎に辿り着く。

お客さん先に到着するも、ミーティングに出席するはずだったうちの一人が別件で忙しく、しばし、部屋で待機。

待っていると、ホテルのルームサービスの時のようなガラガラ押すやつに運ばれて、コーヒーと紅茶とクッキーが運ばれてくる。

コーヒーを飲みながら、しばし待機。

いきなり、イギリス人らしき人が乱入してきて、仕様の話を始める。

どうやら、今開発中のシステムの仕様について、こうして欲しいみたいなことを要求しているのだが、いかんせん金融に関する業務知識が追いついていないため、何を言っているのかは大体分かるのだが、内容についていけず。
(まぁ、このミーティング自体、ほとんど傍観者だったのだが)

担当者が遅れてやってきて、ミーティング・スタート。

昼過ぎにミーティング終了。

タクシーでヒースロー空港へ戻る。

空港内のWeatherspoon(チェーン店の安パブ)でランチタイム。

同僚(一応日本人)がビールを注文したので、うっかり1パイント注文。

同僚と昼食を取りながら、色々と会社やイギリス生活について情報収集。

途中から、仕事の話になり、オブジェクト指向や開発方法論について熱く語る。
(ビールがかなり回っている)

結局2時間以上、そこに滞在し、酔いもさめてきたので、会社に戻る。

4時ごろ、会社に戻る。

やる気が起きないので、軽く仕事をして、6時頃に退社、帰宅。



念のため、言っておくが、こんなのはこれ1回きりで、普段はずっと座って、結構な時間まで開発しまくりなので、その辺り誤解のないように。

ただし、この後また上記のようなことがないかと言われれば、否定はできない。

まぁ、たまにはこういうのもいいだろう。


全然関係ないが、先週あたりからロンドンはものすごく寒い。
秋通り越して、もう冬。

日本から船便で送った荷物が一向に届かず、コートが手元にないため、最近かなり凍えながら通勤している。
今荷物がどこにあるのかトラッキングできればいいのだが・・・

そのうち我慢できずにコートを買ってしまいそうだ。

つーか、今、カジュアル・フライデーに着ていく、カジュアルな服すらないんすけど。。


仕事をモリモリがんばってる自分に応援クリックをお願いします!
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "In Rainbows" by Radiohead

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。