Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newburyのヴィンテージ・マーケット

今日は友人に誘われて、ちょいと遠出してNewburyのヴィンテージ・マーケットへ行ってきた。

自分はそれがどういうものなのかよく分からず行ったのだが、相方(そしてその誘ってくれた友人)的には、以下のサイトにあるようなアウトドアの大きなマーケットを想像していたらしい。

International antique & collectors fairs

場所は、Reading Festivalで有名なレディングや、イギリス女王の居住地であるウィンザー城(日本で言うところの皇居?)で有名なウィンザー有するBerkshireバークシャー)州のNewburyニューベリー競馬場などがある)という都市。

地理的には、自分の家(Wimbledon)から、だいたい車で一時間くらいで行ける距離にある。
ちなみに、ここからちょっと足を伸ばせば、日本人が大好きなコッツウォルズに行ける。

で、実際にその場所に行ってみると、かなりこじんまりとした駐車場で、第一印象は「小さっ!」。
とりあえず、現地集合した友人に連れられて、1ポンドの入場料を払って中へ入ると、予想以上にこじんまり&アットホームな会場で、公民館?的なところだった。。
だいたいこんな感じ。
Newbury 3


まぁ、個人的には特に大きな期待を持っていったわけでもないので、特に失望感もなく、あぁ、こんなもんかという感じで、逆にイギリスのローカルな世界を覗けて、ちょっと得した気分だったのだが、誘ってくれた友人は、ごめん!!という感じだったらしい*笑

特に何かお目当てがあるわけでもなく、Rayと一緒に(相方はGaby担当)ぶらっとまわっていたのだが、(仕方のないことだが)Rayが片っ端からディスプレイされている(一応ヴィンテージな)商品を触りまくろうとし、それを阻止すると、今度はわめき始めるので、入って5分足らずで、「もうえぇ」ということで離脱。

結局、ストレス解消させるべく会場外の芝生の広場的なところを一周。
結構寒かったので、しばらくすると、Rayが車へ入りたがって、そのまま車で待機。。

小さいお子さんをお持ちの方は首を必要以上に縦に振って同意して頂けると思うのだが、しょせん子連れなんて、こんなもの、と思ってないとやってられない*笑

ほどなくして相方や友人も出てきて、友人が来る時にあらかじめ発見していたらしい近くのカーブーツセールに行くことになったのだが、行ってみたら、間が悪く既に店仕舞い。。
(カーブーツセールは基本朝なのだが、着いた時は既にお昼時だった)

これが自分達がアレンジする側だったら、ほんと冷や汗モノ(実際そうだったらしい*笑)だが、そもそも暇だったので来た程度だったので、特に何のストレスもなく、あぁ、じゃあお昼でも行く?という感じで、結局、Newbury周辺にあるBell at Boxfordというパブ(一応"Award winning"らしい)でランチすることに。

Newbury 4


ここでは、せっかくの日曜なので、サンデー・ロースト(ビーフ)を堪能。(車で来ていたので、飲めなかったのが唯一の心残り。。)
ちなみに相方はロースト・サーモン。(こっちの方が見た目はきれい)
Newbury 1
Newbury 2


大人的にはこれで終わっても良かったのだが、子供的にはずっと車に乗せられ、パワーを発散できていないので、遊びの場が必要だったのだが、あいにくの雨で、その近くに何かプレイ・エリアがないか検索したところ、なんとうちの近所にあるEddie CatzNewburyにあるではないか。

このEddie Catz、写真を見てもらえば分かるが、室内で子供が遊ぶには最適な場所で、冬場にもっとも活躍するところである。(去年も今年も半年券所有)
Newbury 5


で、こんなところにもEddie Catzがあるのかぁと思ったら、なんと、近所のWimbledonと、若干近所のPutney(共にロンドン)の他にこのNewburyと、たった3箇所しかなく、他にもプレイ・エリアはあったのだが、これも何かの縁ということで、わざわざこんなところに来たにも関わらず、あえてEddie Catzをチョイス。

行きつけのWimbledonとは若干レイアウトは違うが、まぁ遜色ない感じで、なんといっても人が少ないのがいい!*笑

Wimbledonなんか、人口の半分子供じゃないの?というくらい子供が多く(いや冗談抜きにマジで)、学校が休みになるハーフタームの時期に行った日には、もう大変なことになる。

実際、GabyもRayもおおはしゃぎ(大暴れ)で、まぁ正解だったかなと。
(ちなみに、Gabyに感想を聞いたところ、Newburyの方が良かったらしい)

と、そんな、日常と非日常のあいだ的な週末だった。

Listening to "Two Suns" by Bat For Lashes
B001RQ0SJO

スポンサーサイト

初出店!スピタルフィールズ・マーケット(結果報告)・後編

初出店!スピタルフィールズ・マーケット(結果報告)・前編」の続き。

その後、一人の西洋人女性が、東海道53次のポストカードを5枚お買い上げ。
一枚、10ペンスなので、5枚売れても、50ペンス。。。

この時点での売り上げ、2.50ポンド

その後、ライブ仲間のT氏が、来てくれた。
彼はポストカード1枚(わざわざ地元三重のやつを探し出して)に、しおりを3枚も購入してくれた。
さすが、太っ腹!!多謝!

売り上げ、5.60ポンド
あと半分!

T氏が去った後、またさっきの長襦袢に釘付けになっていた男性が登場。
今度は、着物の生地で作ったシャツに興味津々。
こちらもじっくりチェック。

試着します?」と試しに聞いてみると、しばらくして、上着を脱ぎだした。
ちょっと小さいかなと思ったが、意外にもぴったり。
鏡ある?」と聞かれたが、そんなもの持っているはずもなく、「デジカメで撮って、見せますよ」と言い、前と後ろを撮ってあげた。
そんな彼の後姿はこちら。
スピタルフィールズ・マーケット6

デジカメで見せてあげると、ふーむと言った感じで、シャツを脱いで、隣の彼女と何か話し、「あっちの方ももうちょっと見てみようよ」という彼女に促され、結局、そのまま言ってしまった。

写真の腕が悪かったか・・・
やはり一眼レフじゃないとダメか・・

という、余計な後悔をするのはやめておこう。

ただ、彼は本当に欲しそうだったし、長襦袢をガウンとして着たり、着物生地のシャツを着ることに対して需要があることも分かっただけで、収穫だろう。

その後、一人の西洋人女性(30前後?)が現れ、小物系を中心に物色。

お、この人いけるかも。。

着物生地で作られた小物を一つずつ手に取り、これは何?と聞いてくる。
説明するたびに、「かわいい~」と好アクション。

い、いける・・

ただ、どうやら彼女はボーイフレンドに何かをプレゼントしたいらしく、「男性向けに何かない?」と聞いてきた。

うーむ、ないな・・・

基本的にこういうものは女性向けのものが多い。
試しに、100年前の代物であるという敷物を薦めてみたが、「私は(100年前のものだというのを)信じるけど、彼が信じないだろうなぁ」との返し。うーむ。

うぅ、だめかぁと思いつつ、色々説明していると、最後の最後になって「じゃあ、これと、これと、これをもらうわ」と、うれしい申し出。

売れたぁ!!!

と叫びたい気持ちを抑え(もちろんお客さんが去った後に叫んだ)、にこやかに「じゃあ、全部で13ポンドになります」と伝える。
売れた商品は、こちら。
(正確には、下の写真は、実際に売れたモノではなく、残った類似品)
スピタルフィールズ・マーケット7スピタルフィールズ・マーケット8スピタルフィールズ・マーケット9
左上:着物生地で作られた金魚の飾り物
右上:着物生地の金魚がくっついたクリップ
左下:着物生地のジュエルケース

彼女は、どうやら金魚がかなり気に入った模様で、金魚の飾り物を指して「これもっと大きいのないの?」としきりに聞いていた。
金魚クリップに関しては、「ばかっぽいけど、すごいかわいい」とのコメント。
あと、「他にもこういうのあるの?」とか「来週もここにいる?」とか、かなり興味を持って聞いてくれた。
いやぁ、うれしいなぁ。

来週から自分がワーク・エクスペリエンスを始めるため、平日に出店するのは厳しいため、「んー、分かんないなぁ」とお茶を濁しておいたが、今考えて見れば、メールアドレスか何か聞いておいて、出店する時にまた教えると言えばよかったなぁと思った。
こういうお客さんをつかまえておくのは、ビジネスにおいて重要だ。

結局この日の売り上げは、合計18.6ポンド
ショバ代が10ポンドなので、利益は8.6ポンド
飲みに行けば消し飛んでしまうような利益だが(現に、自分はこの後バイトへ行ったのだが、相方は来てくれた友達とその後飲みに行き、利益を食いつぶして帰ってきた・・)、とにかく元は取れた。

今後の予定だが、実はこの日来てくれた相方の友達が、ノッティング・ヒルポートベロー・マーケット(Portobello Market)に出店していたという友達を連れてきてくれ、その人の話によると、その友達が場所を持っていて、出店しない日は代わりにその場所を使わせてくれるとのありがたい申し出を受けた。

ポートベロー・マーケットは、この日出店したスピタルフィールズ・マーケットよりも、もっと全体がアンティークな感じで、場所柄お金持ちがよってきそうな感じのマーケットである。しかも開催日が土曜日。客も多く集まるはずだ。

恐らく、自分達の売り物もこちらの方が合っているとは思っていたのだが、こちらは、行ってすぐに出店できる程甘くないので、諦めていたという経緯がある。

もし、これが実現できれば、今日よりも売り上げは期待できるだろう。
今日、一日やって、その手ごたえはつかんだ。

というわけで、このマーケット出店計画は今後も続けていきたい。

今日のフィードバック
<反省点>
・椅子が必要(フジの時に使ったドリホル付きチェアが恋しかった)
・電球が必要
・テーブルに敷くものが必要(どういう柄が映える?無地の白?)
・購入時の商品を入れる袋が必要(和な感じの小さい紙袋とか?)
・可能であれば興味を持ってくれた人のコンタクト先をゲットする
(こちらのアドレスやURLが入ったカードを渡すとか?)
・ポストカード安すぎ?(10P)
 安すぎると逆に価値がなさそうで買わないという心理的作用が働くことも・・

<ニーズ>
・金魚のでかいやつが欲しい
・男物の商品が欲しい
・もっと商品(小物系)にバラエティが欲しい
・男用の着物生地のものをガウンやシャツとして着たい

<その他>
・意外にもミニチュア着物は人気なかった。飾りとしてより、実際に使うものが欲しいらしい。
 ただ、あと2、3種類並べれば、もっと目に付くかも?
 あと場所柄かも(ポートベローだったら人気出るか?)。
・子供が喜ぶものがあるといいかも?
・和な柄が入った折り紙が欲しい(飾り付けように)



最後に、急な告知だったにも関わらず、マーケットへわざわざ足を運んで頂いた皆様、本当にありがとうございました。感謝!

Listening to "Californication" by The Red Hot Chili Peppers
B00000J7JO

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

初出店!スピタルフィールズ・マーケット(結果報告)・前半

昨日の日記「緊急告知★スピタルフィールズ・マーケットへ出店!」で書いた通り、本日、スピタルフィールズ・マーケット(Spitalfields Market)で、(無事)出店してきた。

もしかすると、マーケットへ出店したいという方がいるかもしれないので、軽く出店までの流れも交えて、結果報告したいと思う。
(長くなってしまったので、前編・後編に分けて)

スピタルフィールズ・マーケットへ出店する方法は至って簡単。
行って、10ポンド払うだけ
ただし、少しだけ条件がある。

まず、スピタルフィールズ・マーケットが開催されているのが、月~金と日曜日
そして、直接行って出店できる曜日は月・火・水・金に限定される。

木曜日は、アンティーク限定のマーケットになるらしいのだが、自分達が売ろうとした着物の生地を使った小物やシャツ等はアンティークとして認められないらしい。
つまり、アンティークとは、全く手が入っていない、昔からあるそのままのモノ。
自分達の商品のうち、着物や扇子などはアンティークに入ると思うのだが、シャツ等を見せたら、「それはアンティークじゃないよ。」と言われてしまった。

そして、このスピタルフィールズ・マーケットでは、日曜日が一番賑わっているのだが、日曜に限り、既に9月まで予約が一杯とのこと。ちくしょう。

ただ、今日一日やって分かったが、確かに平日は客の入りがかなり少ない。
もし、これをメインにやろうとすると、場所代が10ポンドだということを考えると、平日やるのはきついんじゃないかと思う。
他の店でも、ほとんど商品を買っている人は目にしなかったが、どのくらい儲かってるのか聞きたいくらいだ。(それとも連続で出店すると、場所代が安くなる?)

受付は朝10時頃。電話で確認したところ、10時15分くらいに来いと言われたので、その辺りに、オフィスへ出向いた。
オフィスは、マーケット会場に入って、リバプール・ストリート駅から見て、中央右端あたりにある。
スピタルフィールズ・マーケットのオフィス1スピタルフィールズ・マーケットのオフィス2

自分達が行った時は、3組くらい同じような人達が待っていた。
ちなみに、この時点では、ほとんどまだ皆店は開いていない。
だいたい、11時頃から皆始動開始する感じだ。
スピタルフィールズ・マーケット1

オフィスの中で出店したい旨を告げると、「どんな物出店するの?」と聞かれるので、売り物の一部を見せる。
どうやら、類似品や違法性のあるものに関してチェックしている模様。
自分達の商品に関しては、オリジナリティあふれる商品であるため、問題なし!

その後、「じゃあ、10時半に売り場を順番に割り当てていくから、オフィスの前で待ってて」と言われる。
お金は?」というと、「昼過ぎに回収しに行くからその時に」とのこと。
しばらく、待つと、オフィスに程近い場所を割り当てられた。
リバプールストリート駅からの入り口にわりと近く、人が通る導線に面した、なかなかの好立地だ。

まずは準備。
と、ここでまず一つ。

テーブルに敷くモノがない。
そして、電線と電球の受けはあるのだが、肝心の電球がない。

電球はまぁ昼間だし、さほど影響はないが、テーブルが汚いので、商品を直接置く分けにはいかない。
というわけで、持ってきた白い紙をテープで貼り付け、下に敷くことに。
あとは、持って来た紙袋とか、折り紙で折ったやつとか・・
スピタルフィールズ・マーケット2

着物、というか長襦袢(ながじゅばん、着物の下に着る下着のようなもの)は客寄せのために広げて使え!という相方母上のアドバイスに忠実に従い、袖に紐(本来は棒を通すらしいが)を通して広げる。即席にしては、まぁまぁだろう。
そして、その他各商品を陳列。
完成版はこちら。
スピタルフィールズ・マーケット3スピタルフィールズ・マーケット4スピタルフィールズ・マーケット5

準備にざっと1時間弱。結構時間がかかった。
値段設定は、前日の夜(日本は朝)、相方母上とスカイプ・ビデオ・チャットにて行った。
こういうことが、インターネットさえあればタダでできるようになったというのは本当にありがたいことだ。IT万歳。

準備が終わり、折り紙を折りつつ、お客さんを待つ。
ただ、ぽつぽつとお客さんは来るが、あまり本腰入れて見に来たというより、通りすがりの人が多数。安いインド料理等も同じマーケット内で売っているため、昼ごはんを買いに来たビジネスマンも結構いる。

なので、売れない。

ここで、もう一つ。
椅子を持ってくればよかった。。
そもそも、折り畳み椅子なんぞ持っていないのだが、長時間立ちっ放しはさすがに疲れる。まぁ、最初だから仕方ない。
どっかに安く売ってないかな。

12時過ぎた頃に、声をかけておいた友達が2人ほど顔を出してくれた。
しかも、二人とも1ポンドで売っていた着物の生地が入ったしおりをお買い上げ。
ありがたい。

現在の売り上げ、2ポンド
場所代10ポンドを考えると、あと8ポンド稼がないと元が取れない。

その後、またしばらく沈黙状態。
たまに、興味を持って見ていく人はちらほらいたのだが、購入には至らない。

と、そこに、一人の男性が「あの~、ブログを見て来たんですけど・・」と訪ねてきた。
なんと、本当にこのブログの告知を見て、わざわざ来てくれたらしい。
その彼は留学の準備の時にこのブログにお世話になったから、一言お礼が言いたくて来たということらしい。おまけに差し入れまで頂いてしまった。

ありがたい。

もうなんと言うか、こういう時ブログをやっていて良かったなぁと感じる。
いやぁねぇ、もう本当にうれしいっす。こういうの。
まさか、本当に見ず知らずの人が来てくれるとは思っていなかったので、サプライズな感もあり、余計にうれしかった。

ロック好きだという彼としばし談笑していると、その後ろに一人のイギリス人?男性が興味深そうに、男性用の長襦袢を見つめている。
興味本位というより、かなりまじまじと見ている。
小物には全く目を向けず、最初からターゲットは長襦袢のみ。

とりあえず、これはすごい古い(100年前)のやつで、物語が描かれていて、正絹(しょうけん、pure silk)で出来ていて、着物の下に着るやつで・・とか一通り説明。

どうやら、彼は飾りというより、ガウンとして使いたい模様。
説明が終わっても、横にいたガールフレンド(or 奥さん)と色々話しながら、物凄く興味深そうに、手触りを入念に確かめ、背中の部分も細かく観察。

おぉ、いきなり大物が売れるか!?

と思った矢先に、結局彼はそのまま消えていってしまった・・・

人生、そんなに甘くない。

(後半へ続く)

Listening to "By the Way" by Red Hot Chili Peppers
B000067CPX

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

緊急告知★スピタルフィールズ・マーケットへ出店!

ものすごい急、かつ唐突な話だが、明日(4/11)スピタルフィールズ(Spitalfields)・マーケットへ出店することになった。

スピタルフィールズ・マーケットとは、数あるロンドンのマーケットの一つで、東の方(駅でいうとリバプール・ストリート駅)にある。
以下のサイトに色々情報が載っているので、参考までに。
オールド・スピタルフィールズ・マーケット

そもそも、なぜこんなことになったかというと、相方の母上が、着物を使ったミニチュアを作ったりして、色々な活動をしていらっしゃるのだが、その成果をロンドンで売ってみようということになったのだ。
(実は、先日マルタ島で、日本の文化を紹介するというイベントが開催されたのだが、はるばる日本から、(着物教室の)生徒を引き連れて参戦した模様。なぜにマルタ島?という感じだが、毎年どこかの国で行われている外務省?かどっかが絡んでいるイベントの一環らしく、今年がたまたまマルタ島だったということらしい。)

ちなみに、売り物はこんな感じ。
マーケットの出品物

もし、今日、日本からモノが届いたら、明日出店しようと考えていたのだが、本当に届いたので、今決めたというわけである。

スピタルフィールズ・マーケットの出店方法は、月・火・水・金のいずれかで、10時頃に直接現地に行って10ポンド払えばOKらしい。
なんて、アバウトなんだ。
(ノッティングヒルのポートベローはもっと厳しいみたい)

というわけで、明日時間のある方は是非マーケットへいらしてください。
1ポンドの商品から用意していますので、是非何か買って頂ければ・・・
(「ブログを見た」と言ってくれた人には何かサービスがある、かも?)

会場の地図はこちら。
How to get to Old Spitalfields Market

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。