Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱者の味方「Citizens Advice Bureau」

倒産した会社からバイト代を取り戻すために(しかもロンドンで)」の続編。

というわけで、Citizens Advice Bureauに行ってきた。
このCitizens Advice Bureauは、お金がないけど、金銭トラブルや法律関係、その他様々な問題を抱えている人のために、無料で専門家に相談し、アドヴァイスを受けれるというサービスを提供している素晴らしい機関である。

営業所(っていうのかな?)は、各エリア毎にあるので、今住んでいる場所によって、どこに行けばよいのかが異なり、以下のページで、自分がどこに行けばよいのかが検索できる。

Get advice

今回行ったのは、Paddington Citizens Advice Bureau

オープンが9時45分だったのだが、10時ちょい前に到着。
そんなに人いないだろうと思っていたのだが、入り口から中を覗くと、既にたくさんの人がベンチに座って待っている。
しまった、もっと早く来るべきだった。。

とりあえず、ドアベルを押す。
中から、鼻ピアスした女性が出てくる。

大丈夫か、ここ?

まずポストコードを聞かれる。
どうやら、この近所に住んでいないと、ここではサービスを受けれないようだ。
さらに、「通訳は必要?」と聞かれたので、「日本語の通訳はいるんですか?」と聞くと、「いない」とのこと。

Paddington Citizens Advice BureauのWebサイトには、Languagesのところに、「Japanese」と書いてあるのに。。

ただ、「そんなこと書いてあっても、どうせ行ったら、いないんだろう」と諦めていたので、「あ、じゃあ、通訳なしでいいです」と答える。
イギリスでは、これが正しいスタンスだ。
期待してはいけない。情報通りだったら、儲けものくらいに考えておけば、ストレスは減る。

入り口で整理券をもらい、中へ通される。
中には、確かにお金のなさそうな人(気のせいか)がいっぱい待っている。
先着順に番号を呼ばれるのだが、自分が呼ばれたのはおよそ1時間後。
英語でどうやって説明しようかと色々考えていたため、あっという間に時間が過ぎる。

呼ばれた先の部屋に待っていたのは黒人の若い女性。
あまり専門家っぽくないなと思っていたら、どうやらまず軽くインタビューして、その後専門家のアポを取るという流れになっているらしい。

ここに来るのは初めてと言うと、まずは基本的な情報(名前、住所、国籍、結婚してるかなど)を聞かれ、登録番号みたいなものがもらえる。
今後はこの番号を言えば、誰かがすぐに分かるらしい。

その後、本題に入り、どういう問題でここへ来たのかについて軽く説明。
その女性は、要点だけをまとめ、それを持って専門家のところへ向かった。
用紙に書きとめていたのは、だいたい以下のような内容。

・レストランが給料を2か月分未払い。
・未払い給料の額。
・今何をやっているか(WorkExperienceとして働いている。→無給であることを強調)
・今どうやって生活しているのか(貯金で生活。→貯金がほとんど尽きそうということを強調)



その後、すぐに戻ってきて、次のように言われる。

じゃあ、今日の12時半にもう一度来てもらえますか?今度は専門家ともう少し詳しく話すことになります

時間まで1時間半。
こんなにかかるとは思っていなかったが、わざわざ他の日に回していたら、面倒で仕方がないので、了解する。
とりあえず、この場にいても、周りにこれといった店もないので、家へ一旦帰宅。

この前行ったパーティの戦利品ティラミスとエスプレッソを頂き、すぐにUターン。

約束の少し前に戻ると、今度は少し太ったおっちゃんが出てきた。
どうやら、彼がその専門家のようだ。

軽く挨拶を済ませ、早速本題に移る。
今の状況を、向こうからの質問を交え、説明。

すると、「じゃあ、まずレターを書いて送りましょう」と言い、PCの電源を付け、一つのワード・ファイルを開いた。
どうやら、テンプレートみたいなものがあり、後はその問題に特化した情報を埋め込むだけでいいようになっている。

このレターは、「Grievance Letters」と呼ばれるらしいのだが、実は以下のサイトにも同じことが書かれていた。

Advice Guide

上記サイトの以下のページにある「Employer withholds your pay」というリンクをクリックすると、PDFが開き、その中に、今回のような賃金未払いのケースに対する情報が書かれている。
Employment - In England

これによると、今回のケースでは、要約すると、以下のような手順を踏むことになるらしい。

1. If you think that your employer has withheld pay that you are entitled to, you should first try and resolve the problem by talking to your employer.
→まずは直接話し合いで

2. If talking to your employer does not work, you should raise a written grievance, detailing your complaint. Sign and date your letter and keep a copy.
→話し合いがダメだったら、Grievance Letterを書く

3. If you need to take matters further, you can make a complaint to an employment tribunal.
(The most that can be claimed at the employment tribunal is £25,000. If you want to claim more than £25,000, you will have to go to court.)
→それでもダメだったら、Employment Tribunalに訴える(25000ポンドを超える場合は裁判所)



ちなみに、自分は既にバイトを辞めているので、その場合はこう書かれていた。

1. You should write to your employer explaining what money is owed, and why it is owing. The letter should also include details of the period for which the money is owed. This letter will count as a written grievance, if you need to take the matter further. You should sign and date the letter and keep a copy.

2. If writing to your employer does not work, you may need to make a complaint to an employment tribunal for breach of (employment) contract.



基本的には、あまり上記と変わらないが、既に辞めているので、会社が未払い分の賃金を「借り」ている扱いになるらしい。

というわけで、その専門家の指示に従い、レターを作成した。
必要な情報としては、だいたい以下の通り。

・未払い金額(月毎に)
・時給
・自分が辞めた日
・オーナーの名前、住所



会社の名前より、人の名前の方が重要らしい。この辺り、日本と考え方が違うと思う。
あとは、14日以内に支払われなかった場合、Employment Tribunalに訴える旨を記述。
Employment Tribunalが何者なのか、まだよく調べていないので分からないが、とにかくタダらしい。(そこだけは確認済み)

ちなみに、この専門家、誤字脱字が多く、かなり注意深く見ていないと、うっかり間違いだらけのレターを送ってしまうことになりそうだったので、大変だった。
印刷後、サインし、1通はレストランへ、1通は日本の本社へ、そしてもう1通は自分用のコピーとして保持。

郵送する際は、「Special Delivery」で送るように指示された。
郵送の状態をトラッキングできるようにしておかないと、もし「そんなレター届いてない」と言われた時に対処できないからだ。
お値段は、国内が4.3ポンド、日本へのエアメールが4.28ポンド
なぜか、日本への郵送の方が安い。
よく分からないが、国内は翌日保障なのに対し、日本へは1週間くらいかかると言っていたので、それが関係しているのかもしれない。
まぁいい、とにかく無事に着いてくれさえすればそれでいい。

とにかく、サイは投げられた。
この先、どうなるのか全く予想もつかないが、とりあえず、今は待つことにしよう。

Listening to "These Streets" by Paolo Nutini
B000LE1GVW

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

スポンサーサイト

倒産した会社からバイト代を取り戻すために(しかもロンドンで)

バイト先倒産。そして社長逃げる・・・」の続編。

あれから2週間ほど経つが、未だに給料はもらえていない。
昨日、バイト先に電話して、バイト代がどうなっているのか聞いたところ、「いつ払えるか分からないし、もしかしたら無理かもしれない」と言われた。

まぁ、これは予想していた回答だったのだが、とにかくもっと現状を把握しておきたいと思い、今会社がどうなっているか聞いたところ、「レターもらってないですか?」と聞かれた。
そんなものは当然もらっていないので、詳しく話を聞くついでに直接取りに行くことにした。

手渡されたレターには簡単に言うと次のようなことが書いてあった。
今の会社はもうこのレストランのオーナーじゃなくなって、今度から新しい会社が引き継ぐことになりました。前の分の給料は前の会社に要求してください。連絡先は以下・・・

連絡先には日本の住所、電話番号やメールアドレス等が書かれており、社長の携帯番号まで書かれていた。

その後、30分くらい、ここに至るまでの経緯をヒアリングしたのだが、聞けば聞くほどめちゃくちゃで、とてもここには書けないほど、ドロドロした事実を知らされた。

結局、今回の事件の張本人は、社長一人で、その彼が言葉巧みに色んな人を騙して、巻き込んで、無茶苦茶やった挙句、本人一人、日本に逃げ帰ったというのが真相のようだ。
ただ、そこには他の会社も関係しており、とても一言では説明できないほど、複雑かつダークなドラマが裏で繰り広げられていた模様。

しかも聞くところによると、日本でも同じようなことをやらかした経験があるらしく、その時は6ヶ月ほど雲隠れした後、ひょっこりとまた戻ってきたらしい。

以前日本でも何件かレストランを経営していると聞いていたが、実はこの会社、ただのいんちきくさいコンサルタント会社で、うまい話に飛びついて、その会社に寄生し、お金を吸い取って、やばくなったら逃げるという、その手の週刊誌で取り上げられていそうな会社なのだそうだ。

その説明してくれた人も相当たまっているらしく、全て具体的な数字を挙げて細かく説明してくれたのだが、笑えてくるほど、無茶苦茶だった。
詳細はとりあえず、ここでは伏せておくが、ビルの家賃は一度も払っていないばかりか、工事費の一部も未払いらしい。。
(興味ある人は、今度飲みながらじっくり聞かせてあげます)


じゃあ、肝心の給料について、これからどうすればいいのか。
その人から提示された案は二つ。

1. 日本の本社へ直接コンタクトを取る。

2. Citizens Advice Bureauという貧乏人のために、無料で色々相談に乗ってくれる機関に連絡してみる。



前者の方だが、社長本人に言っても無駄なので、もう一人ディレクターがいるらしく、その人にお願いしたら、バイト一人分くらいの給料だったら払ってくれるかもしれないよ、と言われた。
どうやら、その人はかなりのお人よしらしく、60過ぎても働いており、実は6ヶ月くらい給料をもらっていないのだそうだ。
(そして、それでも生活できているのは、恐らくその人が金持ちなのだろうという話だが、真偽不明。)

そんなこと言われても信用できないが、何もやらないよりましだし、直接話せば、なんとなく向こうの雰囲気をつかめるだろうと思い、家に帰って、仕事でくたくたなのに、日本時間が朝9時(こっちだと夜中の1時)になるのを待ち、スカイプで電話。

出ない。

しばらく時間を置いて、もう一度電話。

出ない。

念のため、その人にメールを送り、情に訴える作戦も実行してみたが、今のところレスポンスなし。
やはり無駄だったか。。


というわけで、残された手段は、後者。
このCitizens Advice Bureauという機関は、結構こちらでは有名らしく、実はその前から存在は知っていて(相方がバイト先から仕入れてきた)、今回わざわざバイト先まで出向いて話を細かく聞いてきたのも、ここへ行って状況をきちんと説明できるだけの情報を得たかったから。

そして、実は今朝、会社を午前半休(結果的に午後までかかったけど)して、ここに行ってきたのだが、その話はまた明日。
別に引っ張っているわけではないが、話が長くなるのと、この話はまとめて一つの記事として書きたいので、とにかく明日書く。


バイトで、しかもイギリスでこんな経験をするとは思わなかった。
しかし、想像するに、こういうことは中小企業の間では、それほど珍しくないことだと思うし、実際かなりドロドロした世界なんだと思う。
恐らく自分はその一端を垣間見たに過ぎない。

おおよその状況を把握した今、もうそれほどムカつくということもなく、精神的にはクールダウンしてきた。
ここまで来ると、変な話だが、逆におもろくなってきた。

何もせずに泣き寝入りだと、ただ悔しいで終わってしまうのだが、やることやってダメだったら、それなりに自分でも納得がいく。
そして、この経験はきっと将来、何かの役に立つことだろう。
(さらにはネタにもなる)

結果は別として(いやバイト代もらえないと本当に困るのだが)、こうなったら、とことんやったろうではないか。
自分の人生にスパイスを加えるにはいい機会だ。

Listening to "The Libertines" by The Libertines
B0002HV4RE

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

バイト先倒産。そして社長逃げる・・・

話では聞いたことあるが、まさか自分が経験しようとは夢にも思っていなかった。
(飲食店、特に海外ではよくある話のようだ)

実は先々週でバイトは辞めた。
色々理由はあるが、一番大きいのは会社が不渡りを起こしたこと。
(詳しくは日記「銀行口座「持ってても」給料払えないってどういうことよ!?」参照のこと)

で、25日が給料日なのだが、その日にバイト先に行ったら、「日本から社長が振り込んだらしいんだけど、今途中の香港支店で止まってるようなので今日は支払いできません。29日に入ってくる予定だから、またその日に電話します。」と言われた。

この時点で、既にかなり怪しい。

ちなみに、自分が辞めた後のことだったので、全く知らなかったのだが、実はもうこの会社、倒産しており、今は別の会社がそれを引き継いで営業しているらしい。
ただし、新しい会社は前の会社の分の給料は払わないと言っており、その分は前の会社が払うことになっているとのこと。

しかし、

基本的に前の会社の社員は一人を除いて全て辞めたか、日本に帰ったかで誰も残っていないらしい。
2人くらいボランティアで残っている人がいるだけ。。

しかも、

噂によると、社長が今どこにいるか分からないとのこと。。。

ちなみに、今月もらうはずの給料は4月分である。
というのもこの会社の支払い体系が20日締めの翌月25日払いとなっているからだ。
つまり、5月分は来月の25日にならないともらえない。

この時点で、限りなく怪しい。

そして、今日が29日。
電話すると言っておきながら、電話が来ないのは分かっていたので、仕方なく電話する。

担当者がミーティングのため、また後でかけなおします。

怪しい。

他の人はどうなっているのかと思い、バイト仲間に連絡。
その一人から聞いた情報によると、

今日もまだ入ってないので、明日また電話してください。

と言われたらしい。
そんなこと言われても納得できるはずもなく、その人は「じゃあ、明日入らなかったらどうなるんですか?」と聞くと、「いや、それは明日入るという前提で話しているのでなんともいえません。」とのらりくらりな回答。
振り込んだっていう証拠はあるんですか?」と聞くと、「社長は確かに振り込んだと言ってるし・・」と言っていたそうだが、ここまでくると、その社長も信用できないし、はっきり言って、それを言ってる、その人自体も信用できない。

雰囲気的には、「訴訟でも何でも勝手に起こせば?」みたいな感じだったばかりか、「皆そうだし、自分も被害者なんだよ?」的発言もしていたとのこと。。

邪推すると、社長の行方が分からないため、適当にうそを言って全部社長に責任を押し付けて逃げようとしているか、もしくは、その人は影でちゃんと給料もらっていて、「面倒だけど、後始末お願いね!」と会社から頼まれているという可能性も無きにしも非ずだが、その真相は知る由もない。


これまでの経緯から言って、先月、今月分の給料が支払われることは限りなく低い。

一番腹が立つのが、売り上げが悪いのをバイトの接客が悪いとか言われ、かなり文句言われ、それでも皆がんばって働いたにも関わらず、それがタダ働きになったばかりか、立ち上げ時にいた社員は全て日本に帰るか、辞めるかして、責任を取らずに逃げたこと。

めちゃくちゃ腹が立つ。

そして、考えたくもないのに、考えざるを得ない、この状況下でのストレス。

明日大事な面接があるっていうのに・・・

本当に訴えてやりたい。


この会社聞くところによると、日本でも何件か飲食店を経営しているらしいが、そっちでも結構やばいとのこと。。
(真偽の程は確かではないが)

くそぅ、JAROに訴えてやる!

と思ったが、JAROは消費者に迷惑や被害を及ぼすウソや大げさ、誤解をまねく広告を対象に扱っているため、今回のようなケースは範囲外だった。。


とにかく、このまま給料が支払われなければ、泣き寝入りになりそうな予感。
訴訟起こすにしても、それなりのパワーと金がいるし、今の自分の状況からすると、そこまでの労力はかけれないし、かけたくない。

なんだかなぁ。。

と言って、一人で悶々としていると余計にストレスたまりそうだったので、とりあえず、この場でぶちまけてみた。

と言うわけで、最後までお付き合い頂いた方、ありがとうございます。
そして、何かバイト代を取り戻す良いアイディアをお持ちの方は是非教えてください。

この件に関しては、後日またレポート予定なので、お楽しみに。
(いや、全然楽しくないけど・・)


以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

銀行口座持ってないと給料払えないってどういうことよ!?

(注)今日は完全に愚痴。暴言吐いたり、ネガティブな内容になっていますので、そういうのが嫌いな方はどうぞ読み飛ばしてください。

今日バイトに行ったら、給料のことで以下のようなことを言われた。

キャッシュでの給与払いはやりたくないので、こっちに銀行口座を持ってない場合、誰かこっちで口座持ってる友達に頼んで、名義だけ貸してもらってください。
給料は、その名前宛にチェックで払います。
またはとりあえず、自分宛のチェックで発行して、その後に自分用の口座を開いて、そこで換金してください。
チェックか口座振込み以外の支払いはできません。



んなもん、一言も聞いてない。

契約時に銀行口座持ってないということは伝えたのだが、その時はこんなことは一言も言ってなかった。あれから一ヶ月以上経つのに、いまさらそんなこと言われてもなぁ。
もっと早く言えよ。。

こっちだって、以前に、銀行口座を作ろうとしたら、学校もうちの大家も住所を証明するレターを書いてくれなくって、おまけにビルも全て家賃に含まれているし、作りたくても作れない状態なのに。。

つーか、友達に名前借りろって、またひどいな。
これを聞いて思わず、呆然としてしまったよ。
そんなこと会社が言っていいのか?

なんだかなぁ。。
お前ら、本当に自分のことしか考えてないな。。

最初にきっちり確認しておかなかった自分も悪かったなと思う。
やはり、こういうところはきっちり最初に確認しておかなければならない。
それで、うやむやに先延ばしにしようとする会社なんぞ、最初から入るべきではなかったのだ。

ただ、この会社について、今まで色々ダメなところを見てきたが、この対応を見て、正直、本当にこの会社ダメだなと思ってしまった。

全てが行き当たりばったり、戦略ゼロ、後手後手、経営陣(社員)の失敗は、全てアルバイトにしわ寄せがいく。
ほとんどのアルバイトは愛想つかしているのだが、なにせ皆生活がかかっている。
シフト削られつつも、みんな、なんとかお金を稼ごうと必死だ。

それをいいことに、
実力のないやつはガンガン、シフト削っていくから
とか
入れる日を増やしたかったら実力で勝ち取れ
だとか
週何時間、労働時間を保障しなければならないという法律はないので、こちらの都合でシフトは削らせてもらいます。本部にもそう言われていますので
とか
それが嫌だったら、やめてもらって結構です
とか、、、えらそうにバイト同士の競争を煽る。足元見すぎ。

はっきり言って、そんなのエセ実力主義だ。
ちゃんとやってる人に言われるならともかく、無能なやつに、そんなことを言われたくない。評価されたくない。
みんなの士気を上げるどころか、下がる一方だということになぜ気付かない。
(気付かないから無能なのか)

こっちだって、レストランを良くしようと、お客さんからの意見はちゃんとフィードバックしているし、気付いたことは伝えている。
でも言っても響かない。
それは知ってる」とか「それは気付いているんだけどねぇ、なかなか難しいんだよ」とか。。
そんなリアクションじゃ、こっちもやる気どんどんなくなっていくよ。

これは日本で働いていた時も散々感じていたことだが、上がダメだと本当に疲れますわ。

というわけで、今日は悔しかったので、余ったご飯を持参したタッパ2つに思いっきり詰め込んで、バイト後、バイト仲間と一杯ひっかけて帰ってやった。
(まぁ、ただ単に飲みに行くかという話になっただけなんだけど)

はぁ、給料どうやってもらおう・・・

Listening to "Wolfmother" by Wolfmother
B000EJ9MTW

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

バイト2日目、そしてショッキングな事実が明らかに・・

ライブ・レポが滞っておりますが、今週末のFCEが終わるまで、しばしお待ちを。
(あ、でもRaptureは既にYouTubeにアップ済み。早く見たい人は自力で探してみて)

んで、今日はバイト話。

バイト先のレストランがオープンして、結構経つというのに、実は今日が2回目。
別に行きたくないとか、さぼってるとかじゃなくて、たまたまなのだが。
(いや別に言い訳しなくてもいいけど)

いやぁ、今日も暇だった。。
月曜だし、今日もやたらとバイトの人数が多かったので、すげー暇、というか暇すぎて疲れる。
こんな暇な月曜日に、こんな大量のバイトを投入して、この店大丈夫なんだろうか?人件費結構いってるんじゃ?と余計な心配をしてしまう。

で、人件費というか、肝心のバイト代でショッキングな事実が今日明らかになった。

なんと、月末締めで、翌月の月末にしかバイト代をもらえないことが発覚。

相方のバイト先では、毎週もらえるらしいのだが、月末締めの翌月払いとなると、2月のバイト代(たった1日しか入ってない)が、3月末、今月の給料が、4月末にならないと入ってこない

まじっすか。。

一見たいしたことないように思えるかもしれないが、この事実は我が家の家計にかなりインパクトありまくり。

つーか、来月の家賃が払えないんすけど・・・
どないしよう。。


あ、でも今日一つだけいいことが。
まかないはいつも出るのだが、今日はテイクアウト用の弁当と寿司とご飯がいっぱいあまったので、たくさん持ち帰ってきた。
今日の戦利品

・ご飯大量(でかめのおにぎり6つ分くらい?→冷凍庫行き)
・手巻き寿司セット(8個入り→帰ってきて5個食べた。残りは相方の明日の朝ごはん行き)
・ブリの弁当(にさらにご飯大量に詰め込んだ→明日の昼ご飯決定)
・牛丼の具(明日の朝ごはん決定)



バイトの皆が目を輝かせて、自分と同じく大量に持ち帰る様を見ていると、この物価の高いロンドンで皆苦労してるんだなぁと、一種の親近感というか、「うん、分かる分かる」と変に同情してしまった。
(同情する立場ではないのだが)

大学時代に同じく飲食店でバイトして、毎回ビニールに大量のご飯を詰め込んで持って帰っていた頃を思い出し、懐かしくなってしまった。
ロンドンでまさか同じことを経験するとは・・

学生ってこんなもんだったんだ。
そう考えると、社会人になった後は、あまりその辺り気にせず、外食とかしてたし、CD(アホみたいに)買いまくってたし、やはりそこら辺の感覚がかなり違うなぁとしみじみ思った。

貧乏って辛い・・・
(不幸とは思わないが、単に辛い*笑)

今日のフィードバック

丼物ないの?えー普通あるっしょ?(by 恐らく韓国人)
→すんません、ないもんはないっす。

・テイクアウトしたいんだけど?えーできないの?普通できるっしょ?(by 上と同じ恐らく韓国人)
→今回特別に「あなたのために」ご用意します。(まぐろの代わりにうなぎ入れろだとか、色々注文聞いていたら、チップを「これあなたに」と手渡してくれた。が、当然店へ献上。くそぅ。)

手巻き細巻きってどう違うの?手巻きって何?(by フランス人)
→形が違う。日本特別の握り方っす。

・うどんの味が濃すぎる。お湯で薄めたいから持ってきて。(by イギリス人?と日本人の夫婦)
→すんません、すぐ持ってきます。



今日の課題

・「かにかま」って英語で何て説明すればいいの?
(つーか、かにかまってそもそも何でできてるんだ?*笑)
・「きんぴら」って英語で何て説明すればいいの?
・「ブリ」って英語で何?



以上。

Listening to "Some Loud Thunder" by Clap Your Hands Say Yeah
B000KRNI5W

以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。