Dance Dance Dance - イギリス生活奮闘記 -

踊るんだよ。踊り続けるんだ。音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。音楽の続く限り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス 2007 in London

昨日はクリスマス。

ロンドンでは、この日、チューブはおろかバスも全部動かない。
タクシー料金は、2倍、3倍が当たり前。
店もほとんど閉店。

という感じ。

ただ、去年はこの日パリにいたので、実際のところを知らない。

ということで、15時頃に家を出て、近所を探索してみた。

外に出ると、予想に反して暖かい。
先週はあんだけ寒かったのに、10度近くまで気温が上がっている。
午前中結構雨が降っていたので、それが原因かもしれない。

まず、近くにある交差点の角のパブが開いているのに驚く。やってんじゃん!
そして、その近くにあるBest Oneというコンビニみたいな店も開いている。ちょっと拍子抜け。
(下の写真は、Queenswayと交差しているWestbourne Groveという通りをノッティング・ヒルの方向に向いた時の写真。左側にあるのがそのパブ。)
2007 クリスマス in London 6

そして、Queenswayの通りを下っていく。
さすがに人通りや車は少ないが、それでも旅行者らしき人がちらほら歩いている。
2007 クリスマス in London 5

そのまま、ずんずん下っていくと、おいおい全然店開いてるやんけ!と言いたくなるくらいレストランやお店が開いている。
イタリア料理に中華、ペルー?料理に、コンビニやケバブ屋、土産物屋。
挙句の果てにはバーガーキング(大盛況)まで・・・

さすがは観光地!(正確にはホテルがたくさんある多くの観光客が滞在する場所)
徒歩圏内にこんだけ店が開いていれば、チューブやバスがなくても困らないだろう。
来年クリスマスにロンドンに来ようと思っている方は、是非Queenswayへお越しを*笑

なんだか拍子抜けの連続で、このまま帰ってもなぁということで、そのままケンジントン・ガーデンへ突入。
2007 クリスマス in London 1

さすがにここも人が少ない。
見るからに寒そうな写真だが、風もなく、見た目より寒くない。

写真を撮ってさくっと引き返す予定だったが、せっかくなので、もう少し歩いてみることに。
近くにあるのになかなかここへは来ないのだが、やはり気持ちがいい。
池では鳥達が気持ち良さそうに泳いでおり、その鳥達にエサをあげている親子連れ。
2007 クリスマス in London 2

本当に静かである。都会の喧騒から離れたい時にはもってこいの場所だ。
ロンドンにはこうした大きな公園が山ほどあり、大小含めるとかなりの数の公園があり、住民の憩いの場となっている。
東京にも、もっとこういった公園が増えればよいのにと思う。

15時過ぎということもあり、既に日が落ち始めていたが、その夕暮れ具合がきれいだった。
2007 クリスマス in London 3

しばし散歩した後、公園を後にし、家へ戻る。
下は公園入り口から、Queenswayの通りを正面から撮った写真。
2007 クリスマス in London 4

駅で柵の外から、困ったような顔をして中を覗きこんでいる人たちがいたが、電車が止まることを知らなかったのだろうか。。


結論から言うと、「ロンドンのクリスマスは、交通機関は死んでいるが、お店に関しては、場所を選べば結構開いている」という感じかな。
たいした結論じゃないけど・・・

ちなみに、下は今住んでるフラットの集合玄関に飾られているクリスマス・ツリー。
日本の正月で言う、鏡餅みたいなもんですな。
2007 クリスマス in London 7

どうでもいいが、昨日は夜、ビール×2本にシャンパンを1本飲み干してしまった。
飲み残し用の栓がないので、気が抜けたらおいしくないと思って、うっかり全部飲んでしまい、思いのほか酔っ払い、電気つけっぱなしで撃沈。
かろうじて沈没前にウコンを4粒飲んだので、二日酔いにならなかったのでよしとしよう。

いかん、仕事するつもりが全然やってない・・・

fc2_blog_ranking2 blog_ranking にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Listening to "Elephant" by The White Stripes
B00008J4P5

スポンサーサイト

ロンドン旅行者必見!!ウィンドウ・ショッピング

ロンドンは物価が高い。
おまけに今は、戦後最大と言われる程のバブル期で、ポンドがあほみたいに高い。
この時期にロンドンで買い物をしようとするのは、ヤフオクで必要以上に高値に吊り上げられた商品を最後の最後で買ってしまうようなものだ。(違うか)

しかし、一つだけロンドンでお勧めのショッピングがある。
それはウィンドウ・ショッピングである。
イギリスではウィンドウ・ディスプレイがきれいで、文字通りウィンドウを覗き込んでるだけの人もかなり多い。
何も買い物をしなくても見て回るだけでイギリスを楽しめるというわけだ。

というわけで、今回はウィンドウ・ショッピングのお勧めルートを紹介。

時間:1時間ぐらい
費用:行き帰りの交通費のみ
必要なもの:カメラ、スニーカー等の歩きやすい靴、少年・少女のような純真な心。


1. グリーンパーク(Green Park)駅
ピカデリーサーカス(Piccadilly Circus)の隣のグリーンパーク駅で降りる。地上に出ると壁の向こうに公園(文字通りGreen Park)が見える。その公園を背に右をみるとThe Ritzの文字がみえるので迷わずそっちの方向へゴー。

2. リッツ(The Ritz)
The Ritz
言わずと知れた老舗ホテル。道路沿いに狭そうに建っているため、それほど貫禄がないように感じるが1泊7万円ぐらいから。
さらにそこで、アフタヌーンティを食べようと思ったらおそらく1万円近くするんじゃないかという程のゴージャスなホテル。庶民には無理っす。

3. フォートナム&メイソン(Fortnum & Mason)
リッツを通り過ぎ、そのまままっすぐ3ブロックほど進むと、右手にフォートナム&メイソンというデパートが登場。
Fortnum & Mason1
ここは、その商品に王室御用達マークが入る程の老舗高級デパートである。
ここのウィンドウディスプレイは見事。写真をとってる人多し。今は(いつも?不明)不思議の国アリスをモチーフにしてて、写真はその猫とカードの女王様。
Fortnum & Mason2Fortnum & Mason3
この後デパートをいくつかまわるが、もし1つぐらい中に入ってみようかなと思うなら、一番お勧めはここ。伝統的イギリスのお店感が出ててなんともゴージャス。

4. バーリントン・アーケイド(Burlington Arcade)
Burlington Arcade
フォートナム&メイソンを出ると道路の向かいにルネッサンス調の建物、王立芸術院がみえる。そのちょこっと左側に商店街みたいなのがあるので入ってみよう。服やジュエリー、靴、かばん、文房具など様々な物が売ってある。この中に手書きのかっこいい地図を売っているお店があるのだが、ご多分に漏れず、高い(一枚400ポンドとかそんな感じ)。欲しかったのに・・

5. ニューボンド・ストリート(New Bond Street)
New Bond Street
バーリントン・アーケイドを抜けると左のつきあたりまでゴー。そこがニューボンド・ストリートできれいにライトアップされている。この通りには、シャネル、ブルガリ、ヴィトン等、高級店がずらりと並ぶ。
この通りでいちいち店に入っていたら身(および金)が持たないので、ウィンドウショッピングを楽しみながら右へ(北へ)ひたすら歩いていこう。高級店のウィンドウディスプレイもなかなかかっこいい。
ちなみに下はラルフローレンの暖炉をモチーフにしたディスプレイ。
Ralph Lauren

6. オックスフォード・ストリート(Oxford Street)
途中お店が少なくなってきたかなぁと思うが、めげずに直進するとオックスフォード・ストリートにつきあたる。明らかに人であふれててお店も多くバスとタクシーがたくさん通ってるので一目瞭然。ちょうど突き当たりには庶民派デパートのデベナムズ(Devenhams)がある。
Debenhams
この通りは、庶民的なデパートやお店が並ぶショッピング・ストリート。
普段からこの通りは大勢の人で賑わっているのだが、特にこの時期は、クリスマス・プレゼントを買い揃える人で混雑しておりピーク時の新宿、渋谷並。間違っても週末に足を踏み入れてはいけない。

7. セルフリッジ(Selfridges)
Selfridges
オックスフォード・ストリートを左に曲がって少し行くと右手に、古そうなかっこいい建物がみえる。それがセルフリッジ
ここのウィンドウディスプレイも凝ってておもしろいので、このディスプレイを見て、このコースは終了。
Selfridges2
ちなみに中は日本のデパートとよく似てこぎれい。近くにマークス&スペンサーデベナムズジョン・ルイスとかあるけどそれらはちょっと綻びが見えるというか、あまりおもしろくないかも。
もし典型的イギリスのおじいちゃま、おばあちゃまを見たければ、マークス&スペンサーの2,3階の服売り場で見ることができるが、あまりお勧めしない。

8. ボンドストリート(Bond Street)駅
ニューボンド・ストリートオックスフォード・ストリートの交差点が駅なので、ちょっと戻って地下鉄に乗って、後はレストランやパブへ行くもよし、ホテルへ帰るもよし。

おまけ:リージェント・ストリート(Regent Street)
Regent Street
もしまだ元気が残ってたら、オックスフォード・ストリートをそのまま東のほうへ歩いてみよう。リージェント・ストリートのライトアップもなかなか。ここまで歩くならオックスフォードサーカス(Oxford Circus)駅から帰ると便利。

便利情報:どの交差点でもちょっと上を見上げるとストリート名の看板が見える。時々チェックすると便利。

今回通ったルートの直筆Mapを載せておくので、参考にして頂きたい。
window shopping street map

特に今の季節、ライトアップがきれいなので日が暮れかかる夕方、夕食前のひと散歩として旅行プランに組み込んでみては!?とパンフレットばりのうたい文句で締めてみる。

Listening to "Youth & Young Manhood" by Kings of Leon
B00009YFP8


以下のランキングに参加しとります。
よろしければ一つずつクリックして頂けると助かります。
fc2_blog_ranking2 blog_ranking ブログランキング・にほんブログ村へ ニンキブログ ブログランキングサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。